【お悩み解決ストレッチ】タレ尻やお尻デカッ!を改善する「桃尻ヒップアップ」

骨盤周りや姿勢の悩みに特化したエクササイズに定評のある「骨盤美容家」の柳沢とも子さん。

柳沢01

本連載では、柳沢さんがお手軽かつ即効性のあるストレッチを指南。今回は、「お尻が垂れちゃったかも…!?」というときに効くヒップアップ法を紹介します。

* * *

脂肪がつきやすいヒップは、「垂れてきた」「ハリがない」「大きくなった」など、形の変化が表れやすいパーツ。その形が崩れると、後ろ姿が一気に10歳老け込むくらい、印象を左右してしまうんです。

痩せても境目は元に戻らない!

特に「ヒップと太ももの境目がなくなってしまった…」と感じている人は要注意。これは運動不足や加齢で、お尻の筋肉を構成する「大臀筋」と「中臀筋」が弱ってしまい、本来あるべき位置から下がっているからなんです。

sokuriset02_02

そうすると、ヒップと太ももの境目に水平に走る「臀溝(でんこう)」と呼ばれる溝がなくなってしまうことに。さらに臀溝に脂肪が付くと、ヒップの横幅が増えて、形も崩れることに。そして残念ながら、ダイエットで脂肪を減らしても、“上向きヒップ”を取り戻すことはできないんです。

そんな人にチャレンジしていただきたいのが、私が考案した「桃尻ヒップアップ」。ピラティスの「スイミング」をアレンジしたエクササイズで、大臀筋と中臀筋を効率よく鍛えることで、臀溝を取り戻すことができるんです!

【次ページで「桃尻ヒップアップ」を伝授!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事