【直居由美里の「風水と晩成運」】人間関係は全ての運気の基本。年賀状は相手に合わせた言葉を

今年も年賀状の季節がやってきた。ここ数年はSNSで済ませている、いつのまにか送らなくなった。という人も多いのでは。「人間関係はすべての運気の基本」と、風水建築デザイナーの直居由美里さん。年賀状を通じて人とのつながり方をもう一度考えてみませんか。

illustration/すみもとななみ

人とつながっていることが大切

年やクリスマスの挨拶はメールやSNSで済ませ、年賀状やクリスマスカードを送る人は減ってしまいました。なかにはまったく送らないという人もいるようですが、先方から送られてきたメッセージを無視するのは失礼です。 人間関係はすべての運気の基本です。具体的に助けてもらうことはなくても、人とつながっているという感覚がないと、足元が不安定になり長期的な展望も持てません。

◆年賀状は早めに準備して時間のゆとりをもって

何年もご無沙汰している人に、いきなり連絡を取ると先方に警戒される恐れがあります。そんなことにならないよう、日頃から「あなたのことを気にかけている」というメッセージを伝えておくのです。もし年賀状を出しているのなら、早めの準備を。年末が近づいてくると時間に追い立てられているようで、印刷したものをそのまま投函したり、決まり文句を書いてしまいがちです。時間にゆとりがあれば、相手に合わせた内容を考えるのも苦にならず、年に一度の近況報告でも、つながりの感覚を持つことができます。

もし年賀状が負担になってやめたいのなら、いきなり音信不通になるのではなく、今回の年賀状にその旨を書いて送りましょう。「年賀状じまい」「終活年賀状」と呼ばれ、ネットを検索すれば定型文もあります。メールやSNSのアドレスを書き添えておくと、負担にならない形で交流を続けられるかもしれません。

昔からの友人なら、誕生日にメッセージを送るのもいい方法です。年を取ると誕生日を祝われたくないという声もありますが、同年代ならお互い様です。プレゼント交換となると面倒に感じられても、メッセージなら喜んでもらえます。定型文ではなく、相手の顔を思い浮かべながら、これからの一年の幸せを願う言葉を選びましょう。

教えてくれたのは:直居由美里さん

風水建築デザイナー。風水を環境学(学問)として捉え、風水・気学・家相学などを30年以上にわたり研究。独自のユミリー風水を確立。近著に『2021九星別ユミリー風水』(大和書房)などがある。http://www.yumily.co.jp

※女性セブン2020年12月10日号
https://josei7.com/

●【直居由美里の「風水と晩成運」】運気上昇には入浴が吉 ゆっく浸かって厄を洗い流す

●62歳オバ記者、占い通り恋愛運爆上がり!“金と権力のある男”から…!?

●人気風水師がオススメする全国パワースポット31か所を紹介!

関連記事