帰宅後すぐに衣類の除菌や花粉症対策!『加圧式除菌脱臭スチーマー IGGI(イギー)』【スマート家電レビュー】

まだまだ除菌グッズが手放せない。そんな私たちの心強い味方になりそうなグッズが“来日”しました。今回おすすめするのは『加圧式除菌脱臭スチーマー IGGI(イギー)』です。

加圧式除菌脱臭スチーマー IGGI本体

除菌効果の高い加圧式スチーマー

一般的に、衣類スチーマーは、スチーム(蒸気)を当てることで衣類のシワを伸ばしたり消臭したりします。本製品はそうした機能も搭載しながら、独自の技術によりウイルスや生きたダニ、花粉などの物質を除去する効果が特徴です。その秘密は、「加圧式」にあります。

家電ライターの田中真紀子さんが解説します。

「電源を入れて約2分30秒。この間にスチームをぐんぐん加圧していくことで、高温、かつ高圧の非常に細かい霧状のスチームが発生します。微粒なスチームが繊維の中に入りこみ、繊維の目を整え、シワを伸ばします。アイロンと違い、衣類から少し離した状態でスチームを当ててスチームでシワを伸ばすので、ウールやカシミヤ、シルク、レーヨンなどのデリケートな生地でも傷みにくいんです」(田中さん・以下同)

◆除菌効果や花粉の除去は立証済み

そして、気になる除菌効果は、独立研究機関のお墨付き。

加圧式除菌脱臭スチーマー IGGIでぬいぐるみにスチームをかけている

「同社が独自開発した『ドライマイクロファインスチーム(DMS)』という微粒なスチームが、繊維の奥のウイルスや細菌に届き、99.9%除菌(※)花粉・ダニ由来アレルゲン物質も除去する他、殺ダニ効果、脱臭効果も発揮することが、独立研究機関による試験で実証されています。すべてのウイルスや細菌に効くとは言えないようですが、除菌が欠かせない今、重宝すること間違いないでしょう。特に、化学物質に頼らずに除菌したい人には最適ですね」

<注釈>
※独立研究機関にて実証試験を実施。詳細はlaurastar.jpをご覧ください。全てのウイルス・細菌に効果があるわけではありません。
• ウイルス除菌試験:奈良県立医科大学、Microchem Laboratory
• 細菌除菌、カビ菌除菌、スチームによる殺ダニ試験:Scitec Research SA
• 花粉・ダニ由来アレル物質除去試験:ITEA株式会社 東京環境アレルギー研究所
• 脱臭試験:工学院大学

では、実際の使用感はどうでしょうか。5つの視点からジャッジしていただきました。

【使用感】スチームの勢いはパワフルで衣類のシワは伸びるが…

田中さんは、まず見た目のデザインを高評価。

加圧式除菌脱臭スチーマー IGGI一式

「日本メーカーの衣類スチーマーとは異なる、海外メーカーらしい形。一見、衣類スチーマーには見えないデザインは、世界的なデザイン賞(『iFデザイン賞』と『レッドドット・デザイン賞』)を受賞しているだけあって、カッコいいです。

使い方はさほど難しくなく、付属の注水用ボトルで本体に水を注入したらコンセントを入れ、約2分30秒後に立ち上がります。多くの衣類スチーマーは通常20~30秒なので長く感じますが、加圧パワーを溜めていると思うと、必要な時間と割りきれます。また重さも1.08kgとやや重めですが、持ち手部分に滑り止めがついているため、握りやすいです」

では、衣類スチーマーに求められる“シワ伸ばし”の効果はどうでしょうか。衣類スチーマーは、スチームの量が多く、勢いが大きいほどシワが伸びやすいと言われていますが――。

加圧式除菌脱臭スチーマー IGGIで衣類にスチームをかけている手元

「立ち上がり後、トリガーを引いてみると、スチームがパワフルに噴射。加圧式ではない衣類スチーマーに比べると、スチームの量は膨大で、勢いもパワフル。スチームで洋服が揺らぐほどです。おかげでシワはしっかり伸び、衣類が濡れたり湿気たりすることもありません。このシワ伸ばしの力については、他製品と同等に感じました。また残念な点は、勢いがあるとはいえ、スチームの吹き出し口が狭いため、当てられる範囲も限定的で、何度も噴射する必要があります。決して、効率的がよいとは言えません」

