春コーデにもぴったり!6大人気ブランドの最旬「ランニングシューズ」12選

気候も温かくなる春。冬太りを解消するためにも、ランニングをはじめよう…と考えている人もいるのでは?

SakamotoShoko_RunningShoes_20170321_06

写真左から、「フロートライド」2万520円、「ポンプ プラス フレーム」1万4580円/ともに、リーボック

そこで、スタイリストの坂本祥子さんが、6大人気ブランドから最旬ランニングシューズをご紹介。初心者向けと中上級者向け、それぞれ1足ずつをピックアップしているから、冬の間はランニングをお休みしていた人もご参考に。

* * *

【Reebok】フィット感抜群の軽量シューズで軽やかな走りを

初心者ランナーにぴったりなのが、「ポンプ プラス フレーム」(1万4580円・写真右)。こちらは、空気を注入することで足に合ったフィット感を調整できる“ザ ポンプ テクノロジー”を採用したシューズの最新モデル。軽量かつクッション性に優れたミッドソールが、軽やかな走りをサポートしてくれる。カラーはこのほか、ブラックがラインナップ。

写真左は、3月26日(日)に予約スタートする「フロートライド」(2万520円・写真左)。リーボック初の長距離ラン向けのシューズで、300人のランナーの協力と1年間の時間をかけて開発されたという。アッパーには縫い目のないニット素材を使用しているので、こちらもフィット感抜群。

「フロートライド」の最大の特徴は、ミッドソールに搭載している軽量クッショニング素材「フロートライドフォーム」。個々のセルの大きさが均一になるようにフォーム材を配合しているため、軽量にもかかわらず、優れたクッション性と反発性を両立。着地時の衝撃をしっかりと吸収し、足への負担を軽減してくれるそう。

SakamotoShoko_RunningShoes_20170321_03

写真左から、「PureBOOST Xpose(ピュアブースト エクスポーズ)」1万4040円、「UltraBOOST X (ウルトラブースト エックス)」2万1600円

【adidas】女性の足に合わせた最新モデル2足をチェック!

清涼感のある白コーデやモノトーンコーデのアクセントにも役立ちそうなのが、「adidas(アディダス)」の2足。

女性専用モデル「PureBOOST Xpose(ピュアブースト エクスポーズ)」(140440円・写真左)は、筋力の少ない女性の足をサポートすべく、足裏全体には「BOOSTTM)(ブースト)フォーム」と「STRETCH WEB OUTSOLE (ストレッチウェブアウトソール)」を搭載。

また、オープンエアメッシュ素材を使った新開発のアッパー構造「ARCH SUPPORT SYSTEM (アーチサポートシステム)」を採用しているので、夏でも足元がムレず、ストレスフリー。カラーバリエーションはこのほか、コアブラックとクリアグレーの2色。

女性専用ラインの「PureBOOST」と、プレミアムランニングシューズ「UltraBOOST」のいいところを掛け合わせたのが、2月9日(木)に登場した「UltraBOOST X (ウルトラブースト エックス)」(2万1600円・写真右)。

女性ランナーの走りをあらゆる観点からリサーチ・分析した結果が反映されているという「UltraBOOST X」は、従来のシューズよりも高いクッション性と反発力、安定感を備えているとか。アッパーにプライムニットを採用しているので、フィット感も抜群。

【データ】
アディダス ジャパン
0570-033-033(お客様窓口)
http://japan.adidas.com

リーボック
0570-033-033 (リーボック アディダスグループお客様窓口)
http://reebok.jp/

この春、注目のシューズカラーといえば、なんとってもピンク。そこで、春ランにぴったりのスイートカラーのランニングシューズをスタイリストの坂本祥子さんがピックアップ! ピンクのシューズは街コーデのアクセントにも活躍してくれそう。

SakamotoShoko_RunningShoes_20170321_05

写真左から、「FRESH FOAM ZANTE W BP3(フレッシュ フォーム ザンテ ダブリュー ビーピースリー)」1万1880円、「FRESH FOAM BORACAY W PN3(フレッシュ フォーム ボルケイ ダブリュー ピーエヌスリー)」1万2960円/ともに、ニューバランス

【new balance】エネルギーロスが少ない走りを実現!

「FRESH FOAM(フレッシュ フォーム)」は、走行時に足にかかる圧力分布のデータを基にしたハニカム構造のミッドソールで、クッション性と安定感が◎。また、かかとと前足部の高低差が小さい「レスドロップ設計」が、運動効率がいい走りを実現してくれる。

初心者ランナーは、クッション性と軽量性が高い「FRESH FOAM BORACAY W PN3(フレッシュ フォーム ザンテ ダブリュー ビーピースリー)」(1万2960円)を、中上級以上で長距離レースに挑戦したい人は、スピード走行対応の「FRESH FOAM ZANTE W BP3(フレッシュ フォーム ボルケイ ダブリュー ピーエヌスリー)」(1万1880円)を選んで。

