Googleがベスト10を発表!アメリカで2016年に流行ったダイエットとエクササイズって?

5位 Ketogenic Diet Foods(ケトジェニック・ダイエットの食材)

日本でも今年、注目を集めたダイエット方法。「ケトジェニック・ダイエット」は、「糖質オフダイエット」の進化系。糖質を断ち、脂肪をたっぷり摂ることで、“痩せ物質”のケトン体を活性化させる。脂肪分の多い食事は心臓病のリスクを高める、排尿の増加や口臭の悪化、疲労感、吐き気といった副作用の可能性がある、という反論も。

4位 Atkins 40(アトキンス・フォーティ)

アメリカ人のアトキンス博士が考案した「アトキンス・ダイエット」のヴァリエーションのひとつで、低糖質ダイエットの1種類。

メリハリボディを誇るセレブリティ、キム・カーダシアンが産後ダイエットに採用したことで、人気が再燃したよう。

アトキンス博士のダイエット方法は、1日に40gの正味炭水化物(あるいは、食材の炭水化物含量から食物繊維と糖アルコールを削ったもの)を摂取するのがポイント。長期的に続けると、心臓や腎臓に負担をかける、という批判あり。

3位 Military Diet Substitutes(ミリタリーダイエットの代替品)

このダイエット方法は、3日の“On”と4日の”Off”に分かれている。“On”の期間には1000kcal以下を摂取、“Off”の期間には1500kcal前後を摂取する。つまり、非常に低カロリーなのが特徴。

ブロッコリーやツナ、固ゆで卵、バニラアイス、ホットドックなどの18種類を食べてOK。とはいえ、食材の制限がかなり厳しいため、その「代替品」が検索順位3位になった模様。

2 位 Taco Diet(タコ・ダイエット)

タコスはアメリカ人が大好きな食べ物のひとつ。2015年12月に、30日間分のレシピを記載した『The Taco Cleanse(タコ・クレンズ)』という本が登場したのが、このランキングの理由と考えられている。

著者は、“ヴィーガンタコスサイエンティスト”と名乗る、テキサス州オースティンの“タコトピア”に住む4人。「普通の“クレンズ”は好きなものを食べることを禁止する。どうせなら大好きなタコスでクレンズしよう!」というのが彼らの主張。多くの米メディアがそのレシピを賞賛している。

1位   GOLO Diet(ゴロ・ダイエット)

キース・アブロー(Keith Ablow)とそのチームが開発したダイエットメソッド。個人に合わせた食事プランとエクササイズのガイダンスに従うことで、インスリンレベルを最適化しつつ、体に蓄積された脂肪を燃焼する。さらに、“Release”と名付けられたサプリメントを毎日摂取することで、食欲を抑えてくれるという。

「GOLO Diet」は30日間で39.95ドル、60日間で69.90ドル、90日間で89.85ドルでそのプランを販売している。90日間で20.6ポンドの減量に成功した例もあるというけれど、このランキング結果は、マスコミ報道によるところが大きいのでは? という意見も。

【ワークアウト&エクササイズのベスト10もチェック!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事