冬太りを【お風呂美容】で解消。エキスパート偏愛の「引き締めコスメ」7選

春を間近に、冬太り撃退はもはや待ったなし! 今すぐ“痩せ体質作り”に励みたいところ。

OhuroBiyo_Hikishime_01_7538

写真左から、「ボディマッサージャー」3564円/テラクオーレ、「アルニカ バスミルク」200ml 3024円/ヴェレダ、「ビカッサ リバランスボディー」180g 3888円、「ビカッサボディープレート」2376円/ともに、アユーラ

そこで、温めほぐして代謝を上げたり、セルライトケアができる【お風呂美容】の「引き締めアイテム」をリサーチ。人気ブランドのPR自身がプライベートで愛用している逸品を教えてもらった。偏愛理由も参考に、しなやかな身体を手に入れて。

* * *

痩せ体質を促進!血行を促進する「マッサージ用アイテム」

痩せやすい体作りは、まず温めて基礎代謝を上げることから。血流をよくする、「テラクオーレ」「ヴェレダ」「アユーラ」のイチオシはこちら!

テラクオーレ ボディマッサージャー

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

ボディマッサージャー(3564円)/テラクオーレ

気になる部位の上を転がしたり、足ツボを押したり…と全身をほぐすのに役立つボディマッサージャー。親指の形をした10個の木製ピンが、しなやかに動いて血行を促進。筋肉の疲れをとり、ため込んだ老廃物を流して、巡りのいい体に。

手を固定できるハンドホルダー付きでマッサージしやすいのも◎。

【イチオシの理由】フィット感が絶妙でやみつきに

「親指をかたどったピンが体にフィットし、こりをしっかりとほぐせて気持ちいい。一度使ってやみつきになりました。社内でもスタッフの支持率が高いアイテムです!」(PR 大場 涼恵さん)

ヴェレダ アルニカマッサージオイル 100mL

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

アルニカ バスミルク(200ml 3024円)/ヴェレダ

お湯で濡らして絞ったタオルを、腕や肩などに置いてコリをほぐす「温布浴」ができるバスミルク。効果のカギは、中・南部ヨーロッパに自生するキク科の植物“アルニカ”。150種類以上もの薬学的に有用な成分が含まれていて、マッサージに用いることで血液の巡りがアップ。

さらに、代謝を上げる白樺葉(しらかばよう)やローズマリーもブレンド。冷えや筋肉疲労、代謝不良に悩む人は一度使ってみて。

【イチオシの理由】眠る直前まで体がぽかぽかに

「湯船にキャップ1、2杯入れるだけで、すぐにじんわり温まってきて冷えた手足がポカポカに。もともと湯冷めしやすいんですが、これを使うと寝る直前まで温かさが続きます。おかげでぐっすりと深く眠れて、翌朝も体が軽くなるんです」(PR 栗田 綾野さん)

<ボディー用マッサージ美容液>ビカッサ リバランスボディー

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

ビカッサ リバランスボディー(180g 3888円)/アユーラ

心身のこわばりを解きほぐす“温感ジェル処方”のマッサージ美容液。生姜エキスが肌を温め、高麗人参や陳皮のエキスが保湿してくれるから、乾燥肌の人にもうれしい。

しっかり引き締めたい人は、「ビカッサ リバランスボディープレート」(2160円)を使って、週に1、2回の「美活沙腹周マッサージ」を。気になるお腹周りの血行を促進して、なめらかボディに導いてくれるとか。

【イチオシの理由】ぽっこりお腹とともに腸もケア

「お腹の見た目がすっきりするだけではなく、腸のケアにつながるのも◎。不規則な生活になりやすいイベントが重なる時期に、特に重宝しています」(PR 丸谷 恵美さん)

<ボディーマッサージ専用プレート>アユーラ ビカッサボディープレート

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

ビカッサボディープレート(2376円)/アユーラ

すっきり美脚を狙いたい人は、写真の「ビカッサボディプレート」を。専用の美容液「ビカッサボディーセラム」(180g 4644円)との併用がオススメ。

石川県の窯で丁寧に作られた陶磁器製のかっさ板は、特に膝下のケアがしやすいよう考案されたもの。開く、ほぐす、流すの3技がこれひとつでできる。ふくらはぎやすね、足首の疲れをとるのに役立てて。

【イチオシの理由】脚の疲れ、冷え、むくみをまとめて改善

「脚が冷え性の私にとって、手放せないアイテムです。1回の使用でも翌朝の足に変化が。『ビカッサボディーセラム』と併用すると、代謝を上げるのにも◎」(PR 丸谷 恵美さん)

 【あの名品がパワーアップ!セルライト撃退アイテムも】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事