六角形の先端でナチュラル眉が簡単。最新アイブロウペンシル【山本浩未のメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、眉を描くのが苦手な人でも簡単に描けるアイブロウペンシルを教えてくれました。

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「質感がホクホクで描きやすいペンシルです!」

* * *

「ちょこっと眉山」が今年のトレンド

眉の描き方に悩んでいる人、多いですよね。特にマスク生活では、眉がメイクの“肝”。そのせいか、春の新商品は眉アイテムが充実してます。

やっぱり、皆さんがいちばん使いやすいのはペンシルだと思うので、今回は進化したTHREEの『アドバンスドアイデンティティ アイブラウペンシル』をご紹介しますね!

「眉用のペンシル」といっても、先端の形だけでも、極細、楕円、斜めカットといろいろ。さらに質感も硬い、柔らかい、パウダリーなど多種多様です。THREEのペンシルの質感は、PRの人いわく「ホクホクした感じ」(笑い)。「ホクホクって??」と思うかもしれませんが、試してみると確かにペンシルとパウダーの間くらいのホクホク感! 外はパウダリーなんだけど、中はちょっとしっとりと、流行りのお菓子みたいな質感なの。

そして先端の形は六角形。角で細くも描けるし、面で太くも描きやすい。独特の質感プラス六角形の角で、フワッとした感じにちょっとタッチがつくという、いい感じの眉が仕上がるわけ。

描くときの形は、「ちょっと太めのストレート」というのは変わりませんが、ちょこっとだけ眉山を作るのがトレンド。大人の場合、眉山を作るっていうとガクンとなりがちだけど、それはNG。ストレート眉を描いて最後にちょっと眉山に角をつけるくらいの気分で仕上げると、今年っぽいですよ。

少しの色味の違いで印象が大きく変わる

色は全5色。同じブラウン系でも、ちょっとずつ色のニュアンスが違います。素眉になじみつつ、それぞれの色のニュアンスがちゃんと出るし、色味もおしゃれ。私たちくらいの年代は、アイブロウの色味は濃淡ブラウンとグレーの3色くらいだと思いがちですが、今はすごく色のバリエーションが豊富。そんなに細かく必要? と思うかもしれませんが、色のニュアンスってほんの少し変わるだけで、顔の印象がすごく変わるんですよ。

私は髪が赤いので赤みのある色がしっくりくるのですが、ベーシックにおすすめするなら素眉に近いグレイッシュな04。もともとの眉の色って黒ではなくグレーなので、地の眉毛に近い色の方が描きやすいんです。

「眉メイクは苦手だからしてない」という人もいるかと思いますが、眉が素のままだと老けて見えちゃう。ちょっと形や質感のニュアンスをプラスするだけで、すごくあか抜けて見えますよ。

眉が苦手な人の中には、ずっと同じものを使いつつ、実は「これ!」というアイテムに出合えていない人も多いのでは? 化粧品はどんどん進化しているので、ぜひ、新アイテムも試してみてください!

独特な質感と芯先でナチュラル眉が簡単に描ける

アドバンスドアイデンティティ アイブラウペンシル 04

しっとりとパウダリーの相反するテクスチャーを両立。なめらかな描き心地で、思い通りの眉が描ける。全5色。アドバンスドアイデンティティ アイブラウペンシル 04 3500円/THREE https://www.threecosmetics.com/onlineshop/products/detail/poi-0405009

※女性セブン2021年2月11日号
https://josei7.com/

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『たるみはメイクでなくせます!「3本の線」で顔を建て直す』(小学館)も好評。

●お得感満載!コスメデコルテの人気美容液が限定大容量サイズで登場【山本浩未さんのメイクのメ】

●美容賢者おすすめプチプラコスメ20選|リップ、アイライナーなど”安いけど実力派”がズラリ

●50代以上におすすめプチプラコスメ|化粧下地、ファンデーションなど人気の17品

→【メイクのメ】の過去の連載を読みたいかたはコチラ

関連記事