副腎が元気だと“痩せるホルモン”が分泌!腎臓&副腎のお疲れ度チェック

「痩せにくくなった」や「朝起きるとむくみがひどい」などといった症状は、腎臓や副腎が疲れているサインの一例。

jinmassage_onaka_fotoco

写真/アフロ

2つの臓器が健康になれば、代謝がアップし、むくみも解消。さらに、太りにくい体まで手に入る。薄着の季節が来る前に、腎臓&副腎を元気にする“腎活”をはじめませんか?

ダイエットには腎臓の健康が不可欠

「腎臓とダイエットには深い関係があります」と語るのは、金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長の内野勝行さん。

腎臓は横隔膜の下にある、そら豆のような形をした左右一対の臓器。重さ130gほどと小さいけれど、老廃物が溜まった血液をろ過し、尿で排出するという重要な役割を担っている。

「腎臓が疲れていると、老廃物がきちんと排出されず、血液がドロドロになってしまいます。その結果、血行が悪くなって、体温が低下。基礎代謝まで下がるため、痩せにくい体を作ってしまうのです。このような循環の悪い体では、どんなにがんばってダイエットをしても効果は期待できません」(内野さん)

さらにダイエットの大敵であるむくみも、腎機能の低下に大きな原因があるという。腎臓は尿の量を調節して体内の水分をコントロールしているため、腎臓が弱ると体内の水分調整がうまくできなくなり、むくんでしまうのだ。

【次のページで、「腎」のお疲れ度をチェック!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事