【64歳オバ記者のリアル】高まる”バス旅”への欲望、旬の食べ物で解消する!?

バツイチ独身のライター・オバ記者(64歳)が、趣味から仕事、食べ物、健康、美容のことまで“アラ還”で感じたリアルな日常を綴る人気連載。246回目となる今回は、都バス旅、そしてホワイトアスパラ&鯛について。

* * *

都バスに1日乗り放題の500円チケットも

あっ、と思ったときは走り去ったあとだったり、バス停に泊まっていても、どうしてもの用事があったり。そんなわけでまだ一度も乗れてない水素で走る燃料電池の都バス。

水素で走る都バス

2018年春、3台が走り出したと聞いた”水素バス”だけど、最近、けっこうな頻度で見かけるなと思っていたらただ今、38台! ああ、もう、何で乗れないのよ。

「コミさん」こと、直木賞作家の田中小実昌さんは晩年、都バスばかり乗っていたそうだけど、やむに止まない放浪癖を、手近で治めようするとき、都バスほど良い乗りものはないよ。

さらに1日乗り放題のフリーチケット500円を買えば、都心を制覇したも同然よ。と、鼻の穴をふくらませる64歳ってどうなのと、チラッと考えないではないが、まあ、聞いて。

おそすめの路線が「虹01」である理由

バス遊びの快楽はどの座席に座れるかにかかっているんだよね。車内がどんなに混んできてもまったく関係ない、最後尾、端の席に陣取れたら最強よ。

で、おすすめの路線はと聞かれたら、昔は「浜松町駅前からレインボーブリッジを渡って東京ビッグサイトに行く『虹01』」と答えていたけれど、残念ながら廃止になってしまったの。その代わり、「お台場レインボーバス」(kmバス)が品川駅からお台場を結んでいて、天気のいい日なんか最高よ。

さっき、「最後尾、端の席に陣取れたら最強」と書いたけど、運転席の後ろのひとり席(現在は感染対策のためこの席は利用できない)に乗ってレインボーブリッジを渡るのはベラボーにブラボー!

どれほどパラダイスかというと、こんな感じよ。先日、たまたま乗せてもらった車でレインボーブリッジを渡ったんだけど、助手席から撮った写真がコレ。

都バス最長路線は青梅車庫から花小金井北口駅行きの「梅70」。いつか踏破してやろうと目論んでいるんだけど、これもまだ果たせないでいる。

池袋から浅草方面に行く路線も、文京区の山手から『あしたのジョー』にも登場した「泪橋」を通ったりして、いい感じよ。

なんたってバス乗りのキモは、ぼーっと窓の外を眺めて、この世の見物人になること。日常から「いちぬけた」して考えごとをするに、こんな素晴らしい環境はありませんぜ。

と言いつつ、時節柄、それができない。不要不急の外出の極みだもの。

ホワイトアスパラ750円をエイッと購入

こんなときに考えるのは、食べもののこと。先日、近所の高級スーパーをのぞいたらホワイトアスパラガスが750円で売っていたの。税込とはいえ750円か~と悩みそうになったけど、とっさに「ストップ!」と私。

悩んだら買えない。ホワイトアスパラガスは今が旬。悩んだら一年、見送るしかない。それ、かなりもったいないよ。

というわけで、エイッとつかんで、その日のうちにフライパンで茹でて、オリーブオイルに塩、こしょう。

ああ、なんてうまいんだ!

その翌日、今度はとあるところから、3枚におろした鯛がクール便で送られてきたの。

さっそく田舎からの友だちF子にメールをしたらその日のうちに取りにきて、半分こ。

鯛

これまたベラボーな美味しさで、ひと口ごとに天にも登る気持ちよ。

わが半生を振り返ると、ピンチになるとステキな巡り合わせやラッキーが天から降ってくるんだけど、それは食べものに限る。

そりぁ、やせないわっ!

オバ記者(野原広子)

オバ記者イラスト

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。一昨年、7か月で11kgの減量を達成。

●【245】24歳下男子とオペラデート、彼の喜ぶ姿に「うれしい」

●【244】“バイト帰りウォーキング”と380円サラダバーでヘルシー生活

→オバ記者の過去の連載はコチラ

関連記事