【まいたけダイエット】で痩せ体質に!簡単でおいしい「ちょい足しレシピ」4選

不溶性の食物繊維を豊富に含む「まいたけ」は、デトックスや早食い防止の効果が。さらに、きのこ類の食物繊維「キノコキトサン」は、油分を排出したり、脂質の吸収を阻害してくれるとか。

Maitake01

「まいたけは歯ごたえがあるので、咀嚼に時間がかかります。ゆっくりと食べると消化もゆるやかになり、結果として血糖値の急激な上昇を避けることができるんです」と、東京高輪病院 名誉栄養管理室長で、管理栄養士の足立香代子さん。

“まいたけダイエット”のコツは、ごはんやパスタなどの主食を食べる前に、50g程度のまいたけを摂るだけ。さっそく手軽にできるレシピを足立さんに教えてもらった。

おもてなしにも◎「まいたけとアボカドの肉巻き焼き」

めんつゆで優しい味わいのひと皿。ハーブを飾り付ければ、おもてなし料理に早変わり。

材料(5個分)

まいたけ…50g 豚肉(薄切り)…5枚 アボカド…1/4個 パプリカ(細切り)…1/6個 塩・コショウ…少々 オリーブオイル…適宜 めんつゆ…適宜 トウガラシ…お好み

作り方

【1】まいたけは手で割き、パプリカは肉幅より長めの薄切り、アボカドは半分にして横に切る
【2】豚肉に軽く塩、コショウを振る
【3】豚肉に、パプリカ、アボカド、まいたけを順に重ねて巻く
【4】フライパンにオリーブオイルを引き、両面に焦げ目がつくまで【3】を焼く
【5】小鍋にめんつゆを入れ、お好みでトウガラシを加えて煮詰める
【6】【4】に【5】をはけで塗る

このほかに、「まいたけビシソワーズ」「まいたけ卵とじ」のレシピも、次のページでご紹介!

【このほかのちょい足しレシピをチェック!】

食事に1品足すだけで、食べ過ぎ防止や体質改善が期待できる“まいたけダイエット”。東京高輪病院 名誉栄養管理室長で、管理栄養士の足立香代子さんに簡単レシピを教えてもらった。

さっと焼くだけ「焼きまいたけのおろしポン酢和え」

Maitake04

さっと焼いたまいたけに、大根おろしを添えるだけの簡単レシピ。大根の辛み成分「アリルイソチオシアネート」は体の代謝を高めて、脂肪が付きにくい体に導いてくれるから、一石二鳥!

→レシピは【こちら】

フライパンで作る「まいたけビシソワーズ」

Maitake02

まいたけの味わいを堪能できる簡単スープ。まいたけのビタミンDと牛乳のカルシウムが、骨活が必要な女子にピッタリ。腹持ちがよいので食事の最初にいただこう。

→レシピは【こちら】

常備食材でできる「まいたけ卵とじ」

Maitake03

卵や玉ねぎなど、身近な食材をプラスするだけでできる簡単副菜。食事の最初にいただくことで、食べ過ぎ防止を狙おう。

→レシピは【こちら】

簡単レシピを食卓に取り入れて、痩せ体質作りに励もう。

【関連する記事をチェック!】
食事にちょい足しするだけ。手軽な「まいたけダイエット」のススメ
専門家が回答。食物繊維が“大人のダイエット”に必須の理由
【旬菜】デトックスに効果あり。シイタケのレシピ5選
ダイエットに最適。たんぱく質代謝に有効な物質を含むエリンギ
【食べて痩せる】「やせおか」の新作レシピ17品を一挙紹介!

監修:足立香代子(あだち・かよこ)

管理栄養士。一般社団法人臨床栄養実践協会理事長、日本肥満治療学会理事。1985年より東京高輪病院に務め、栄養指導に取り組む。2014年より東京高輪病院 名誉栄養管理室長

関連記事