【オバ記者連載37】「運動しても太る人と痩せる人」その違いをトレーナーに聞くと…

当サイトがおくる好評連載『アラ還・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。

obakisya37_1

「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか? 今回は、通っているジムにで教えられた「太る人と痩せる人の違い」について。

* * *

やっと体が春モードになってきて、2か月遅れの“啓蟄”。朝、布団の中でぐずぐずしている時間が短くなって、ボーッとする時間もほとんどなく、さてさてさて、と。

しかし思えば、季節と体の変化って若いとき、つまり30代までは感じなかったんだよね。飲み過ぎた、仕事し過ぎた、はしゃぎ過ぎた…。で、翌日、ドンと落ちることはあったけど、春夏秋冬とは関係なし。それがいつの間にか、季節と季節の変わり目にやたら体が敏感になっちゃって。日本人に生まれてよかったと目を細め、懐石料理を食べたりするようになるのは、なんてことはない。体が季節の変化を“どストレート”に受け止めるようになるからで、まあ、早い話が、老化よ。

大きな流れとして老化は仕方がないと思うけど、60才ともなると、季節を重ねた分だけ松竹梅の差が激しくてね。「うそッ。どう見ても50才前半」という“松子”さんと、「70才ですか?」という“梅子”さんでは、その差、20才! 松子さんになるのはとうてい無理でも、せめてなりたや竹子さん。で、今月に入ってせっせと、“30分のサーキットトレーニングジム”に通っているわけ。

ジム通いを始めて4.5kg増加

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...