お餅をヘルシーにアレンジ。切り干し大根で栄養たっぷり「もちもち大根もち」【市橋有里の美レシピ】

今年も残すところ、あと数日。コロナ禍に見舞われた2020年でしたが、さまざまな環境や価値観の変化によって、生活習慣の見直しや健康意識アップにつながったというかたも多いのでは? 2021年も引き続き、withコロナの時代の中で、健康管理や健康促進は大きな課題となりそう。

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、自宅にある食材やお正月に余りがちな食材でパッと作れる、ヘルシーレシピを直撃!

2021年も妥協することなく、ヘルシーとおいしいの両立を追い求めたいライターFが徹底レポートします!

もちもち食感が病みつきに!おつまみにもおすすめのお手軽レシピ

――クリスマスが終わると、もうすっかり気分はお正月ですね。

有里:日本は特にクリスマスが終わると一気に和のムードに変わりますよね。そこで今回は、自宅で過ごすお正月にピッタリのヘルシーレシピをご紹介したいと思います!

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」

――お餅を使ったヘルシーレシピ、うれしいです!

有里:今年のお正月は自宅で食事をする機会が増えるぶん、お餅が食卓に登場する機会も増えそうなので、ヘルシーなお餅のアレンジレシピは重宝すること間違いなしですよ!

――楽しみです!

《材料》(2人分)

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」材料

切り干し大根…30g 切り餅…2個(しゃぶしゃぶ用だと切りやすくてよい) 桜えび…15g (お好みで青海苔、ごま…適量) 【A】[片栗粉…大さじ3 鶏ガラスープの素…小さじ1 砂糖…小さじ1/3 しょうゆ…小さじ2/3] ごま油…小さじ1と大さじ1

《作り方》

【1】 切り干し大根をさっと洗って水につけ、柔らかくなるまで戻し、軽く水気を切っておく。

【2】 【1】と切り餅を細かく刻み、桜えびと調味料【A】を加えてよく混ぜる。

【3】 フライパン(卵焼き器)にごま油を熱し、【2】を入れ、平らにして弱火で焼く。アルミホイルをかぶせ、片面が色よく焼けたら、ひっくり返して両面をこんがり焼く。焼けにくい場合は、水少々を加えて蒸し焼きにする。

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」を作っているところ

【4】 【3】を食べやすい大きさに切り、お好みでからしなどをつけて食べる。そのままでもOK。

お餅だけで食べるより断然ヘルシー!切り干し大根の栄養価

――切り干し大根って、見た目は地味だけどおいしいですよね。

切り干し大根

写真/アフロ

有里:私も大好きです。そのほとんどが水分の大根を干して作られる切り干し大根は、栄養がギューッと凝縮されているので、栄養価が高く、質量が小さくなっているぶん量も食べやすいので、効率的に栄養を摂ることができます。

――なるほど! 切り干し大根を食べると、どんな栄養を摂ることができるのですか?

有里:切り干し大根に含まれる栄養の中で特に豊富なのは、食物繊維とカルシウムです。食物繊維は水分を吸収すると膨らむため、少量でも満腹感を得やすいですし、便通改善も期待できます。

また、カルシウムといえば牛乳を思い浮かべるかたも多いかと思いますが、切り干し大根なら、カロリーや脂肪分を抑えながらカルシウムを摂ることができます。

――切り干し大根にはもともとヘルシーなイメージがありましたけど、ダイエットにもよさそうですね。

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」を作っているところ

有里:はい。こうして切り干し大根と一緒に食べると、お餅の量が少なくても満足できますし、足りない栄養も補えるので、お餅を単体で食べるのに比べてずっとヘルシーになります。

――ステキ! 余ったお餅のリメイクにもいいですね!

有里:はい、おすすめです。切り干し大根には代謝を促すビタミンB群も豊富なので、ダイエットや美肌のサポートにも役立ちますし、鉄分が豊富なのもうれしいポイント。私も現役の頃から、鉄分の補給源として切り干し大根を常備していました。

――お餅だけだと栄養バランスの偏りやカロリーが心配なので、このヘルシーなアレンジレシピはとても魅力的!

桜えびや青海苔などトッピングでさらにバランスアップ!

有里:今回は、見た目にもより華やかになるように桜えびを加えましたが、青海苔やごまを合わせてもおいしいですし、風味や食感だけでなく、栄養もプラスしてくれるのでおすすめです。

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」

――なるほど、それはいいですね。

有里:例えば、桜えびは、彩りと香ばしさを添えてくれるだけでなく、カルシウムの他にビタミンB群やたんぱく質、ミネラル、抗酸化作用のある「アスタキサンチン」などが豊富に含まれていますからね。

――自宅にストックされていることの多い食材で、手軽に栄養をプラスできるのはうれしいですね。他に何かおすすめはありますか?

有里:刻んだ長ねぎを加えたり、ポン酢とねぎだれにつけて食べたりするのもおすすめです。ねぎはビタミンCも豊富ですし、殺菌作用のある「ネギオール」という成分も含まれているので、風邪予防にも有効です。

ポン酢

写真/アフロ

――ポン酢とねぎだれで食べるのもおいしそう! お正月からヘルシーな食生活を送れたら、一年のよいスタートが切れそうです。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございます!

有里:こちらこそ! お餅は日本のお正月の風物詩。太るからとやみくもに敬遠するのはもったいないので、組み合わせや食べ方を工夫して、ヘルシーに楽しみたいですね。

噛めば噛むほどおいしい切り干し大根の旨味ともちもち感が病みつきになる大根もち、薬味を添えておつまみとしても“アリ”だと思います!

市橋有里がレシピ考案した「もちもち大根もち」

* * *

大根のおいしさと栄養が凝縮された切り干し大根は、もちもちのお餅と相性抜群。一手間加えることで、お餅をよりヘルシーに楽しむことができます。

桜えびや青海苔、ごま、からしや七味、ポン酢など、トッピングや薬味次第で違った味わいを楽しめるのも魅力。お餅を食べたいけど、栄養バランスやカロリーが気になるとき、お餅の食べ方に飽きたときなどに試してほしい一品です。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●チーズを使わないチーズケーキ!?アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ【市橋有里の美レシピ】

●寒い季節も体の不調に負けない!揚げないから簡単「からしれんこん巻き」【市橋有里の美レシピ】

●年末年始に時短で!餅をヘルシーに食べる「もっちりオニオングラタンスープ」【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

関連記事