肩こり改善にも◎。背中痩せを実現する「筋膜リリース」5選

家庭でできる簡単エクサに定評があるトレーナーの近藤加奈恵さんが、正しい「筋膜リリース」を伝授。

KondoKanae_profile

今回は、姿勢の悪さからくる「背中太り」を改善するエクサをご紹介。背中の脂肪が邪魔で、肩や腕を正しい位置に戻すことができないと、猫背でいるほうが自然で楽に。その結果、頭の重みが首や肩、背中に余計な負担をかけることになって、肩こりや偏頭痛に悩まされる人もいるとか。

どれも簡単かつ短時間でできるから、お疲れ気味の人こそ、ぜひ日課にして。

ツライ肩こり改善に役立つ「僧帽筋(そうぼうきん)ストレッチ」

KondoKanae01_01

「僧帽筋(そうぼうきん)」とは、首の下から肩、背中の中央部まで広がる大きな筋肉。このストレッチでは、首筋から肩までの筋肉を伸ばし、広がってしまった僧帽筋の筋膜を緊密な状態に戻して、背中全体を引き締めます。

「僧帽筋ストレッチ」のやり方は、【こちら】

【姿勢改善や全身引き締めに効くエクサも!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事