人気のウェルネス滞在とは?「ザ・プリンス パークタワー東京」断食プランでリゾート気分&疲れた体を整える

在宅時間が長くなるコロナ禍では、つい食べ物へと手が伸び、慢性的な運動不足にも陥りがち。「最近、体が重い」「なんとなく不調」という悩みを抱えるかたも増えているのでは?

何を隠そう私もそのひとり。そんな中、目に留まったのが、ザ・プリンス パークタワー東京が提案する「ウェルネス滞在」。今回は、数あるプランから、1泊2日の断食プランを旅行ジャーナリストの村田和子が体験し、紹介します。

「ザ・プリンス パークタワー東京」

芝公園の緑の中に、東京タワーと並んで建つザ・プリンス パークタワー東京。客室にはバルコニーがあり、風を感じながら素晴らしい眺めを独り占めできます。ちょっぴりつらいイメージがある断食も、この環境なら心のパワーチャージをしつつ、楽しく頑張れそう!

* * *

邸宅のようなパーソナルなロビーでチェックイン

芝公園に囲まれた緑あふれる地にそびえるように建つザ・プリンス パークタワー東京。地上33階建ての建物は、近くの東京タワーと背比べをしているかのよう。エントランスをくぐると、邸宅のような心地よいフロントで、笑顔のスタッフに出迎えられチェックイン。

「ザ・プリンス パークタワー東京」ロビー

※チェックインでは、断食プランの注意事項を聞き、同意書にサインをする

◆疲れた胃腸を休める入門的な断食プラン

今回は断食といっても、1泊2日の滞在。医学博士や管理栄養士が監修した食事を頂きながら、疲れた胃腸を休め、日頃の生活習慣を見直すという入門的なものなので、初心者でもチャレンジしやすいのが魅力です。

チェックアウトは15時と、まる1日滞在ができ、温泉やプールなど館内施設の利用もプランに含まれるので、ワ―ケーションとして利用、仕事をしながら体のメンテナンスをするのもおすすめです。

断食の舞台は、絶景広がるパノラミックツインルーム

今回は、19階から28階に位置するパノラミックツインルームに滞在。

「ザ・プリンス パークタワー東京」パノラミックツインルーム

入った瞬間に、窓に広がる空と景色にテンションがあがります

広さは38平米と広々、ガラス製のおしゃれなデスクは窓を向いて配され、これは仕事もはかどりそうです!

「ザ・プリンス パークタワー東京」パノラミックツインルーム

ソファスペースもあるので、本を読んだり、映画を見たり、過ごし方は思いのまま

バスルームはシャワーブースが独立したタイプで、浴槽はブロアバス。ぽこぽこと泡に囲まれたお風呂タイムも楽しみ!

「ザ・プリンス パークタワー東京」パノラミックツインルームバスルーム

今回のプラン向けに体重計と、プリンスホテルオリジナルのアメニティ「ASAGI」のトラベルセットもセッティングされています。

「ザ・プリンス パークタワー東京」パノラミックツインルーム「ASAGIのトラベルセット」

通常のアメニティ(奥)に加えて、「ASAGIのトラベルセット」(3300円、手前)もプランに含まれる

まずはスパ&フィットネスで自分の体を知る

ホテル周辺の芝公園を散策したら、その足でスパ&フィットネスへ。ザ・プリンス パークタワー東京には、天然温泉もあり、プールやジムなども、断食プランなら自由に利用ができます。

「ザ・プリンス パークタワー東京」プール

水着やウェアなども無料で貸し出しをしてくれるので、手ぶらで行けるのもうれしい

ただし、チェックイン時の案内によると断食中は強い運動はNG。体調と相談し軽めのメニューを心がけましょう。

◆体組成計で自分の体脂肪率や筋肉量などをチェック

私が訪れた目的は2つ。1つはジムの体組成計で、体脂肪率や筋肉量などを測定すること。1泊2日の断食では劇的な数値の改善は期待できませんが、測定し自分の体を知ることで、断食へのモチベーションもあがります。

「ザ・プリンス パークタワー東京」体測定

私は自分が思っていたよりも基礎代謝量も高く、筋肉量も標準。ただ下半身の筋肉が弱く、左右のバランスが悪いというのが問題のよう。

「ザ・プリンス パークタワー東京」体測定結果

結果はプリントアウトしてくれる。気になっていた骨量も標準範囲内

そしてもう1つの目的が天然温泉。天井が高く広々とした温泉は気持ちよく長居したいところですが、断食中なので早めにきりあげて客室へ。

「ザ・プリンス パークタワー東京」天然温泉

芝公園の1600mの深さから汲みあげた温泉は、ナトリウム-塩化物強塩温泉で、神経痛、筋肉痛などの効能があります

18:00~恭しく運ばれてきた夕食は117kcal!

