【月齢ダイエット】3月21日は、「山羊座の下弦の月」。痩せやすい体になるチャンス!

人気占い師、キャメレオン竹田さんが「月のリズム」に合わせたダイエットを提案。

tristan3d110400145.jpg - the moon with all phases during a month

写真/アフロ

3月21日は「山羊座の下弦の月」で、ストイックになれる力をもたらしてくれます。食事は余分なものをそぎ落としたシンプルなダイエット食を! 痩せやすい体に変化するきっかけになりますよ。

* * *

月の引力により潮の満ち引きは起こっていることからもわかるように、月のパワーは地球にも多大なる影響を及ぼしています。

月は約29日の間に、新月→上弦の月、満月→下弦の月と、満ち欠けを繰り返していますが、この満ち欠けは人間の体ともリンクしていて、月が満ちていくきは私たちの体も吸収しやすくなり、欠けていくときは排出しやすくなる…。だから、ダイエットにこのパワーを活用しない手はありません!

「下弦の月」のタイミングは、「発散」や「放出」がキーワード。つまり、食べても吸収しにくいので、痩せやすい時期。体重の減り具合が停滞している人は、今が頑張りどきですよ。

必要最低限の食事で痩せ体質に!

下弦の月_20161221キャメ

3月21日は「山羊座の下弦の月」。「山羊座」というのは、私たちが知っている星占いの星座とは関係なく、“月が「山羊座」の位置にある”ということです。

「山羊座」の時期はダイエットに好都合なメンタルに切り替わっています。集中力が高まり、ストイックになる力を与えてくれて、諦めない精神状態に! だから設定した目標に向かって、ダイエットの課題を黙々とこなすことが苦にならないのです。

さらにこの時期は“余分なものをそぎ落とす”と効果が出やすいので、食事をシンプルなダイエット食にしてしまいましょう。例えば「精進料理」のような、ご飯、味噌汁、野菜、漬物、梅干しだけにするとか、もしくはファスティングをするのもよさそうです。

玄米_キャメ20170321

ただし、なるべく自然な食べ物だけで行うのがオススメ。玄米ご飯だけで10日間過ごすという“玄米ダイエット”なんかもありますよ。単品ダイエットはあまりオススメしませんが、玄米なら栄養面ではバランスのいい食材なので、この機会にトライしてもいいかもしれません。

小食、粗食などのシンプルなダイエット食に切り替えると、痩せる効果はもちろんのこと、腸内環境が改善されて体調がよくなるし、美肌効果も期待できます。

ストイックになれるこの時期なら、食事制限も頑張れそうですよね。自分に合いそうなダイエット食をぜひ取り入れてみてください。

【次ページで、鍛えるべき部位を説明!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事