【新製品レポ】”書”の世界をメイクに!「SHISEIDO」から2017AWの新作

資生堂を代表するブランド「SHISEIDO」は、所属メイクアップアーティストが生み出すモードなコレクションが毎シーズン注目の的。

Shiseido_2017SS01

そこで、東京・神宮前で開催された「2017年秋冬コレクション」の新製品発表会をレポート。

同コレクションのテーマは、日本の美意識が息づく”書の世界”にインスパイアされた“Modern Art Calligraphy(モダンアートカリグラフィー)”。

墨や筆、和紙を表現した3種のアイテムが揃い、「SHISEIDO THE GINZA(シセイドウ ザ・ギンザ)」、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店で6月28日(水)から、全国百貨店や資生堂総合美容サイト「ワタシプラス」では7月1日(土)からの発売。

いずれもカラフルでアーティスティックでメイクをする時間が楽しくしてくれそう。さっそくラインナップをご紹介!

跳ね上げも楽勝!美ラインを描くジェルアイライナー

Shiseido_2017SS08

写真奥から「資生堂 インクストローク アイライナー(全6色)」各4.5g 3780円、「同 インクストローク アイライナー ブラシ」3780円

最注目は、“墨”に着想を得たジェルアイライナー「資生堂 インクストローク アイライナー」(各4.5g 3780円)。軽くなめらかなテクスチャーと濃密な発色で、艶を帯びた目元に仕上げてくれる。

カラーは「SHINRIN GREEN(シンリングリーン)」や「NASUBI  PURPLE(ナスビパープル)」など、自然界にあるものからインスピレーションを受けた全6色。硯のように筆を整える新型容器もユニーク。容器中央のV字突起で筆をしごくと適量がのるので、かすれのない美しいラインを簡単に引くことができる。

【動画】アーティストが使い方を説明!

メイク下手という人は、専用ブラシ「同 インクストローク アイライナー ブラシ」(3780円)をあわせて購入するのがオススメ。

高品質な化粧筆の代名詞である“広島熊野地方産の筆”を採用したブラシはコシが強く、テクなしでアーティストのような美しいラインが思いのまま。逆さに持つと、跳ね上げラインも簡単に描けるので、ぜひ試して。

【次のページで、アイカラーとルージュもご紹介!】

「SHISEIDO」が東京・神宮前で「2017年秋冬コレクション」の新製品発表会を開催。気になるアイテムをご紹介。

“マットだけど透け感”の絶妙カラーが今っぽい!

Shiseido_2017SS05

「同 ペーパーライト クリーム アイカラー(全8色)」各6g 3240円

“和紙”にインスパイアされたというクリームアイカラー「同 ペーパーライト クリーム アイカラー」(各6g 3240円)は、そのカラフルな見た目で気分が上がるはず。

鮮やかな「YAMABUKI YELLOW(ヤマブキイエロー)」や神秘的な「HISUI GREEN(ヒスイグリーン)」など全8色が揃う。マットなのに透け感のあるエフォートレスな仕上がりが今っぽい!

チークとしての使用も可能で、「NOBARA PINK(ノバラピンク)」や「SANGO CORAL(サンゴコーラル)」などを目元と頰にダブル使いすることで自然な血色感を出すこともできる。

ロングラスティング効果でよれにくかったり、汗や涙、皮脂に強いのもこれからの時季にうれしい。

人気のルージュルージュに新色追加!

Shiseido_2017SS04

「同 ルージュ ルージュ(全8色)」4g 3888円

また、2016年夏に16色のレッドが同時発売されて話題となったリップ「同 ルージュ ルージュ」(4g 3888円)に、新8色が仲間入り。

ラインナップは、透明感のある「DESERT QUARTZ(デザート クウォーツ)」や官能的な「ROSE SYRUP(ローズシロップ)」などのヌードカラー4色と、燃えるような「FIRE TOPAZ(ファイヤートパーズ)」や艶やかな「PRIMROSE SUN(プリムローズサン)」ビビッドな4本。

高評価を集めた落ちにくい処方と発色の良さはそのままに、今回はマットな仕上がりで、秋冬シーズンにぴったり!

AWコレクションを使ったメイクのコツは?

発表会では、資生堂のメーキャップアーティストがメイクのコツも伝授してくれた。モデル使用色はアイカラー「HISUI GREEN(ヒスイグリーン)」「USUZUMI BEIGE GRAY(ウスズミベージュグレイ)」、アイライナー「SHIKKOKU BLACK(シッコクブラック)」、ルージュ「ROSE SYRUP(ローズシロップ)」。

アイカラーはポイント使いすると今っぽい仕上がりに。特に下まぶたの涙袋部分に広めに暗めのトーンを入れて、目尻にアイラインを跳ね上げ気味に入れるとフェミニンさがアップ。チークは薄めに、自然な血色感を感じさせる程度にすると、バランスよくまとまるそう。

遊び心あふれる「SHISEIDO」の秋冬コレクションは、艶やかなカラーが映える夏にもぴったり。ひと足早くトレンドを取り入れてみて。

文/Numata Kano

【データ】
SHISEIDO
電話:0120-81-4710
http://www.shiseido.co.jp/

【関連する記事をチェック!】
日本人の肌をさらなる高みへ!「SHISEIDO」が春の新商品発表会を開催
7つの色を味方につけて。資生堂から多彩に使える「7ライト パウダーイルミネーター」
【山本浩未さん連載】メイク直し、UVカット、美白がひとつでできる夏の強い味方
【新製品レポ】メタリックカラーで抜け感メイク。「エトヴォス」初の夏コレクション
艶やかな夏顔に。「CHICCA」の2017年サマーコレクション

関連記事