ランニングやヨガで楽しく体型維持!スポーツ女子の【美痩せ習慣】

女性限定のスポーツイベント「GIRLS NIGHT OUT(ガールズナイトアウト)」で、ヨガを指導する鈴木伸枝さんが、スリムを維持するコツは?

【ヨガ・インストラクター】鈴木伸枝さん(34歳)

GirlsNightOut_20170303_06

WORKOUT/朝晩で少なくとも1時間はヨガを

ここ最近、ランニングもはじめました。目標がないと継続しない性格なので、7月2日(日)に開催される「函館マラソン」のハーフマラソンに参加を申込しました。最初から張り切って走るとやめてしまいそうなので、3日に一度くらい、5km程度が今の限界ですね。

もちろん、ヨガも朝と晩にできるだけ。どちらかしかできないこともありますが、最低でも1日合計して1時間が目標。特に夜のヨガは重要です。筋肉が硬いまま寝ると、いくら寝ても疲れがとれません。寝る前に体をほぐすヨガをすると、次の日の回復度が全然違いますね。

FOOD/食事は野菜がメイン。お気に入りメニューは蒸し野菜

自宅での食事は野菜が中心。定番メニューは蒸し野菜で、ごはんを炊くのなら玄米に。甘いものは食事とセットにしたり、運動前に食べたり、と気を付けています。

また、普段、会食をする機会が少なくありません。食べ過ぎてしまったときには、翌日の食事量を調整をしたり、プチ断食をしたり。3〜6か月に1回は、1週間以上の時間を確保してファスティングもします。最大3、4日間は酵素のみで過ごし、しっかりデトックスしています。

BODY&MIND/アロマで上質の眠りを確保

睡眠はあまり規則正しくとれていないのですが、平均して6時間ほど。本気で疲れているときや、寝付けなさそうな夜には、アロマを取り入れています。オレンジスイートなど、柑橘系の香りがお気に入り。檜(ひのき)も香りもリラックスできますね。

使い方は、精油をティッシュに垂らし、枕に忍ばせたり、湯船に垂らしたり。日によって心地よく感じる香りが違うので、精油は数種類を揃えています。また、眠りが浅い「レム睡眠」のときに、アラームが鳴るスマートフォンのアプリも使っています。このタイミングで目覚めると、やはりすっきりと起きることができますね。

【鈴木伸枝さん】
すずき・のぶえ。1983年生まれ。ヨガインストラクター。インストラクターを養成する講師を務め、1000名以上のヨガインストラクターを育成。ヨガブランド「suria」のリーフレットモデルも務める。

特別企画【美腹筋チャレンジ】に登場中の國井美沙妃さんも活躍

女性限定のスポーツイベント「GIRLS NIGHT OUT(ガールズナイトアウト)」では、ボクササイズも人気種目のひとつ。弊サイトで連載中の特別企画【美腹筋チャレンジ】に参加中の「b-monster」インストラクター、國井美沙妃さんがレッスンを担当することも。

動画は2017年3月3日(金)に東京・原宿で開かれたプレス向け説明会で、ボクササイズを指導している様子。これがボクササイズ初体験という人も楽しく体を動かしている。國井さんの【美痩せ習慣】も参考にして。

【こんなスリム美人が体型維持をするコツ】
今泉牧子さん/外食が多いときはクレンズジュースで調整
MAYUKOさん/すきま時間には体幹トレーニング
椎名慶子さん/瞑想で心の状態や食欲をしっかり調整
磯内爽さん/置き換えダイエットで5kg減量

→このほかの【美痩せ習慣】をチェック!

【関連する記事をチェック!】
【体験レポ】NB Womanのスポーツイベント「Girl’s Night Out」が上陸
【美痩せ】MISAKIさん/甘いものも我慢せずに時間を選ぶ
いつも3日坊主…。ズボラな人でもランニングが続くコツって?
【体験レポ】先生はイケメン芸能人のみ!渋谷の「暗闇ヨガスタジオBeing」で脂肪燃焼
部屋着としても活躍。あったかヨガウェアの重ね着コーディネート8選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事