一方、除菌力の点では――。

「除菌力については、非常に魅力的。一般的な衣類スチーマーも除菌や脱臭はうたっていますが、噴出してから対象物に届くまでにスチームの温度が下がるため、ウイルスの除菌をうたうものはほとんどありません。ところが本製品は、100℃以上の高温スチームを発生するので高温のまま対象物に届き、ウイルス除去が可能になっています。ウイルス対策には活躍しそうですね」

【手軽さ】使うタイミングは忙しい朝より帰宅後に

本製品はコードレスではないため、電源がついた状態でどこにでも持ち運べるわけではありません。でも、その点を除けば、手軽さに難はないといいます。

加圧式除菌脱臭スチーマー IGGIをスーツケースに入れいている手元

「使い方は通常の衣類スチーマーと大きく変わらず、操作も簡単です。立ち上がり時間が約2分30秒と長いので、朝の忙しいときに使うというより、帰宅後に着ていた衣類やカバンに吹きかけて、シワを伸ばしながら除菌や脱臭といった衣類ケアに使うといいでしょう」

デザイン性にも優れているので、帰宅後に使えるように、玄関に置きっぱなしにしてもいいかもしれません。

【時短】時短より除菌を求める人に向いている

立ち上がりまでは約2分30秒。他のことをしていればあっという間に経つ時間ですが、他の衣類スチーマーが、約30~40秒と1分未満であることを考えると、やや長めに感じます。

「正直、“時短”度は低いですが、“+αのウイルス対策”としては秀逸。多少立ち上がりまで時間がかかっても、効果を求めたい人には向いているといえるでしょう」

【コスパ】衣類スチーマーではなく、除菌効果と考えれば◎

価格は、税込で2万9800円。一見、高額のようですが…。

「約3万円という値段は、一般的な衣類スチーマーに比べると3~5倍とずば抜けて高い。ただ、単に衣類スチーマーと考えると高いですが、ウイルスの除菌効果や花粉対策を考えれば、1台あると安心です」

【意外性】ウイルス除菌ができる小型衣類スチーマーとしては世界初

「一般家庭が衣類で使えるように小型化した、除菌機能搭載の加圧式スチーマーは、実は本製品が世界初。薬剤を使わず除菌できるのも、ナチュラル志向のかたには嬉しいですね。衣類はもちろん、スチームを当てても問題ない素材のリュックサックやバッグ、ヘルメット、そしてドアノブなどにも使えます。なかなか除菌や消臭できないものに使いたいです」

これからの季節は、花粉症対策にも大活躍しそうです少々値は張りますが、外からウイルスや花粉を持ち込ませたくない家庭には、手放せない製品になるかもしれません。玄関に1台、どうでしょうか。

【データ】
Laurastar(ローラスター)社 (日本販売代理店:シロカ):『加圧式除菌脱臭スチーマー IGGI(イギー)』
販売価格:2万9800円(税込)
販売場所:家電量販店、楽天市場、AmazonなどのECサイト ほか
https://www.laurastar.jp/index.html

この人に聞きました:田中真紀子さん

家電ライターの田中真紀子さん

白物家電・美容家電を専門とするライター。雑誌やウェブなどの多くのメディアで、新製品を始めさまざまな家電についてレビューを執筆している。

取材・文/桜田容子

●収納スペースが倍増!? 掃除機がいらないモバイル型衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』【スマート家電レビュー】

●ソファの下も立ったままお掃除!シャークのコードレス掃除機『EVOPOWER SYSTEM FLEXモデルCS501J』【スマート家電レビュー】

●ふたの開閉、ゴミ袋の密閉、次の袋のセットが全自動で!『townew スマートトラッシュボックス T Air X』【スマート家電レビュー】

【スマート家電】の記事をもっとチェックしたいかたはコチラ

関連記事