【63歳オバ記者のリアル】勇気を出して23歳年下男子を映画デートに誘ったら…

バツイチ独身のライター・オバ記者(63歳)が、趣味から仕事、食べ物、健康、美容のことまで”アラ還”で感じたリアルな日常を綴る人気連載。238回目となる今回は、「健康」「デート」「ひつまぶし」について。

* * *

診療所を三軒ハシゴして発覚したのは…

言ったことはやる。これ、人として当たり前のことだけど、それがなかなかできない、てか、おっくう。ずるずる一日先伸ばしにしているうちにタイムアウト。そんなことが年々、多くなってきた。そのくせ、おせっかいは止まらない。

桜

「最低限、区の健康診断は受けるべき。Nさんはお金持ちなんだから、自由診療で人間ドックを受けたほうがいいって」

まったくどの口が言うよ。私自身は昨年もその前もパス。さらに今年は絶対!と思っているうちに、期限が迫ってきて、ヤダ、明日までじゃない! さぁ、どうする。

と、切迫つまった翌日。軒並み「予約でいっぱいでーす」と断られた健康診断を、引き受けてくれた内科医があったの! さっそく行ったその足で、耳鼻科、眼科と、神田駅周辺の診療所を三軒ハシゴ! 私、すごくない?

理由はひとつ。N氏に大口を叩いた手前、自分がズルケたらかっこ悪いって、それだけなんだよね。結果、命ぴろいしちゃった。眼科で緑内障と白内障が見つかり、放っておいたらヤバいことになっていたの。診療所に行く途中、早咲きの桜が咲いている道があった。視力を失ったら、その景色も消えるんだなと思ったら、ゾッとしたわよ。

映画に誘ったのは俳優で人気シンガーのカレ

その数日後、渋谷で映画『すばらしき世界』を観た。法務省のお役人で元刑務官のI氏が、「刑務所のシーンがすごくリアル。いい映画ですよ」と熱く語るのを聞いて、「観る~っ」とその気になったものの、映画を観るのは10年ぶり。いざとなると腰が重いったらない。

オバ記者と佐々木純平氏

と、そのとき、ピコーンとひらめいたの! そうだ、ミュージカル『レ・ミゼラブル』にも出演した、”カラオケ100点おじさん”の佐々木淳平氏を誘おうか、と。

これを思いついたとたん、体中に熱い血が巡りだしたんだから、われながら呆れるわ。

淳平氏は、ただの40男じゃない。YouTubeのチャンネル登録者数約15万人で、歌を配信すれば数分後に争うように書き込みが集まる人気シンガーで、俳優として舞台経験も豊富。コロナ禍じゃなければ、映画に誘う勇気は湧かなかったと思う。

『すばらしき世界』は、いやいや、こんなに気持ちよく泣ける映画ってあったかしら。と、映画通でもない私が言うのもナンだけど、6割の入りの客、本編が終わってキャスト、スタッフの名前が流れているのに、誰ひとり席を立たないのよ。

「いやあ、いい映画でしたね~」

淳平氏もそう言いながら、なかなか立ち上がらない。

で、渋谷の老舗台湾料理店で、感想会。刑務所から13年ぶりにシャバに出た、元ヤクザの、実話を元にした物語だけど、主役の役所広司がいかにいい俳優か。

「キレるまでが、ヤバいくらい自然なんすよね」と、演者の視線で淳平氏が語れば、私は長澤まさみが演じたテレビプロデューサーのヤクザっぷりに感心。で、結局、「西川美和監督、すげー」に落ち着く。

88歳の建築家と”うなぎランチ”

その数日後、今度は10年前に末期がんの宣告を受けながら、いまだに酒、タバコをやめない88才、建築家のO氏とうなぎランチをした。

ひつまぶし

「でさ、そのケチな歌舞伎役者から、どうやって設計料を取ったの?」

親世代のO氏は、「冥土の土産」と言って、聞いたら何でも話してくれる。だけど面白すぎて、危なすぎて、人に話せないのが難なんだわ。

と、息子代わり、父親代わりとは、充実の春を過ごしたけど、それはそれ。次はど真ん中、ストライクの同世代のボーイフレンドと、むふふ!(妄想)

オバ記者(野原広子)

オバ記者イラスト

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。一昨年、7か月で11kgの減量を達成。

●【237】老健に入所中の母ちゃんが高熱…夕焼けに感じたある気持ち

●【236】私の理想郷、秋葉原に住んで5年…きっかけはメイド喫茶

●【235】春が来た!? 23歳年下男子とハチ公前から「清正井」へ

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

関連記事