スリム美人が「短期集中ダイエット」のコツを指南【美腹筋チャレンジ】12週目の「腹トレ」報告も

プライベートジム「AMBITIOUS(アンビシャス)」のトレーナーとして働く山下あさみさん。体が重かったり、食事中に間違えて頬の肉を噛んでしまったりすると、「太った…?」と思うそう。

【短期集中ダイエット】鶏肉と卵、ほうれん草とキャベツをメインに

「休暇が長く続くと、太ったように感じます。そういうときには、運動量を増やし、お菓子の量を減らします。きちんとお菓子断ちができれば、3週間でボディラインがすっきり回復。我慢できずちょこちょこ食べてしまったときは、もう1週間余計にかかりましたね(笑い)」(山下さん。以下、「」同)

そんな山下さんの【短期集中ダイエットのルール】は、次の2つ。

【運動】スクワット(10回×3セット)+デッドリフト(10回×3セット)
【食事】たんぱく質は鳥肉と卵、野菜はほうれん草とキャベツを中心としたメニューに

3kgの減量を達成したときには、週6日間は同じメニューを食べ続けたとか!

【腹トレ報告】ラストスパートに下腹を強化

トレーナー業のかたわら、自主トレーニングを続ける山下さん。独自にアレンジした腹筋で、特に下腹を強化した。そのやり方は、こちら。

【1】仰向けになって、両脚を持ち上げる
【2】脚を左右に小刻みに交差。30回続ける
【3】上半身を持ち上げて、脚を20回動かす

「腹筋の上部を鍛えたいのなら、【3】のときに胸を張ると◎。脚の疲れをとるのにも役立ちますよ」

山下あさみ(やました・あさみ)

1493152718847

1989年9月25日生まれ、熊本県出身。整体師からヨガインストラクター、パーソナルトレーナーに転向、「Samy(サミー)」名義で活動。インスタグラムアカウントは、@samyyoga

【中北さんは徹底したトレーニングと食事管理で体重調節】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事