【ダイエットなんでもQ&A】猫背を改善する「スイミングエクサ」で老け見え予防

骨盤美容家の柳沢とも子さんが、お悩みを解決するエクササイズを提案!

柳沢_スイミング1

今回は、背中の筋肉「広背筋(こうはいきん)」と腹筋を鍛え、猫背を改善する簡単エクサをご紹介。寝転んでできるので楽々。

* * *

【お悩み】「お母さんみたい」と言われる背中をどうにかしたい!

同期の男性から、「Aちゃんの背中って頼りがいがあってお母さん感ハンパないよね」と言われて大ショック。昔から猫背で、背中が丸くなりがち…。

背中の肉がダブついているな、という自覚があったのですが、まさかお母さんと言われるとは。ピンと伸びて若々しい印象の背中になるためのエクササイズを教えてください。

A.Oさん(27歳)

【回答】老け見えの原因は、猫背&丸い背中!

お母さんの背中と言われるのはかなりショックですよね。女性が若く見えるためには、実は背中が大事。

正しい姿勢ならば背中の筋肉を使うことができるのですが、姿勢が悪いと背中の筋肉を使わなくなる。おかげでどんどん筋肉が緩み、贅肉がついてしまうのです。また背中の筋肉が使わないと、腹筋も緩んで、余計に姿勢が悪くなる悪循環も引き起こします。

若々しい印象の背中を作るには、背中の筋肉「広背筋(こうはいきん)を鍛える必要があります。広背筋は肩甲骨の下にある大きな筋肉。きちんと鍛えて伸縮性を取り戻せれば、背骨がS字カーブになって、美しい姿勢に。さらには筋肉が付くと脂肪燃焼効果が上がり、贅肉もとれてきます。このとき、腹筋も同時に鍛えるのがベストです。

そこで今回、広背筋と腹筋を一緒に鍛える「スイミング」をご紹介します。これはその名の通り、クロールで泳ぐのをイメージして動かしていきます。

【次ページで「スイミング」エクサのやり方を解説】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事