メイクが時短に!理想の眉を作るアートメイクを体験|どれだけもつの?など疑問を解説

“withコロナ”生活でマスクを付けて外出することが多くなり、目立つことが多くなった目元。マスクで隠せない部分をしっかりケアしたいとは思うものの、自分に似合う眉の形がよくわからない…という人も多いのでは?

マスク着用により目元への注目が高まっていることで、今まで以上に自分に合う美しい眉を求め、今回はライター・イワイがアートメイクに挑戦!

アートメイク施術中

アートメイクとは、眉の皮膚の浅い部分にニードルで色素を入れて染色するもの。プロの技術者が満足のいくデザインや色に施術してくれるそうだけど…いったいどんなことをするの? 体験してみてわかったアートメイクのメリットや施術内容などについて徹底リポート!

* * *

失敗したアートメイクの直しも可能?

アートメイクに興味はあるけれど、「安全面でのトラブルを耳にしたことがある」、「気に入らないデザインになったら?」と不安視する人も多いのでは?

実はライターも15年ほど前、学生時代に一度、眉のアートメイク施術の経験がある。当時、韓国でアートメイク施術を受けるのが流行っており、その波に乗って挑戦してみたのだが…色が濃くて、まるでイモトのようになってしまった。

アートメイクが未だに少し残っている女性

アートメイクが未だに少し残っている

色はだんだんと消えていったけれど、未だに少し残っているような気もする。本当に大丈夫なのだろうか。

そんな不安を抱えたまま、「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」へ。笑顔で迎え入れてくれたのは、看護師でメディカルアートメイクアーティストの北村久美さんだ。

北村久美さん

北村久美さん

この道28年、施術件数約1万件の豊富な知識と経験を持つベテランさんなのだそうで、なんだか安心して任せられそう!

◆失敗した経験から悩んで来る患者も多い

まずはカウンセリングから。北村さんに以前に施術した眉のアートメイクが残っているかも…と言ってみると、「確かに少し残っていますね。イワイさんのように、以前に多院やエステなどで施術して失敗した経験があり、悩まれて当院に来る患者さまも多いですよ」とのこと。

民間サロンで施術を受けるのは危険!?

そもそもアートメイクは、日本では医療行為。民間サロンで施術を受けるのは危険なのだそう。

施術前の医師とのカウンセリング

「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」では施術前に医師のカウンセリングが必須

「医療機関で医師、もしくは看護師が施術するアートメイクを『メディカルアートメイク』や『医療アートメイク』と呼びます。民間サロンは、低料金で施術を提供していることが多いですが、重大なトラブルにつながる恐れがありますので、気を付けてください」(北村さん・以下同)

◆メディカルアートメイクは衛生管理も徹底

「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」で行っているのは、もちろんメディカルアートメイク。肌に触れるものはすべて使い捨てで、衛生管理が徹底されているので安心! さらに眉を施術する際に痛みを感じる人には、専用の麻酔クリームもあるので、痛みを軽減できるとのこと。(※施術部位や施術方法により痛みの感じかたには個人差があり)

プロがデザインを提案してくれて、医療行為のため衛生面も◎。これなら安心して施術を受けることができそう!

カウンセリングでベストな施術方法を選ぶ

ちなみに、全く毛がない人、眉頭だけ毛がある人、眉毛は生えているけど全体にまばらで薄い人など、眉毛の状態は人によってそれぞれ。「クレアージュ 東京エイジングケアクリニック」では、メディカルアートメイク眉の施術方法は3種類あり、患者の眉毛の状態を確認し、悩みを聞きながらベストな方法を決めていくそう。

◆メディカルアートメイク眉の施術方法3つ

【1】パウダーグラデーション…ふんわりとパウダーでぼかしたように見える方法

【2】マイクロブレーディング…線で毛並みをつくり眉の形を表現する方法

【3】コンビネーション…パウダーグラデーションとマイクロブレーディングを組合せ

イワイは韓国でのアートメイク眉が薄っすら残っているため、カウンセリングを通して、【1】パウダーグラデーションで以前のアートメイク眉を隠しつつ新しいデザインをつくる方法で施術することに!

1回の施術で自然な眉になれる?病院に通う回数は?

「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」のアートメイクは、3回に分けて行う。初回のデザインは土台となるため控えめに作り、2回目、3回目と患者が担当の施術者に意見を交わしながら完成度の高い仕上がりに近づけていくのだ。回数を分けることで、より自然な眉毛をつくることが可能で、かつ施術直後の色が濃くて困った、などの際のダウンタイムをなくすことができるそう。

アートメイクカウンセリング

◆ペンシルで実際に顔に眉をデザインしてくれる

まずはデザインから。北村さんがペンシルで眉を書きながら、どんなデザインにするか実際に顔にデザインしてくれることで、どんどん自分に似合うデザインがわかってくるので、かなりワクワク! 眉のデザインが決まったら、この時点で不要な部分をカットしてくれる。

次に、眉の色の説明も。以前、真っ黒になってしまったので、色のことが一番心配だったイワイ。今回の施術方法のパウダーグラデーションでは、基本的に眉のアートメイクの色は、眉毛が太い人は暗めのブラウン、眉毛が細い人は明るめのブラウンにして、素顔のときに毛とアートメイクがなじむように調整してくれるとのことなので、またイモトになることはなさそう。さすが経験豊富なアーティストさん!

