【山本浩未さんのメイクのメ】ハイライターは伸ばさず押さえるようになじませる

 

メイクのメ12_ハイライターイラスト

ほうれい線、目尻のしわ、目の下のゴルゴラインなど線でできている影に沿ってハイライターをのせたら、上から軽く押さえてなじませる。この後、薄くパウダーを重ねるとより自然

ライン状にのせたハイライターはなじませないと不自然、でもなじませすぎちゃうと効果が出せない…。みなさんこれで挫折しているようですが、実は簡単。

なじませるときは、指の側面をライン上にピタッと当てて軽く押さえるようにするだけ。伸ばしたり、広げたりしなくていいんです。

 

プロ御用達、ハイライターのロングセラー

メイクのメ12_ラディアント

ひと筆で明るさと透明感が加わり、ヨレにくい。筆ペンタイプなので、影に沿ってラインをのせやすい。「ラディアント タッチ No.2」(5400円)/イヴ・サンローラン・ボーテ 電話:03-6911-8563

真珠の輝きでふっくら見せる

メイクのメ12_ミキモト

真珠由来のオリジナルパウダーで立体感と内側からにじみでるようなツヤをプラス。「パール プレシャス オーラ コントロールベース(ホワイト)」(4320円)/ミキモト コスメティックス 電話:0120-226-810

そしてもうひとつ、凸凹は表情によってできるので、朝しっかりカバーしても時間が経つと目立ってくる。ですから「ほうれい線が気になる」という人は、お化粧直しのときにハイライターを使うといいですよ。それだけで顔がパーッと明るくなりますから!

大河ドラマでは現在、尼僧役の柴咲さん。凜とした表情を見るたびに、影のない口元から頬にかけてのラインがきれいだな、と、憧れちゃいます。使い方次第で柴咲さんのような美女に近づけるかも、なハイライター。ぜひ、持っていてほしいアイテムです。

イラスト/楽谷玲子

【このシリーズの記事を読む】
最新薄づきファンデーションで欠点は隠さず目立たなくする
今どきのアイカラーはまぶたに質感と立体感をプラス
大人仕様のアイライナーはたるんだまぶたにもピタッとフィット
冷えが顔に表れる季節はメイク前に上半身を動かす
今どきナチュラル顔になるならベースメイクで赤を足す

→さらにこのほかの記事を読むのなら、【こちら】

【関連する記事をチェック!】
資生堂から多彩に使える「7ライト パウダーイルミネーター」
春のゆらぎ肌を強力サポート。「KIEHL’S」の春の新作4点をチェック!
メリハリ顔を手軽に実現!M·A·Cからマルチに使えるチャビースティック
水のような彩りで、2本の虹を。LUNASOLから2017年春コレクション
【顔ヨガ1分動画】ぽっこりお腹も解決!?「あっかんべー」で顔だけダイエット

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事