眠るだけで8kg減!睡眠で“キレイ”を作る「うっとり美容」のススメ

「美は自律神経を整えることから」を掲げ、ナイトケアアドバイザーとして活躍中の小林麻利子さん。

MarikoKobayashi

良質な睡眠で“キレイ”を実現する「うっとり美容」を指導する小林さんだけれど、20代の頃はストレス太りで、体がボロボロだったとか。そんな彼女が運動や食事制限なしに8kgの減量を達成し、美肌を手に入れることができた秘訣を教えてもらった。

* * *

実は約10年前の私は今よりもなんと8kg太っていました。社会人になって上京、就職。男性に負けまいと朝から晩まで休みなく働き続けて、気づけばストレス太りで体がボロボロ。

寝ていても、熟睡することができずに眠りが浅く、スッキリとしない日々。目に入るものがすべてグレーに見えるかのように、鬱々とした日々を過ごしてきました。

kobayashi_ariko_debu

約10年前の小林さん

そんな状態が限界に達し、3日間のお休みをいただくことに。そこで私は早く元気にならねばと、素人ながら睡眠や就寝前の過ごし方を見直したのです。

きちんと睡眠をとっただけで、8kgの減量を達成!

難しいことは何もしていません。「睡眠時間を確保し、起床時間を定め、就寝前に自律神経を整える習慣をつけよう」と心に決めて実行に移したのでした。すると休み明け4日目の朝には、視界に入る景色が鮮やかな色彩を放ちはじめたのです。

そんな生活を習慣化し続けた結果、ハードな運動や食事制限なしでスルリと-8kgのダイエットに成功しました。「睡眠をきちんととることはダイエットと密接に関係している」ということが自身の体験から実感できたのです。

実際にこれは科学的にも立証されています。32~59歳の男女8000名以上を対象としたコロンビア大学による疫学調査によると、4時間以下の睡眠時間者は7~9時間の人に比べて肥満率が73%高く、5時間の人では肥満率が50%高いのだとか。

また、30~60歳の男女1024名を対象としたスタンフォード大学の疫学調査で、5時間睡眠者は8時間睡眠の人に比べて食欲を亢進する「グレリン」というホルモンを14.9%増加させ、食欲を抑制するホルモンが15.5%減少する、とわかっているんです。

つまり人間が本来あるべき姿であるためには、規則正しい睡眠をとることはとても重要なことなのです。

【眠ることで“キレイ”を引き出す「うっとり美容」って?】

睡眠をきちんととるようになって、私自身、20代前半の頃よりもお肌のツヤが格段によくなりました。体も心も最高の状態に。毎日、快眠快便で、肩こりや頭痛に悩まされることもなくなりました。毎日、どんなことでも幸せに感じられるような心に生まれ変わることができたのです!

私の健康とキレイはすべて「睡眠」のおかげ。そこで、私はOLを辞め、現在のナイトヘアアドバイザーへの道へと進むこと決めました。

睡眠で“キレイ”を引き出す「うっとり美容」

uttoribiyou01

良質な睡眠時間が私が培ってきた「うっとり美容」の基礎。うっとりとする時間こそが、美しさを引き出す秘訣だと考えています。

でも、心に余裕がないと「うっとり」とすることなんてできませんよね? 例えば、PCの前での作業や外回りなどに追われ、肩はコリ、腕はパンパン。体のダルさから、なかなか寝つけなかったり、眠りが浅く寝起きが悪かったり…。

そんな今ドキ女子にはありがちな体のトラブルを解消するために、まずオススメしたいのは、「寝る30分前ストレッチ」です。

寝る前のストレッチが快眠を導く理由

疲れや運動不足が続くと、筋肉が収縮して固くなり、筋肉の中を通っている毛細血管を圧迫し、血行が悪くなります。血の巡りが停滞すると、筋肉細胞に酸素や栄養分を運べなくなり、さらに筋肉は硬直し、老廃物も溜まりやすい状態に。

Sleep_Stretch01

ストレッチをすることと、筋肉の柔軟性がアップして血液循環がよくなるので、「あ~気持ちいい」となるのです。

大阪大学の研究によると、気持ちいいストレッチをすると、「カルノシン」という筋肉でつくられるたんぱく質が少量放出され、肝臓・副腎・膵臓・腎臓の交感神経(=活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときに働く)の働きを低下させるそうです。さらに血圧や深部体温の低下も促すので、さらに寝つきが良くなるんですよ。

* * *

これからはじまる連載【眠活ダイエット】では、こうしたストレッチをはじめ、良質な睡眠をサポートし、あなたの美しさを引き出すお手軽メソッドをお教えします。ぜひ寝る前に取り入れてみてくださいね。

【関連する記事をチェック!】
【眠活ダイエット】年末年始の顔太りを解消する「うさぎストレッチ」
1日2セット×9日間で脱・お腹ぽっこり!おかもとまりも痩せた「猫のびストレッチ」
健康に痩せるカギは睡眠。7時間眠る「3・3・7睡眠」推奨
寝ダメで疲れはとれる?エイジングを避ける5つの睡眠習慣
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選

小林麻利子(こばやし・まりこ)

MarikoKobayashi02

京都府京都市生まれ。ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター。生活習慣改善サロン「Flura」を主宰。睡眠や入浴など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる、「うっとり美容」を指導。のべ約1000名の女性の悩みを解決し、現在は4か月先まで予約待ち。著書に『美人をつくる熟睡スイッチ』(株式会社G.B.)。公式HPは、http://fluraf.com/ 

関連記事