【月齢ダイエット】温活で痩せ体質に。1月20日「蠍座の下弦の月」はデトックスを

人気占い師、キャメレオン竹田さんが「月のリズム」に合わせたダイエットを提案。1月20日は、「蠍座の下弦の月」。老廃物を出し切るためのデトックスと子宮を温めることを意識して。

tristan3d110400145.jpg - the moon with all phases during a month

写真/アフロ

* * *

月は約1か月の間に新月→上弦の月、満月→下弦の月と変化し、満ち欠けを繰り返しています。このリズムは私たちの体に影響を与えているといわれていて、月の満ち欠けと同様に、私たちの体も太りやすくなったり、痩せやすくなったり…。だからこそダイエットは月のリズムを意識することが成功につながりやすいんですよ。

新月、上弦の月、満月、下弦の月の各タイミングで実行すると効果的なことをお伝えしますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

溜まった有害物質や毒素の排出を

1月20日は「蠍座の下弦の月」。まず「蠍座」というのは、私たちの誕生月とは関係なく、月が蠍座の位置にあるということを表しています。

下弦の月_20161221キャメ

そして下弦の月は、満月から新月へのちょうど真ん中のタイミングで半月状態に。このあとは三日月になり、そして新月(月がほとんど見えない状態)になっていきます。

月が細くなっていく…という現象と同じように、私たちの体も「痩せやすい」状態になるので、この時期は頑張りどきですよ!

デトックス効果があるお茶で痩せ体質に

特に「蠍座」は排泄のための大切な器官である、腎臓、尿管、膀胱などの泌尿器とリンクしているので、デトックスを課題にするのがいいでしょう。

デトックスティー_20170120キャメ

この時期のティータイムは、コーヒーやジュースをやめて、ローズヒップティー、ルイボスティーなどのデトックス効果のあるお茶に切り替えてみるといいでしょう。今はデトックスのためのブレンドハーブティーなんかもありますよね。

ところで私たちの体はそんなに毒素が溜まっているものなのでしょうか?

実は大気汚染、食品添加物などの影響で、知らず知らずのうちにたくさんの“有害物質=毒素”を取り込んでしまっているそう。これが血を汚してしまうので血液の流れが悪くなり、代謝が鈍ってしまい、ダイエットの大敵に!

ちなみに食べ過ぎやストレス、運動不足も“老廃物=毒素”が溜まりやすくなるので、血を汚してしまう原因になります。この機会にデトックスを意識して痩せやすい体に変えていきましょう!

【この時期には温活も重要。ベストの方法は?】

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...