今、“おっぱい”がブーム!? 深田恭子級の「大人美乳」を作るコツ

村上春樹の新刊を上回る予約数だという。乃木坂46・白石麻衣(24才)の写真集が異例の売れ行きだ。

1708_fukada_kyoko

深田恭子も女性が憧れる「理想の胸」ランキングの常連

発売前から2度も重版がかかり、発行部数は累計13万部を突破。深田恭子(34才)や小嶋陽菜(28才)の写真集を発売前から軽々と超えている。

注目されたのは、初挑戦のランジェリー姿をはじめとする数々のセクシーショット。ふっくらとマシュマロのような肌感と、やわらかそうなまるみを帯びたふくらみ。オーバーオールの横からのぞく下乳のライン――。

男性ファンだけでなく、「私もあんなおっぱいになりたい」 という若い女性ファンからも予約が殺到した。

今、女性たちの“おっぱい”への関心が高まっている。美肌、美脚と同じように美乳になりたい――そんな声に押されて、昨年10月には史上初の、女性が理想の胸を選ぶ「美おっぱいコンテスト」が開催された。

グランプリに輝いたのは、モデルやタレントではない一般人の女性。細いボディーラインにアンダー95のFカップで、「大きさだけじゃなく、形もきれい。おっぱいへの手入れや努力が認められて」の受賞だったという。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの調査によると、1980年に約60%を占めたAカップが2014年には5.3%にまで減少。一方で、Cカップ以上が全体の約70%を占めているという。

【Cカップ以上のバストは維持にコツが!?】

ワコール人間科学研究所の調査によると、現在のアラフォー世代はアラフィフ世代に比べてやせ型が多いにもかかわらず、Cカップ以上の割合が多いという。

FukadaKyoko_Binyu

写真/アフロ

ランジェリースタイリストの浅井明子さんが解説する。

「食生活の変化でお肉や乳製品などたんぱく質をたくさん摂取するようになったことも関係して、以前より女性のカップは大きくなったといわれます。

また1980年代以降はボディコンの影響もあってか、メリハリのあるボディーラインが理想とされ、より大きい胸に憧れる女性が増えました」

しかし、大きくてハリのあるおっぱいが美乳、という考えは加齢と共に崩壊する。40代50代を迎えると胸が大きい人ほどおばさん体型に見えやすく、多くの問題を抱えているのだ。

「大きい胸が自慢だったのに、今じゃただのデブに見えるんですけど」(40代女性)

「乳首の位置があきらかにおかしい。お腹のすぐ上にあるように見えちゃう…」(50代女性)

特に胸の変化が顕著になるのは40代から、と浅井さんは指摘する。

「加齢にともなって女性は肉質がやわらかくなります。するとハリがなくなってデコルテ部分から肉がそげおち、胸が垂れてしまいます。胸が大きいほど特に下垂が目立つ。乳頭がだらりと下向きになるので、全体的な形崩れがより目につくんです」

しかも、ここ数年でのキャミソールブラの着用率急増も、加齢による“おっぱい問題”に拍車をかけているという。

「ノンワイヤーでカップが付いただけのキャミソールでは、重力のまま胸は下がり続けていくだけ。キャミブラで胸の張りを維持するには、よほど腹筋や背筋を鍛えていないと無理でしょう。胸の崩れに気づいた頃ではもう手遅れ。間に合わない状態になってから自覚するかたが多いです」(浅井さん。以下、「」同)

【アラフォー世代が選ぶべきブラジャーは?】

確かに、ブラを着けるのはよそ行きの服を着るときだけ。週に5日以上はキャミソールブラだという人も多い。数少ないブラの出番でも、通販でサイズだけ見て買ったもの。

main

ワコールの40代向けライン「LASSE 」のブランドキャラクターは、板谷由香

サイズは変わっていないはずなのに、着用すると脇のお肉がはみ出したり、背中が段々になっていたり…。

「40~50代になっても20代と同じブラ、ではダメですよ。大人の女性は、ブラひももアンダーベルトも幅広のものを選ぶことが鉄則です。ワイヤー部分からぐいっと持ち上げる効果もありますし、脇や背中の肉も拾えるので段々にならない。

若い女性用はひもやサイドが細く、体に食い込んでしまう。自分の体にあったサイズや素材を選ぶことが大切です」(前出・浅井さん)

“大人のおっぱい問題”に悩む女性の声を受け、大手下着メーカーは続々と40~50代向けのシリーズを発表している。

ワコールは「LASEE(ラゼ)」という40代向けの新ブランドを展開。板谷由夏(41才)がブランドキャラクターを務めている。ワイヤーが外側につけられているので着心地がよく、布面積が広いので脇や背中の肉も食い込みにくい作りになっている。

peachjohn_SALON

累計210万枚を記録したピーチジョンのメガヒット「ワークブラ」にも、サイドベルトの幅が広い“大人版デザイン”が登場

20代向けの下着が多かったピーチジョンも、オーバー30代向けの新ブランド「SALON(サロン)」のラインナップを増やしている。上品で控えめなデザインが人気で、布幅が広いものやカップ下のクッションが大きいものなど、種類も豊富だ。

トリンプ「天使のブラ スリムライン」も篠原涼子(43才)が出演するCMを見て購入に来るという40~50代女性が多い。

バストラインはおばちゃん度がわかる試金石、大人には大人の美しい胸がある。もちろん胸だけじゃないけれど…少しでも意識を変えて来たる春シーズンを迎えたい。

※女性セブン2017年2月23日号

【関連する記事をチェック!】
つらい肩こりも改善!ムダ肉を寄せて上げる「時短おっぱい体操」
運動中や就寝中も。きれいなバストを保つ補正下着9選
歩くだけで美しく痩せる!バストアップも期待できる「ポスチュアウォーキング」
忙し女子にオススメの筋トレって?【美腹筋チャレンジ】1週目の経過も報告!
タレ尻やお尻デカッ!を改善する「桃尻ヒップアップ」

関連記事