手紙のマナーが変化!コロナ禍ならではの最新文例2パターン&作法の基本

コロナ禍が覆い尽くした2020年。この一年で仕事形態をはじめ、価値観や生活様式までガラリと変わった。さまざまな常識が覆される中、マナーもこれまで通りとはいかない。

現代礼法研究所代表の岩下宣子さんは、「これまでのマナーは“人と会うこと”を前提としたものでした。ところがいまは人と気軽に会えません。それを踏まえて、相手を思いやることが大切です」と語る。

白い便箋と黒いペンと花

新時代のマナーは?(写真/アフロ)

対面が難しければ電話や手紙を

対面であいさつができない場合は、電話や手紙で近況を伝えるのもよい。

「相手のために時間を割くことで心が伝わりますので、メールよりも、電話や手紙がおすすめです。電話なら声のトーン、手紙なら筆跡や筆圧でも、こちらの状況が伝わります」(岩下さん・以下同)

◆コロナ禍で在宅する時間の変化も

個人宅に電話をする場合、朝や食事時間帯は避けること。これまでは15~17時、19~21時がおすすめとされたが、コロナ禍で在宅時間が増え、食事時間が前倒しになるなど、相手の生活習慣が変わっているかもしれない。そういった状況の変化を頭の片隅においておこう。電話をかける前にメールなどで電話をする旨を伝え、都合のよい時間帯を聞いておくとベター。コロナ禍で増えている特殊詐欺の影響で、電話を警戒している人が多いことも考慮しよう。

手紙の最新作法の基礎知識3つ

■封筒や便箋

目上の人への手紙や、お願いごとをするような内容の場合、白い便箋と封筒がベスト。また、お悔やみの場合は、不幸が“重ならない”ように、紙が二重になっているものではなく、一重の封筒を選ぶこと。

■枚数と折り方

枚数は2枚が一般的。1枚しか書けなかった場合は、1枚のままで。白紙の便箋を重ねる人もいるが、本来は必要ない。封筒に入れるときは、下から3分の1を折り、上の3分の1を重ねて三つ折りにする。

■縦書きか横書きか

改まった手紙は縦書きで、英語表記や数字表記が多い場合は横書きでもいいが、そのときは縦書きのあいさつ状を添えること。

コロナ禍ならではの文章例2パターン

■親しい人向け

【1】親しい間柄は前文を省略。

【2】一緒に何かをした具体的なエピソードを入れるとよい。

【3】相手の幸せを願う一文を入れる。

【4】親しい間柄は「かしこ」で結ぶ。

【5】宛名は最後に入れる。

■目上の人向け

【6】目上には前文を入れる。

【7】コロナ禍のことは誰もが知っているので、あえて書かない。代わりに一緒に何かをしたエピソードを入れるとよい。

【8】お歳暮を贈った場合は、具体的な品名を入れる。

【9】近況や前向きな気持ちを加えるとよい。

【10】目上には敬具で結ぶ。

※女性セブン2021年1月1日号

●年末年始の挨拶に。岐阜発『レター提灯』がコロナ禍の今、ブーム

●コーヒーや紅茶を飲む際のマナー|ミルクや角砂糖はスプーンにのせてから入れるのが◎

●コロナ太り解消に!「緑茶コーヒー」など“飲むだけダイエット”4種を解説

関連記事