食事にちょい足し。手軽にできる【まいたけダイエット】のススメ

人間の体は、食事から摂取した「糖質」から先にエネルギーとして消費をし、それでも足りないときに体に蓄えた「体脂肪」を燃焼する。

Maitake05

でも、エネルギーとして糖質を消費し切れなかった場合、これが体脂肪へと変化し、太ってしまうことに。

スイーツを食べ過ぎたり、飲み会でビールや日本酒をたっぷり楽しんだり…そんな生活を続けた後には、糖質を控え、食物繊維やたんぱく質を中心とした食事で調整することが美痩せを維持するコツ。

東京高輪病院 名誉栄養管理室長で、管理栄養士の足立香代子さんによると、オススメ食材は「まいたけ」。食後の血糖値上昇を抑える上でも、食事に“ちょい足し”するのが有効なのだとか。

食べ過ぎたときには、ちょい足しで“まいたけダイエット”を

「食物繊維が多く、低カロリーなきのこ類の中でも、まいたけは風味が強くありません。ほかの素材と合わせても、邪魔にならないので使い勝手がいい。たんぱく質や油と合わせると、腹持ち感がアップしますよ」(足立さん。以下、「」同)

Maitake06

写真/アフロ

まいたけは不溶性の食物繊維を豊富に含むため、腸内環境の整理や便のかさましにも役立つ。足立さんによると、シャキシャキっとした歯ごたえがある食感もダイエットにうれしい効果を与えてくれるという。

「まいたけは歯ごたえがあるので、咀嚼に時間がかかります。ゆっくりと食べると消化もゆるやかになり、結果として血糖値の急激な上昇を避けることができるんです」

さっとあぶっただけでもおいしくいただくことができるのも、まいたけの利点。「食事の前に食べたり、料理に“ちょい足し”したりするのなら、50g程度が適量です」と足立さんは話す。そこでさっそく、まいたけの簡単料理を教えてもらった。

【便利なまいたけの簡単レシピもご紹介】

“まいたけダイエット”のコツは、ごはんやパスタなどの主食を食べる前に、50g程度のまいたけを摂るだけ。手軽にできるレシピを、管理栄養士の足立香代子さんに教えてもらった。

さっと焼くだけ「焼きまいたけのおろしポン酢和え」

Maitake04

さっと焼いたまいたけに、大根おろしを添えるだけの簡単レシピ。大根の辛み成分「アリルイソチオシアネート」は体の代謝を高めて、脂肪が付きにくい体に導いてくれるから、一石二鳥!

材料(1人分)

まいたけ…50g 大根…適宜 ポン酢…少々

作り方

【1】まいたけを50g分手で割く
【2】おろし金で大根をおろし、ポン酢をかける
【3】まいたけを、歯ごたえが残る程度にフライパンでから焼きする
【4】【2】、【3】を皿に盛り付ける

主食を食べる前にいただくことで、痩せ体質作りに役立てて。

【関連する記事をチェック!】
専門家が回答。食物繊維が“大人のダイエット”に必須の理由
おいしく食べて、摂り過ぎた脂を排出。【脂マネジメント】のお役立ち食材&レシピ
食べて痩せる体に。ダイエットにうれしい【クレンズスープ】4選
【旬菜】デトックスに効果あり。シイタケのレシピ5選
ダイエットに最適。たんぱく質代謝に有効な物質を含むエリンギ

監修:足立香代子(あだち・かよこ)

管理栄養士。一般社団法人臨床栄養実践協会理事長、日本肥満治療学会理事。1985年より東京高輪病院に務め、栄養指導に取り組む。2014年より東京高輪病院 名誉栄養管理室長

関連記事