施術は痛い?施術の時間はどれぐらいかかる?

そしていざ施術へ…。あまり痛みを感じないと聞いていたけれど、私は眉周りの皮膚が薄いのか、針でチクチク刺されるような痛みが!

アートメイク施術中

「ちょっと痛いかもなぁ…」と思っていたら、北村さんも察してくれたようで、「もしかして痛みますか? 麻酔を塗ると痛みが軽減しますよ」とすすめてくださったので、お言葉に甘えて麻酔を塗ってもらうことに。

アートメイク用麻酔を受けている女性

◆施術は仰向けで行われ心地よい

麻酔が効いてきた頃にもう一度施術をしてもらうと、かなりへっちゃら。仰向けになっての施術なので、このまま寝てしまいそうな心地よさ…。

こうして初回の施術は1時間ほどで終了。きれいな眉の土台ができて、なんだかうれしい!

ちなみに、麻酔は効果が出るまでに30分ほど必要。2回目からは、30分前に来て、麻酔を塗ってからから臨むことに。

少しずつデザイン修正が必要。眉が完成するまでの期間は?

3度の施術は、2週間~1か月の期間を空けて通う。

アートメイク施術中

北村さんにアドバイスをいただきながら、少しずつデザイン修正ができるので、理想の形になるし、客観的に「こうした方が女性らしい、柔らかい印象になりますよ」などの意見をもらえて◎。自分に似合う眉って、自分じゃよくわからないですからね…。

◆30代以降はナチュラルな眉がおすすめ

こうして3度に渡って施術を受けて、できた眉がこちら!

アートメイク

北村さんによると、顔がきれいに見える眉の条件は「おでこ~眉」「眉~鼻」「鼻~あご」の部分が三等分になるように眉の位置を持ってくることと、顔が優しく、女性らしく見えるように、柔らかいカーブでナチュラルな印象の眉を描くことだそう。特に30代以降だと、ナチュラルな眉が誰にでも合いやすく、優しくて若い印象になるのだとか。

確かに、施術前と施術後を比べてみると、なんだか柔らかい印象になったかも。色味も素顔のときにちょうどいいし、うぶ毛や眉毛からはみ出た部分の毛をカットさえすれば、朝のメイクの時間も短くなりそうでうれしい。最初は迷っていたけれど、メディカルアートメイクの施術は喜びがいっぱいの体験に!

メディカルアートメイクは1~2年でリタッチが必要

メディカルアートメイクは1度完成すれば、終わりというわけではなく、個人差はあるものの徐々に薄くなっていくので1~2年でリタッチ(再施術)が必要。ただし、完全に消えることはないので、流行や顔立ちが年齢で変化することを考慮し、なるべく自然な形と色で入れたほうがよいんだとか。

気になる値段などアートメイクの疑問を解説

さらに、北村さんにアートメイクの疑問を聞いてみた。

◆アートメイク初心者におすすめの方法は?

アートメイク施術中

眉毛が太かったり、少なかったり、形が左右対称でなかったり…誰でも施術は受けられるのだろうか? そんな不安を持つ人は、まずは無料のカウンセリングを受けてみてほしい、とのこと。

無料のカウンセリングを誰でも受けられるので、まずはWEB上のカウンセリングフォームから予約して、一度来院して相談するのがおすすめだそう。

北村さんによると、最近は母娘で来る人も多いのだとか。三者面談的に、双方の意見を聞けるので、本人の疑問を無くして、違和感や意見を反映して施術ができるので満足度も高くなるそう。1人で行くのが少し不安な人は、家族や知人に付き添ってもらってもいいかも。

◆眉毛以外に施術できるパーツはあるの?

「汗や水でも落ちない」「メイクが楽になる」などの理由で眉毛、アイラインの施術が人気とのこと。

また、リップラインや乳輪、眉の傷跡、ものもらいの跡などコンプレックスを解消するために施術する人も多いのだとか。傷跡や手術跡、皮膚の色素が薄くなってしまった部分など、気になるところも相談できる。

◆“お値段”はどれくらい?

眉は2~3回施術で10万円前後、アイライン(上または下)は2~3回施術で5~6万円前後。リタッチの場合は、通常、1回あたりの施術費用が安く設定されているとのこと。

なので、アフターフォロー料金などの制度がきっちりとしているクリニックを選ぶのがとても重要だそう。クリニックによって、料金システムが違うのでよく調べてから慎重に決めて。

費用はそれなりにかかるが、さまざまな面でメリットのあるアートメイク。迷っているならば、まずはカウンセリングだけでも受けてみるのがおすすめ。

【データ】

「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」
https://www.womenshealth-tokyo.com/

アートメイク専用サイト
https://artmake-clinic.com/

取材・文/イワイユウ

●暦28年のプロ直伝!マスク美人になれる眉毛の整え方&書き方|描く際のおすすめはプチプラペンシル

●時短メイクのコツ|ベースメイク(ファンデ)からアイシャドウ、眉毛までお手軽に!

●ナチュラルに仕上がる眉毛の書き方|ペンシルはジェルタイプがおすすめ【山本浩未さんのメイクのメ】

関連記事