夕食、朝食、昼食の3回の食事は、すべてルームサービスで提供されます。あらかじめお願いをしていた18時すぎにベルが鳴り、白いクロスのかかったテーブルを恭しくスタッフが運びいれ好きな場所へセッティングをしてくれます。

「ザ・プリンス パークタワー東京」パノラミックツインルーム見える夜景

レインボーブリッジも見える夜景は、何よりもご馳走!

メニューは、ホット豆乳チャイ、ハーブティー(カモミール)、炭酸水で、計117kcal。水分のみのメニューなので、何から頂こうかと迷いますが、炭酸水で代謝を促してから、チャイやハーブティーで体を温めつつ代謝をサポートするのがおすすめとのこと。

私は温泉後に水の補給をしていたので、温かいものから頂くことに

チャイは、大豆イソフラボンなど抗酸化成分のある豆乳に、血行を整える作用があるというシナモンやしょうが、そしてはちみつを加えたもので、ほのかな甘みとしょうがのスパイシーさがマッチして美味しい! ポットで提供されカップに淹れると1杯ちょっと、大事に味わっていただきます。ハーブティーは、19時からオンラインの会議に参加しながら、たっぷり2杯を頂きました。

炭酸水

※炭酸水は私は入浴後の水分補給としていただきました

◆胃を休めることで味覚が敏感に

炭酸水も、ゆっくり味わうとほのかな甘みを感じるなど、味覚が敏感になってきているのを感じます。水分だけの夕食でしたが、しっかり水分をとることで、空腹が気になることはほとんどありません。

23時すぎ「お腹が少し減ったなあ」というタイミングで、ベッドへもぐりこみます。隣接する徳川家にゆかりの深い増上寺では、朝のお勤めが6時にあるということ。参加すべく目覚ましを5時にセットし、おやすみなさい。

滞在した部屋は違う方面でしたが、東京タワーも目の前

朝食を頂いたら、運動に歴史ある周辺を散策

翌朝、目覚ましで起きるとまだ暗く、気力もいつものようにいかないのは、断食のせいかな? 結局、無理せず朝のお勤めはやめて、ゆっくりと起床することに。

朝のお勤めはスキップも、客室から朝日が昇る様子を見ることができました

7時半、部屋のベルが鳴り、まちにまった朝食の時間です。

ザ・プリンス パークタワー東京」断食プランの朝食

メニューは、お湯、100%のリンゴジュース、ハーブティーで合計110kcal。

新聞も届けられて優雅な朝時間

昨晩のように、たんぱく質はなく、お湯で体を温めたら、リンゴジュースを少しずつ、気が付けば30分かけて飲んでいました。

ゆったりとハーブティーを頂いたら、少し運動をしようと散歩へ行くことに。

◆徳川将軍家ゆかりのある場所を巡る

ホテルから芝公園を抜けて、まず向かったのは都内で現存する最も古い神社だという芝大神宮。

白い鳥居の芝大神宮

白い鳥居の芝大神宮。創建は1005年と1千年以上の歴史がある

大門

駅名にもなっている「大門」、初めて実物を見ました

そして、徳川将軍家にゆかりの深い、浄土宗 大本山 増上寺へ参拝し、11時半からのお勤めに参加しました。美しい読経は、コロナ終息の願いもこめられ、本当に早く平和な日々が来るようにと手を合わせます。

重要文化財 増上寺 三解脱門

重要文化財 増上寺 三解脱門。煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門

大殿

現在、大殿は屋根瓦の葺き替え工事中。参拝は可能で、朝、昼、夕方と3回のお勤めには誰でも参加できます

境内にある安国殿では、一筆写経をすることができ、収めた写経は供養し、特別な御朱印も授かれます。(一筆写経500円)

御朱印

こちらも境内にある徳川将軍家の墓所へ。長く続いた徳川の時代にあやかり、平和な世の中になるようにと祈り、ホテルへと戻ります。

徳川将軍家の墓所入口

徳川将軍家の墓所入口。中も公開されています

最後のランチは、ホテルらしく華やかな米粉パンケーキ!

