【やせおか】痩せテク1 カロリー制限よりも血糖値コントロールを

シリーズ累計66万部を突破した「やせおかシリーズ」。著者の柳澤英子さん(50代)が1年で26kg減に成功し、リバウンドいっさいなしという点も話題のひとつ。

やせるおかず 作りおき: 著者50代、1年で26キロ減、リバウンドなし! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

気になる人は、画像をクリック!

今回はシリーズ第一作目の『やせるおかず作りおき』から、柳澤さんがダイエット中に食べるべき食材についてアドバイス。痩せない…と悩んでいる人は参考にして。

* * *
食後 、血糖値は上昇し、体脂肪を合成するホルモンが流れ始めます。この血糖値の上昇が急激だったり頻繁だったりすると、体脂肪が増えて太ります。血糖値を上昇させるのが、主食であるごはんやパン、めん類などの炭水化物のほか、フルーツやスイーツなどの糖質。

つまり、これらの糖質を制限し、血糖値の上昇をゆるやかにコントロールすることが、痩せにつながる近道と知りました。私の場合は、

1)主食を食べないか、ふだんの1/3~1/2量に。

2)甘さを感じるものは避けるか、ほんの少しに。

この2点を注意するようにしました。カロリー制限のダイエットをしたときより、いろいろ食べられるから、からだも元気。ストレス知らずで痩せられました。

特に避けていた食品

shokuzaiw02

※1 激痩せ期は、ごはんは食べてもふた口まで。

※2 特に避けた調味料は、白砂糖を使ったもの。

痩せたいならどちらを選ぶ? 1)うどんVS肉

yaseoka_yaseteku1_25a

肉に比べるとカロリーの低いうどんですが、ごはんやパンなどと同じ炭水化物の仲間。いわば、糖質のかたまりで す。肉は主にたんぱく質や脂質からできているので、しっかり食べても糖質は少なめ。砂糖が多く含まれたソースやタレは控え、塩とコショウなど、できるだけシンプルな味付けでいただきましょう。

痩せたいならどちらを選ぶ? 2)焼きいもVSチーズ

yaseoka_yaseteku1_25b食物繊維やビタミン類が豊富な焼きいも。チーズに比べるとカロリーも低く、ダイエットによさそうな気もしますが、実は糖質が多い食品です。チーズはカロリーや脂質は高いのですが、 糖質低めの発酵食品。ダイエット中にとりたいカルシウムも多く含んでいます。

痩せたいならどちらを選ぶ? 3)フレッシュジュースVS赤ワイン

yaseoka_yaseteku1_25cお酒のカロリーを気にして、ビタミン豊富なフレッシュジュースを選ぶ人も。でも、果物には果糖という糖分が多く含まれています。お酒はワインのほか、糖質ゼロの発泡酒や、蒸留酒の焼酎、ウイスキーなど、糖質の低いものを選べば大丈夫です。

監修:柳澤英子(やなぎさわ・えいこ)

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。そのメソッドを説明した「やせるおかず 作りおき」は、累計66万部超の大ヒットシリーズに。近著に『全部レンチン! やせるおかず 作りおき』(小学館)

【関連する記事をチェック!】
がっつり食べたいときに!『やせるおかず作りおき』の肉レシピ3選
電子レンジで簡単に!柳澤英子さんの「レンチン」レシピ5選
柳澤英子さんが伝授。無理なく糖質制限をする痩せテク4選
高カロリーでも食べたい!罪悪感が減る食べ方のコツQ&A
サンドイッチ、寿司、寄せ鍋など…意外と太る!食べ合わせ5組

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...