食べて若返りたいなら時短で作れる「ポークソテー 根菜のハニージンジャー添え」【市橋有里の美レシピ】

新しい年の始まりである1月は、またひとつ歳を重ねることを実感しやすいタイミングでもあります。コロナ禍の今、健康であるのはもちろんのこと、今年こそ「もっと痩せたい!」「筋肉をつけたい!」「シミ・シワをなくしたい!」など、美にまつわる新年の誓いを立てた人も多いのでは?

市橋有里がレシピ考案した「ポークソテー 根菜のハニージンジャー添え」

とはいえ、「今年こそ頑張ろう!」という気持ちも少しずつ薄れてくる頃。そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんが、簡単に作れて、健康意識も美へのモチベーションもアップする、アンチエイジングや冷え対策に効果的な美レシピを伝授。

そろそろアンチエイジングに本腰を入れたいライターFが徹底レポートします。

栄養たっぷり!食べ応えも満点のパワープレート

――おいしそう! 食べ応えもありそうですね。

市橋有里がレシピ考案した「ポークソテー 根菜のハニージンジャー添え」

有里:1人分につき豚肩ロースを1枚使うレシピなので、ボリューム満点! でも、野菜もしっかりとれますし、栄養バランスもバッチリの1皿です。

――お肉がメインのとき、合わせる野菜はサラダ一辺倒になりがちなので、こんなキレイな色の根菜のグリルはマネしてみたいです。ハニージンジャーソースもおしゃれでいいですね。

有里:しょうがや根菜には体を温める効果があるので、寒い季節には根菜のグリル、おすすめです。

紅芯大根、かぶ、しょうが

――彩りがいいと、食欲もそそられるし、気分もあがりますね。

有里:クレソンの緑やキャロットラペのオレンジなどもいいですが、今回はちょっと新鮮な色味の野菜を選んでみました。この鮮やかなピンク色には、年齢を重ねてきた女性には特にうれしい栄養がたっぷり詰まっているんですよ。

――それはステキ! 楽しみです!

《材料》(1人分)※調理時間目安15分

市橋有里がレシピ考案した「ポークソテー 根菜のハニージンジャー添え」材料

ごぼう…1/2本 かぶ…1/2個 紅芯大根…1/4本 豚肩ロース…1枚 【A】[オリーブオイル…大さじ1 ホワイトバルサミコ…大さじ1 はちみつ…大さじ1 しょうがのすりおろし…小さじ1 塩、こしょう…適量]

《作り方》

【1】 水に浸けてアク抜きしておいたごぼう、かぶ、紅芯大根を食べやすい大きさに切り、豚肉は包丁で切れ目をいれたあと、塩、こしょうをしておく。

豚肉

【2】 フライパンにオリーブオイル大さじ2(分量外)を熱し、ごぼう、紅芯大根、かぶの順にさっと焼く。

【3】 【A】を混ぜ合わせたボウルに【2】を取り出し、マリネ(和えて)しておく。

紅芯大根、かぶ、ごぼう

【4】 豚肉の両面をこんがりと焼き、器に盛り付け、【3】を添える。

アンチエイジングや免疫力アップに!紅芯大根のピンクは抗酸化力の証

――紅芯大根、外見はかぶのように見えますが、中身はこんなに色鮮やかなんですね。

紅芯大根とかぶ

有里:はい。文字通り芯の赤い紅芯大根は、お料理に彩りを与えてくれますし、栄養もたっぷり詰まっているので、旬のこの時期に食卓に取り入れてみてほしい野菜のひとつです。

――普通の大根とはどう違うのでしょうか?

有里:紅芯大根は、一般的な大根と比べて味が少なく、食べやすい味わいです。また、水分量も少なくコリコリとした食感を楽しめるので、焼いたり揚げたりして肉や魚料理に合わせたり、サラダや漬け物にしたりするのに向いています。

――なるほど!

紅芯大根、かぶ、ごぼう

有里:また、紅芯大根には「アントシアニン」という強い抗酸化力をもつ成分が豊富に含まれているので、活性酸素の除去、つまりアンチエイジングや免疫力アップに効果が期待できるという特徴があります。

――「アントシアニン」は確か、目にもいい成分ですよね。白い大根には含まれていないのですか?

有里:紅色の正体でもある「アントシアニン」は、紅芯大根ならではのものです。でも、白い大根にも、ビタミンやミネラル、食物繊維など栄養がたっぷり含まれています。

今回はグリルにしましたが、大根おろしや漬け物として楽しむときには、白い大根と合わせて紅白の彩りや風味の違いを楽しむのもおすすめですよ。

――いいですね! さっそくスーパーに行ったら紅芯大根を探してみます!

味付けにもこだわって、一皿で効率よく栄養摂取!

――ごぼうとハニージンジャーが意外に好相性で驚きました。

ごぼう

有里:私にとってごぼうは、体が重いな、デトックスしたいなと感じたときの定番。そして、疲れを感じたときには豚肉が欠かせなくて。ハニージンジャーソースは、これらをおいしく1皿にまとめて楽しみたいときに重宝するんです。豚肉にもたっぷりかけてもおいしいですしね。

――食欲をそそるしょうがの香りとはちみつの甘味のバランスが絶妙で、お肉にも合うおいしさですよね。

ハニージンジャ―ソース

有里:はい。疲れたときには甘味がほしくなるので、はちみつで糖分を補給しつつ、疲労回復に効果的なビタミンB1たっぷりの豚肉で体を労るのがおすすめです。

豚肉

――疲れていると、ついついインスタントに手を出してしまいたくなったりしますが、そんなときこそ、きちんとした食事ですね。

有里:無理をしないことも大切ですが、できるだけ、体の声を聞きながら食べるものを選べたらいいですね。デトックス効果のあるごぼう、アンチエイジングに効果的な紅芯大根、体を温めてくれるしょうが、疲労回復を促す豚肉を一皿で楽しめるこのレシピは、見た目ほど時間も手間もかからなくて栄養満点なので、疲れたときにもおすすめですよ!

市橋有里がレシピ考案した「ポークソテー 根菜のハニージンジャー添え」

――おいしくて、食べ応えもあって、これだけいろいろな効果が期待できるパワープレートなら、疲れたときでも頑張って作ろうって思えます。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございます!

有里:こちらこそ! 美容と健康のために何よりも大切なのは、継続すること。日々の食事で少しずつ体のバランスを整えられるのが理想です。簡単・時短で効率的に栄養を摂れるおいしいレシピをどんどんストックしていきましょう!

今回のポークソテーは、ちょっとボリュームが多いと感じるときには、お肉の量を減らして、代わりにじゃがいもやさつまいものソテーを添えたり、玄米を添えてワンプレートごはんにしたりするのも“アリ”だと思います!

* * *

市橋有里がレシピ考案した「ポークソテー 根菜のハニージンジャー添え」

京都のお漬け物などで知られる紅芯大根は、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が豊富で、アンチエイジングの強い味方。

食物繊維たっぷりでデトックス効果のあるごぼうや体を温めるしょうがと一緒に、疲労回復を促してくれる豚肉のソテーに添えれば、文句なしのパワープレートに。自宅で食事をすることが多いこの時期に、トライしてみてはいかがでしょうか?

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●お正月太りは食べてスッキリ!ヘルシー時短メニュー「デトックス ミネストローネ」【市橋有里の美レシピ】

●チーズを使わないチーズケーキ!?アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ【市橋有里の美レシピ】

●時短で!餅をヘルシーに食べる「もっちりオニオングラタンスープ」【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

 

関連記事