ライザップ×ファミマのコラボ新作は、糖質50%オフのカップ麺

「RIZAP(ライザップ)」×「ファミリーマート」のコラボシリーズに、糖質を抑えたカップラーメン2種が登場。

rizap-miso

2017年1月10日(火)にラインナップに加わったのは、「RIZAP 辛味噌ラーメン」(268円)と「RIZAP 生姜醤油ラーメン」(205円)。

「RIZAP 辛味噌ラーメン」は、糖質量22.4gで279kcal。濃厚な味噌スープに隠し味のトウガラシが癖になりそうな仕上がり。

「RIZAP 生姜醤油ラーメン」は、糖質量13.0gで180kcalとさらに糖質もカロリーも控えめ。優しい味わいの鶏スープがベースで、生姜が体を中から温めてくれるそう。

rizap-shoyu

1食当たりの糖質量を一般的なカップラーメンの半分に抑えている秘密は、食物繊維などを配合したノンフライ麺。これにより歯切れのいい食感と、白米一膳(糖質量58.9g)よりも低い糖質量を実現しているのだとか。

すでに発売されているラインナップで人気商品は?

「RIZAP(ライザップ)」×「ファミリーマート」は、2016年11月に第1弾を発売。パンやデザート、焼き菓子を中心にした9品を揃えた第1弾は、発売わずか16日間で累計販売数が300万食を越えたという。

rizap-chees

第1弾のラインナップでいちばん人気は、糖質オフを感じさせない濃厚な味わいの「RIZAP チーズケーキ」(170円/217kcal)。天然由来の甘味料、羅漢果(ラカンカ)を使うことで、糖質量を8.5gに抑えている。

デザートの中では「RIZAP ほろにが珈琲ゼリー」(198円)が、糖質量4.1g(エリスリトールを除く)・94kcal、とシリーズ中もっともカロリー、糖質ともに低い。甘さ控えめの味わいも、罪悪感を軽減してくれそう。

rizap-bran

また、「小麦ふすま(ブラン)」を使った「ブランロール」(110円/115kcal)もオススメ。小麦の外皮である「小麦ふすま」は、小麦粉に比べて低糖質で、食物繊維や鉄分、カルシウムなどのミネラルが豊富。主食の選択肢として、おさえておきたいところ。

「RIZAP(ライザップ)」×「ファミリーマート」コラボ商品はいずれも数量限定。忙しいけれどダイエットを継続したいとき、スイーツがどうしても食べたいときに、上手に取り入れて。

【データ】
ファミリーマート「RIZAP(ライザップ) 辛味噌ラーメン」「RIZAP 生姜醤油ラーメン」
発売日 :2017/01/10(火)
販売価格:「RIZAP 辛味噌ラーメン」268円(糖質量22.4g)、「RIZAP 生姜醤油ラーメン」205円(糖質量13.0g)
販売店舗:ファミリーマート、サークルK、サンクスの全国店舗※一部、店舗によって販売のない商品あり
RIZAP COLLECTION | ライザップコレクション

【関連する記事をチェック!】
太りにくいコンビニ菓子。ケーキよりゼリー、「糖質0」に注意
コンビニで買える麺類で太らぬコツは、カップ麺+卵+サラダ
ダイエットの味方!味もボリュームも満足できるヘルシースナック12選
お菓子はダイエットの敵ではない?間食の「悪習慣」5つをチェック
食べてキレイになる!ジャン=ミッシェル・モルトローのビューティショコラ

FEATURE

さらに見る

You might also like...