【筋膜リリース】で背中痩せ!姿勢矯正にも役立つ「タオル懸垂」

今、話題のキーワード「筋膜リリース」だけれど、その正しい意味をちゃんと理解している?

KondoKanae05_07

そこで、家庭でできる簡単エクサに定評があるトレーナーの近藤加奈恵さんが、正しい「筋膜リリース」を伝授。今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介。短期間で背中痩せを実現してくれるから、今日からさっそくお風呂上がりに取り入れて。

* * *

そもそも「筋膜リリース」って?

筋膜とは升目状に張り巡らされた筋肉の膜。これが脂肪によって圧迫されて、揺れたり、シワになったり。そうして乱れた升目を、ストレッチをすることできれいな状態に整えるのが「筋膜リリース」です。

ただし、そもそも筋膜をゆがめる原因となっている姿勢の悪さを直さないと、ストレッチをしてもまた同じことの繰り返しになってしまいます。

背中太りの原因は? 有効策は、お風呂上がりのタオルエクサ

背中にお肉がつく原因は、姿勢の悪さ。猫背になると肩が前に出て、「僧帽筋(そうぼうきん)」や「広背筋(こうはいきん)」といった背中の筋肉を使わなくなります。そうなると、腕の後ろ側に脂肪が流れ込み、いわゆる“背中太り”になってしまいます。

背中の脂肪が邪魔で、肩や腕を正しい位置に戻すことができないと、猫背でいるほうが自然で楽に。その結果、頭の重みが首や肩、背中に余計な負担をかけることになって、肩こりや偏頭痛に悩まされる人もいます。

猫背の人は広背筋の緊張感がなくなっているもの。次のページで紹介する「タオル懸垂」で広背筋を鍛えて、姿勢矯正や背中太り解消に役立てましょう。

【次のページで、「タオル懸垂」のやり方を伝授!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...