簡単エクサも紹介!RIZAP×キリンビバレッジの低糖質プロテイン飲料

筋肉をつくるのに欠かせない「たんぱく質」。効率よく摂取するには、なんといってもプロテイン飲料が便利。

rizap-main

そこで注目したいのが、「キリンビバレッジ」と「RIZAP(ライザップ)」が共同開発した「キリン ライザップ プロテインボトル」(500ml 162円)。

運動不足の人に向けたプロテイン飲料

2017年3月28日(火)に発売となる「キリン ライザップ プロテインボトル」は、1本でたんぱく質5000mgを摂ることができる健康飲料。ライザップメソッドの低糖質設計(※註1)を取り入れた同商品は、1本あたりの糖質量は9.5gという。

「従来のプロテイン飲料は運動をしてカロリーを消費した後に摂るものですが、同商品は運動をしない人がターゲット。そのため従来のプロテイン飲料よりも、低糖質に設計しています」とライザップ統括トレーナーの幕田純さん。

飲みづらいという印象が根強いプロテイン飲料だけれど、「キリン ライザップ プロテインボトル」は、甘さもあっさりしたピーチヨーグルト味。プロテインのクセのある後味を打ち消してくれる。

これを機会に、軽度の運動スタートを!

また、キリンビバレッジ マーケティング部長の山形光晴さんによると、「キリン ライザップ プロテインボトル」には、軽度の運動を提案する意図も込められているという。

「平均的な30代の男性が筋トレなどの軽い運動をした場合、平均摂取たんぱく質量から計算すると、5000mgのたんぱく質が不足します。安価に購入できるこの飲料でたんぱく質を補充する習慣をつけるとともに、軽度の運動をスタートし、継続してもらいたいと考えています」

そこで、ライザップ統括トレーナーの幕田さんが、オススメのエクササイズを提案。運動不足の人はさっそくはじめてみよう!

【新健康飲料を飲みながら、はじめたいエクササイズって?】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事