【眠活ダイエット】簡単タオルエクサ「マントヒヒエクサ」で痩せ体質を実現!

「美は自律神経を整えることから」を掲げ、ナイトケアアドバイザーとして活躍中の小林麻利子さん。

眠活_広背筋3

本連載では、小林さんが良質な睡眠を確保することで、“キレイ”を実現する「うっとり美容」を指導。今回は、ダイエットの効率を上げるエクササイズをご紹介!

* * *

手早く痩せるには広背筋を鍛えましょう!

「腹筋運動をすると、早く痩せますか?」と、質問をされることがよくあります。でも、背中、太ももの前側、胸、お尻など、大きな筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げたほうが効果的です。

例えば、背中から脇腹に広がる広背筋も面積が大きい筋肉。お尻の上の肉がのっかって悩んでいる場合も、この部分を鍛えるのがオススメです。

そこで、今回は広背筋を鍛える「マントヒヒエクサ」をご紹介。このエクササイズはタオルを使うので、脱衣所で行うのにうってつけ。ぜひお風呂に入る前の習慣にしてください。

【次ページで「マントヒヒエクサ」の詳細を紹介!】

広背筋を鍛えると、男性であれば逆三角形の男らしい背中、女性であれば美しく、しなやかな背中に。マントヒヒが長い手を動かしている様子をイメージして行いましょう。

眠活_広背筋2

【1】脚を肩幅に広げ、タオルを肩幅で持ち、左右に引っ張る
【2】膝を曲げてお尻を斜め後ろに落とす。背筋を伸ばして胸を張る。
【3】手と腰が一直線になるように腕を伸ばす

眠活_広背筋3

【4】【3】の姿勢でタオルを左右に引っ張りながら、首の後ろ側に下ろす。このとき、肩甲骨を引き寄せるのがコツこの動作を10回繰り返す。

「マントヒヒエクサ」を動画でチェック!

 

【NGの姿勢】腰が曲がっても反ってもダメ

Minkatsu20170310_NG

NGの理由は、【1】膝がつま先よりも前に出ている【2】お尻が突き出ている【3】猫背

腰が曲がったり反ってしまうと、広背筋が正しく伸びず、鍛えることにつながりません。写真のような姿勢はNG。正しい姿勢を意識し、肩甲骨が動いているか確認しながら行いましょう。

このエクササイズでピンとしなやかな背中を実現して、エレガントな立ち姿を目指しましょう。

写真/Keiichi 動画/大嶽勇太

【関連する記事をチェック!】
健康に痩せるカギは睡眠。7時間眠る「3・3・7睡眠」推奨
ダイエットの大敵、冷え。入浴での血行促進と睡眠で解消するコツ
寝ダメで疲れはとれる?エイジングを避ける5つの睡眠習慣
1日2セット×9日間で脱・お腹ぽっこり!おかもとまりも痩せた「猫のびストレッチ」
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選

小林麻利子(こばやし・まりこ)

眠活_広背筋1

京都府京都市生まれ。ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター。生活習慣改善サロン「Flura」を主宰。睡眠や入浴など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる、「うっとり美容」を指導。のべ約1000名の女性の悩みを解決し、現在は4か月先まで予約待ち。著書に『美人をつくる熟睡スイッチ』(株式会社G.B.)。公式HPは、http://fluraf.com/

【この記事のバックナンバーを見る】
眠るだけで8kg減!睡眠で“キレイ”を作る「うっとり美容」のススメ
しつこい顔太りを解消する!就寝30分前の「うさぎストレッチ」
二の腕ぷるぷるを卒業!タオル1枚でできる「二の腕シェイプエクササイズ」
痩せの基本は睡眠!お風呂上がりの「代謝UPリンパマッサージ」で眠活
押す・揉む・叩くの3ステップでOK!「セルライト除去マッサージ」
熟睡スイッチON!ストレス解消&小顔に効く「ウォームインプット」
小顔効果バツグン!「頭皮ブラッシングマッサージ」で良質な睡眠を
マッサージで効果倍増!良眠へと導く「簡単アロマクリーム」

 

関連記事