【山本浩未さんのメイクのメ】今どきナチュラル顔になるならベースメイクで赤を足す

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、最新の赤味メイクを解説。記事一覧はこちら

* * *

メイクのメ_山本浩未_正方形

疲れて見えやすい大人こそ血色が大事!

少し前にも書きましたが、近頃のメイクは、ほんのり赤みを感じる“血色”がキーワードです。健康的に見えるし、カバーしすぎてない自然な感じが、今どきなんですよね。

メイクで血色というとチークとリップですが、私たちってチークは骨格に沿ってくっきり、口紅はローズ系が王道。これにアイシャドーはブルーと、まさに「OK! バブリー?」な平野ノラさん風のメイクを青春時代に教わってきた世代。今、当時の写真を見ると、笑っちゃうくらいの老け顔(笑い)。そんな時代を経て、少しずつ色を捨てていったんですよね。

メイクのメ7_平野ノラ

平野ノラ(ひらののら)/高校卒業後、お笑いを目指すが挫折。会社勤め、フリーターなどを経験した後、31才で芸人に再チャレンジ。昨年、バブリーなキャラでブレーク

中でもあか抜けるために捨てたのが、赤み。ところが大人になると顔色がくすんできて、赤みなしではかえってナチュラルさが出せなくなってくるんです。

ほんのり血色肌になるベースアイテムって?

でも、やっぱりチークやリップは難しいし、面倒くさい。そこでオススメなのが、新技術で赤色を効果的に使っている、下地やファンデーション。メイクで赤をこなすのは難しいけど、ベースメイクに赤を仕込んであるものを使えば、さりげなく健康的な顔になるし、テクニックも不要です。

【次ページでは浩未さんオススメの最新アイテムをご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事