贅沢にチーズ使った簡単レシピ|チーズタッカルビなど人気4品[料理研究家・上田淳子さん]

寒い季節に食べたくなるクリーミーな味わいのチーズ料理。贅沢にたっぷりのチーズを使った人気レシピを、料理研究家の上田淳子さんが教えてくれました。

濃厚な味わいに「ふわっ」「カリッ」な食感と濃厚な風味をプラスした食べていて楽しいメニューばかり。簡単に作れて豪華な盛り付けなので、食卓がワンランクアップしますよ!※電子レンジは600Wを使用しています。

「トマトチーズパスタ」レシピ

トマトソースの酸味とクリーミーなチーズが絡み合う。

トマトチーズパスタ

<使うチーズ>

モッツァレラチーズ:ミルキーな香りと弾力が特徴。ちぎって使うとソースやドレッシングが絡みやすい。

《材料》(2人分)

モッツァレラチーズ…1個
バジル…2束
にんにく…1片
オリーブオイル…大さじ3
トマト缶…1缶
スパゲッティ…200g
塩・こしょう…各少量

《作り方》

【1】バジルは葉を摘んで刻む(飾り用に少しとっておく)。
【2】フライパンに叩いて潰したにんにくとオリーブオイルを入れ中火にかける。
【3】にんにくが色づき始めたら、トマト缶を入れて弱火で8分ほど加熱し、塩、こしょうで味を調える。
【4】鍋に湯2Lを沸かし、塩大さじ1 1/2(分量外)を入れてスパゲッティを袋の表示通りに茹でる。
【5】【3】に【1】を加えて軽く加熱し、器に盛ったスパゲッティにかける。
【6】ちぎったモッツァレラチーズとバジルをのせる。

「鶏肉のチーズはさみ焼き」レシピ

淡白な胸肉がジューシー&ボリューミーに。

<使うチーズ>

ベビーチーズ:肉やパンに挟んだり、角切りにしてサラダのトッピングにも。ピラフに混ぜてもおいしい。

《材料》(2人分)

ベビーチーズ…4個
鶏胸肉…2枚
塩・こしょう…各適量
ハム…2枚
小麦粉・オリーブオイル…各適量
ベビーリーフ…1袋

《作り方》

【1】鶏肉は皮を除き、麺棒などで叩いて厚みを均一にし、塩、こしょうで下味をつける。
【2】【1】に横から切り込みを入れ、中にハム、ベビーチーズを挟む。
【3】切り込みの口に小麦粉をつけて閉じ、全体にも薄く小麦粉をまぶす。
【4】フライパンにオリーブオイルを熱し、【3】を入れる。ふたをして弱めの中火で4~5分焼く。
【5】肉を裏返し、ふたをせず4~5分焼く。
【6】強火にして表面に焼き色をつけたら器に盛り、ベビーリーフを添える。

「チーズタッカルビ」レシピ

人気のひと皿がレンチンで完成!

チーズタッカルビ

〈使うチーズ>

ピザ用チーズ:くせがなく幅広い料理に合わせやすい。加熱して溶かす、混ぜるなどアレンジの幅も広い。

《材料》(2人分)

ピザ用チーズ…100g
鶏もも肉…1枚
玉ねぎ…1/2個
キャベツ…200g
さつまいも…100g
A[コチュジャン…大さじ2 しょうゆ…大さじ1 1/2 酒・ごま油…各大さじ1 白す
りごま…大さじ2 にんにく(すりおろし)…小さじ2]

《作り方》

【1】ボウルに1.5cm角に切った鶏肉、Aを入れて絡める。
【2】玉ねぎは1cm幅の輪切り、キャベツはざく切りにする。さつまいもは1cm厚さのいちょう切りにしてさっと洗って水けを切る。
【3】耐熱皿に2を広げて置き、【1】をのせる。
【4】【3】にラップをかけ鶏肉に火が通るまで電子レンジで8分ほど加熱する。
【5】ラップを外しチーズをのせ、さらに2~3分加熱する。

◆ポイント

チーズを具材に散らしている
チーズは具材に火が通ったら仕上げに散らす。さらに2~3分加熱することで、絶妙なとろけ具合になる。

「ダブルチーズサラダ」レシピ

もちもちとサクサク、2つのチーズ食感を楽しむ。

ダブルチーズサラダ

<使うチーズ>

スライスチーズ:薄いのでとろけやすく、料理にのせて焼き色をつけたいときにも便利。サクサクにすれば粉チーズ代わりに。
さけるチーズ:加熱すると伸びる特徴を活かして、揚げものにしたり、ちくわに入れて焼くのもおすすめ。

《材料》(2人分)

さけるチーズ…2本
スライスチーズ…2枚
グリーンカール…4枚
パプリカ(赤)…1/2個
貝割れ菜…1/2パック
A[酢…大さじ1/2 サラダ油…大さじ1 塩…小さじ1/3 こしょう…少量]

《作り方》

【1】グリーンカールは水にさらし、水けを切って食べやすい大きさにちぎる。パプリカは細切りにし、貝割れ菜は根を切り落とす。さけるチーズは食べやすい大きさに裂く。
【2】スライスチーズは1枚ずつオーブン用シートにのせて電子レンジで2分加熱し、冷ます。
【3】ボウルに【1】を入れ、Aを混ぜ合わせたドレッシングと和える。器に盛り、【2】を割って散らす。

◆ポイント

スライスチーズをオーブン用シートにのせている
スライスチーズはオーブン用シートに1枚ずつのせ、ラップをせずに加熱するとサクサク食感に。ピザ用チーズでも作れる。

教えてくれたのは:料理研究家・上田淳子さん

料理研究家の上田淳子さんの顔写真

料理研究家・上田淳子さん

スイスやフランスで料理の修業を積む。著書に『フランス人が愉しむ3つの前菜。』(誠文堂新光社)など。https://juncook.com/

撮影/岡本真直 撮影協力/AWABEES、UTUWA

※女性セブン2020年12月3日号
https://josei7.com/

●チーズ専門家が伝授!ラクレットで「低糖質ダイエット」を叶える方法

●生理中の不調にお悩みの人に!極旨スイーツ「レアチーズ豆腐」【市橋有里の美レシピ】

●チーズの選び方|低糖質ならカッテージ、カルシウム豊富ならパルメザンを

関連記事