【おっぱい体操】つらい肩こりも改善!ムダ肉を寄せて上げる「時短おっぱい体操」

ムダ肉を寄せて集める「時短おっぱい体操」は、肩こりやおっぱいのケア、そしてダイエット効果も期待できる優れもの。以下の手順に沿って、トライしましょう。

STEP1 おっぱいはずし

OppaiTaiso_02_02b

指をしっかりと開いて熊手を作る。脂肪をかきあげながらぐっとおっぱいを掴むイメージ

【1】腕を下し、脇を少し開く
【2】右手の指の間を広げ、第ニ関節を曲げた状態(熊手のような形)で、左のおっぱいの脇から鎖骨の中央に向かって、脂肪をよせ集めるように斜め上に持ち上げ、軽く揺らす
【3】【2】を10〜15回繰り返す
【4】手を入れ替えて、反対側も同じように【1】〜【3】を行う

STEP2 おっぱいゆらし

【1】脇から手を入れて、両方のおっぱいを両手で少し持ち上げる
【2】両方のおっぱいを中央に寄せるようにして、1秒に2〜3回のペースで、弾ませるように上向きに揺らす
【3】【2】を10〜15回繰り返す

STEP3 仕上げ

両肩をくるっと後ろ向きに回す

動画でやり方をチェック!

「時短おっぱい体操」をするタイミングは、老廃物の排出ができるお手洗いのときがオススメ。まずはこの時短バージョンにトライを習慣化して。次回は、フルバージョンの「おっぱい体操」をご紹介します。

写真/Keiichi 動画/大嶽勇太

【同シリーズの記事を読む】
正しい知識を身につけて、美痩せと美乳をわがまま実現!

【関連する記事をチェック!】
歩くだけで美しく痩せる!バストアップも期待できる「ポスチュアウォーキング」
10分間で正月太りを解消!「パーソナル パワープレート(R)」で下半身引き締めエクササイズ
Googleがベスト10を発表!アメリカで2016年に流行ったエクササイズって?
プチプラグッズで手軽に。3COINSがエクササイズグッズ9種を発売
運動中や就寝中も。きれいなバストを保つ補正下着9選

監修:神藤多喜子(しんどう・たきこ)

TakikoKobayashi02

婦人科・小児科看護師長、助産出張所開業を経て、「ウェルネスライフ研究所」を開設。おっぱい体操やマンモリラクゼーション、アーユルヴェーディックペリネイタルケアーなどについて、研究や各地での講習・講演を行っている。著書に『きれいをつくるおっぱい体操』(池田書店)ほか。公式HPは、http://www.wellnesslife.sakura.ne.jp/

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事