飲みすぎた次の日は何を食べる?むくみ対策におすすめの食べ物&レシピ

糖質ゼロのアルコールを選ぶなど、工夫をしてダイエット中でも、お酒を楽しんでいる人も最近は多いです。

乾杯する女性

Ph/Getty Images

でも、つい飲みすぎてしまったときにはリカバリーも重要。そこで、ごはん(糖質)を食べる量を3日間サイクルで変える「3Days糖質オフダイエット」で17kgの減量に成功した、ボディメイカー・JUNさんの食習慣を参考にしてみたい。

お酒を飲む日があっても体形はしっかりキープしているJUNさんが教えてくれた、飲みすぎた日のあとの過ごし方とは? また、翌日におすすめのレシピもJUNさんの著書『3Days糖質オフダイエット ビジュアルブック』(学研)から紹介します。

→「3Days糖質オフダイエット」のやり方はコチラ

* * *

飲みすぎた翌日のJUNさんの過ごし方

お酒は好きなので、多いときはハイボールを6〜7杯飲むこともあります。もちろんお酒は糖質ゼロのものをチョイスしています。

そして、飲んだ翌日はやっぱりむくみが気になるので、水分をしっかり飲むようにして、野菜など食物繊維の多いものを意識的に食べるようにしています。アボカドやキウイなど塩分の排出を助けてくれるものや、オクラやめかぶといった糖質の排出を助けてくれるネバネバ系の食材も取り入れますね。あと、糖質や油っぽい食事は控えます。

「しじみみそミネストローネ」のレシピ

しじみで肝臓の働きをサポート。即席みそ汁で作ることができるのが時短ポイント! 糖質は1人分あたり8.8g、たんぱく質量は4.1g、脂質4.9g。

「しじみみそミネストローネ」

『3Days糖質オフダイエット ビジュアルBOOK』(学研)より

「マッシュルームはパウチや缶詰のものを使ったり、しめじやエリンギなど自宅にあるきのこで代用したりしてもいいですね。糖質量に気をつけつつ、自分がやりやすいアレンジをするのが無理なく続けるコツです」

《材料》(1人分)

しじみのみそ汁(即席)…1個 玉ねぎ(1cm角)…1/8個(20g)、マッシュルーム(半分に切る)…4個(40g) オリーブオイル…小さじ1 低糖質ケチャップ…大さじ2 水…150ml

《作り方》

【1】鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、マッシュルームを炒める。
【2】玉ねぎがしんなりしたら、低糖質ケチャップを加えて炒め合わせる。
【3】水、しじみのみそ汁を加えて温める。

3Days糖質オフダイエット ビジュアルBOOK

教えてくれた人:JUNさん

ボディーメイカー・JUN

撮影/八木英里奈

ボディメイカー。10代の頃ダイエットに目覚めるも、間違った食事制限などで幾度となくリバウンドを経験。28歳のときに人生最大の体重68kgを記録し、師となるトレーナーの指導の元、正しいトレーニングや食事法を勉強。その後ベストボディジャパン横浜大会でグランプリを獲得するほどの美痩せに成功。翌年には「3Days糖質オフダイエット」にたどり着き、3か月で-17kg、体脂肪率-16%を達成し、ベストボディ・ジャパン金沢大会、ベストボディUSA大会でグランプリに。現在はトレーナーとしてダイエットに悩む人を指導している。最新著は『3Days糖質オフダイエット ビジュアルBOOK』(学研)。インスタグラムアカウントは@jjfitness44

●砂糖や小麦粉は使わず低糖質のもので代用!糖質制限ダイエットに役立つ調味料&食べ物

●糖質2gなのに食べ応え抜群!片栗粉を使わない「厚揚げのみぞれあんかけ」レシピ

●コンビニ食材だけで作る簡単ダイエットレシピ5選|【JUNの#コンビニオンリー糖質オフ飯】まとめ

関連記事