SakamotoShoko_RunningShoes_20170321_04

写真左から、「プーマ イグナイト V3 ウィメンズ」1万3500円、「スピード 300 S イグナイト ウィメンズ」1万2420円

【PUMA】反発性とクッション性に優れたミッドソール搭載

プーマ独自のIGNITE(イグナイト)素材を使ったミッドソールは、反発性とクッション性が高く、スムーズな走りをサポート。中でも「プーマ イグナイト V3 ウィメンズ」(1万3500円・写真左)は、初心者ランナーにオススメの1足。アッパーに通気性に優れたメッシュ素材を使っているので、これからの季節にも◎。

中上級者は、軽量性を追求したエリートランナー向けモデル「スピード 300 S イグナイト ウィメンズ」(1万2420円・写真右)をどうぞ。同シューズは、日本人専用のラスト(足型)を採用し、女性向けにかかとをより細く仕上げることで、フィット感とフレキシビリティをアップ。さらに、アウトソールに施したラバーが、力強い蹴り出しを実現してくれるとか。レースでの記録を目指したい人にオススメ。

【データ】
ニューバランス ジャパン
0120-85-0997(お客様相談室)
http://www.newbalance.co.jp

プーマ
0120-125-150(お客様サービス)
http://jp.puma.com

ランニングコーデの目玉になる、ビビッドな赤のシューズをスタイリストの坂本祥子さんがピックアップ! また、差し色に黒を使ったシューズは、黒がベースカラーのランニングタイツとの相性が高い上、普段のコーデにも取り入れやすいはず。

SakamotoShoko_RunningShoes_20170321_02b

写真左から「ナイキ ルナエピック フライトニット2」1万7280円、「ナイキ エア ズームエリート9」1万4040円/ともにNIKE

【NIKE】街履きにも◎なデザイン性。フィット感と通気性も抜群

「ナイキ ルナエピック フライトニット 2」(1万7280円)は、これからランをはじめる初心者からフルマラソン完走までをカバー。ミッドソールには「Lunarlon(ルナロン)クッショニング」を搭載。両側面に入ったレーザーの切れ目が、かかとからつま先への体重移動をサポート。

さらに、足圧分散図を考慮したピストンのような形状のアウトソールが、着地時に個別に動いて衝撃を緩和してくれるという。ソックスのように足にフィットする「FlyKnit(フライニット)」とスリップオンデザインで、履き心地もばっちり! ライトグレーなら、春ファッションにも取り入れやすい。

一方、「ナイキ エア ズームエリート 9」(1万4040円)は、フルマラソンで3時間半前後走りを目指すランナー向けのシューズ。

前足部が広い新型ラスト(足型)と、前足部に排された高反発なクッション性をもつ「エア ズーム ユニット」が、力強いつま先の蹴り出しを実現。薄型のアウトソールがクッション性も保ちつつ、軽量性と抜群のグリップ力を発揮。アウトソールの屈曲溝をなくすことで推進力を高めているのも、スピードを求めるランナーにうれしい。

SakamotoShoko_RunningShoes_20170321_01

写真左から、「ウエーブライダー20 G-TX」1万7172円、「ウエーブライダー20」1万3932円

【MIZUNO】安定性が抜群!ラン初心者の定番シューズ

「ミズノ」のランニングカテゴリの看板モデルである「WAVE  RIDER(ウエーブライダー)」。1997年の発売以来、波形形状「ミズノウエーブ」を搭載することで、クッション性と安定性を両立した走り心地にこだわってきた。

その20代目に当たる「ウエーブライダー20」(1万3932円・写真右)は、トランポリンをイメージした新形状の「CLOUDWAVE(クラウドウエーブ)を採用。これにより左右へのぶれを低減して、よりスムーズな足運びを実現している。初心者にとって選んで間違いなしのシューズのはず。これから購入するのなら、1月に販売されたばかりの写真の新色が◎。

また、話題のトレイルランが気になっている人には、シューズ内部とアッパー部にアッパー素材に「GORE-TEX(R)(ゴアテックス)」生地を採用。「ウエーブライダー20 G-TX」(1万7172円・写真左)がオススメ。濡れている路面や泥面でも水がしみ込まないので、ワイルドな地面でのランニングにぴったり。

【データ】
ナイキ
0120-6453-77(NIKE カスタマーサービス)
http://www.nike.com/jp/ja_jp/

ミズノ
電話:0120-320-799(お客様相談センター)
http://www.mizuno.jp

撮影/瀬尾直道

【関連する記事をチェック!】
【最旬ランニングウェア】人気ブランドの「2017SS ベスト・コーデ」6選
ランニングやヨガで楽しく体型維持!スポーツ女子の【美痩せ習慣】
“シティランニング”にフォーカスした「アディダス ブランドコアストア 原宿」
新年からスタート!美容を損なわず、美痩せ効果を引き出すランニングの方法
ランニングで正月太りを解消!初心者向け“皇居ラン”のはじめ方と続けるコツ
長く走ることでしっかり脂肪燃焼!LSDの必須アイテム

スタイリング:坂本祥子(さかもと・しょうこ)

スタイリスト。1977年生まれ。ファッション、ライフスタイルを中心に、スタイリングから 編集・原稿執筆までをこなす。『大人になったら、着たい服』(主婦と生活社)、『オズマガジン』『オズプラス』(スターツ出版)ほかで活躍。ナチュラル& ベーシックなファッションに、トレンドをひとさじと、ほんのちょっとの遊び心を加えたスタイルが得意

関連記事