早いもので断食もまもなく終わり。ランチは「せっかくホテルで過ごすのなら華やかなイメージで心の栄養補給も」という監修者の配慮で、回復食として、米粉のパンケーキ、オレンジジュース、ハーブティー(ミント)という内容。白湯を頂いたら、いよいよ食事へ。

グルテンフリーの米粉のパンケーキ

グルテンフリーの米粉のパンケーキは休まった胃腸に優しい。

ほうれん草とクルミのパンケーキは、食感の違いや素材の味もしっかりと感じられて美味。3枚それぞれ味が異なり、抗酸化成分たっぷりの緑黄色野菜やナッツ、ドライフルーツを加え、アンチエイジングに必要な栄養素を補給できるといいます。メープルシロップも添えられているのですが、自然な甘みで十分!

「ザ・プリンス パークタワー東京」パノラミックツインルームパンケーキ

※時間とともに変わる美しい景色は心の栄養に。長く過ごす客室なので眺望のよいパノラミックツインルームはおすすめ

量は回復食としてはかなり多いので、無理をせず腹八分目でストップ。私は半分ほどでお腹いっぱいに。

最後はミントティーを頂きながら、ゆったり客室で過ごして15時にチェックアウト。

お気に入りのフロントで

◆家で効果を実感…お通じや肌の調子もいい感じに

今回の断食プランの効果を感じたのは、家に帰ってから。常に何かを食べている悪しき習慣から解放され、水分をたっぷりとる癖がつきました。家にいても食べすぎることなく、お通じも順調、肌の調子もいい感じです。

他にも、コロナ禍の悩みに応じたウェルネスプランがあるので、お好みで試してみてはいかが?

ザ・プリンス パークタワー東京は、絶景が楽しめるレストランもあり、リフレッシュや記念日滞在にもおすすめです。

フロント階には、断食プランには誘惑の多いホテルオリジナルのショップも

「ザ・プリンス パークタワー東京」クラブラウンジ

人気のクラブラウンジは、東京タワーの展望台が目線の高さ

【データ】

「ザ・プリンス パークタワー東京」
〒105-8563 東京都港区芝公園4丁目8-1
アクセス: 都営大江戸線 赤羽橋駅より徒歩2分/三田線 芝公園駅より徒歩3分
https://www.princehotels.co.jp/parktower/

料金:断食プラン~心と体をリフレッシュ(1泊2日)
2名1室ひとり 2万8300円(税・サ込)~/1名1室ひとり 4万4600円(税・サ込)~
※本文のパノラミックツイン利用の場合
2名1室ひとり 3万6400円(税・サ込)~/1名1室ひとり 6万900円(税・サ込)~
※滞在には以下のものが含まれます
・バルコニー付き客室滞在(レイトチェックアウト:15時)
・医学博士・管理栄養士監修の3食(夕・朝・昼)のインルームダイニングメニュー
・プリンスオリジナルスキンケアプチトラベルキット「ASAGI」(3300円相当)
・「スパ&フィットネス」滞在中利用無料
※2月20日~2月22日限定で、「セミナー付き週末断食2泊3日プラン」を開催。2名1室ひとり 6万6800円(税・サ込)~。
https://www.princehotels.co.jp/parktower/plan/danjiki2020_goto/

※その他ウェルネスプランもあり
http://bit.do/wellness_park

■「大本山 増上寺」(ホテルから徒歩3分)
https://www.zojoji.or.jp/
■「芝大神宮」(ホテルから徒歩7分)
http://www.shibadaijingu.com/index.html

旅行ジャーナリスト・村田和子

村田和子さん

旅行ジャーナリスト。「旅を通じて人・地域・社会が元気になる」をモットーに、旅の魅力を媒体で発信。宿のアドバイザー・講演なども行う。子どもと47都道府県を踏破した経験から「旅育メソッド(R)」を提唱、著書に「旅育BOOK~家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ(日本実業出版社・2018)」。現在は50歳を迎え、子どもも大学生となり、人生100年時代を楽しむ旅を研究中。資格に総合旅行業務取扱管理者、1級販売士、クルーズアドバイザーなど。2016年よりNHKラジオ『Nらじ』月一レギュラー。トラベルナレッジ代表。(https://www.travel-k.com/)旅ブログも行っている。(http://www.murata-kazuko.com/)

●コロナ禍の都会でリゾート気分!国立競技場の目の前で自然とアートの旅「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」

●東京で日本各地の美食と世界のゴルフコースを堪能…コロナ禍でも楽しめる「フレイザースイート赤坂東京」

●日本旅館「星のや東京」で記念日トラベル|東京のど真ん中地上160mでプライスレスな体験

関連記事