キーワードは「レトロ」。2017年らしい新春の着物スタイル&メイクアップって?

大人世代はもちろん、若い人の間でも、「和の美しさ」への関心が高まっている最近。元旦や成人式、和の行事など、和装に親しむ機会が増えるこの時期、ぜひ着物のおしゃれを楽しみたいところ。

Shiseido_2017Kimono_Make01

そこで、資生堂のトップヘア&メーキャップアーティスト、鎌田由美子さんが2017年らしい着物×メイクアップを“レトロ”をキーワードに提案。

和装のときは、ヘアとメイクアップにも和の美意識を取り入れることが大切。流行を取り入れながら、自分らしく、上品で装いに合った“Kimono Beauty”を楽しむためのコツを、鎌田さんが解説する。振袖と訪問着、それぞれを素敵に着こなすコツを掴んで。

* * *

【振り袖編】トレンドのレトロモダンを華やかに、大人っぽく

Shiseido_2017Kimono_Make02

振り袖の2017年トレンドは、クラシカルモダンなデザイン。例えば、写真のような伝統的な手描き友禅の振袖。つややかなシャンパンゴールドの地に大輪の牡丹と鉄線(てっせん)が映える大人っぽいデザインです。毘沙門亀甲の華やかな帯で格調高くまとめています。

着物の柄や帯・小物などに使われている配色を、口紅やアイメイクに取り入れると、全体がバランスよく調和します。今回は、透明感のあるツヤ肌とふんわりぼかしたレッドのルージュで、フレッシュな透明感のある愛らしい印象に。

Shiseido_2017Kimono_Make03

ヘアは、振袖のういういしさを引き立てる新日本髪を選択。着物のシャンパンゴールドに合わせたコサージュをつけ、クラシカルな中にモダンな軽やかさを演出しました。

【メーキャップのポイント】01 リップ

Shiseido_2017Kimono_Make04

口紅は着物の花の色からレッドをピックアップ。唇の中央部分から広げるように口紅を塗り、チップを使って輪郭をソフトにぼかしてから、中央部分に重ねづけを。ふっくらと軽やかな唇に仕上げましょう。

【メーキャップのポイント】02 チーク

Shiseido_2017Kimono_Make05

チークはほんのりと少し高く広めに入れるのがコツ。頬の笑って高くなる位置から、やや上に向かって、目の下にふんわりとぼかします。さらにこめかみにむかって、薄くなじませて。

【メーキャップのポイント】03 アイメイク

Shiseido_2017Kimono_Make06

アイシャドーはまぶたに「柔らかな明るさと輝き」をプラスするだけ。漆黒のアイラインとマスカラで、澄んだ黒い瞳を印象づけて。

Shiseido_2017Kimono_Make07

【1】ベージュゴールドのアイシャドーをブラシにとり、アイホール全体にぼかす

Shiseido_2017Kimono_Make08

【2】黒のリキッドアイライナーで、上まつげの際に細くラインを入れる。目じりは自然にすっきりと描く。このとき、下まぶたのフレームラインを目安に、下がらないように注意。

Shiseido_2017Kimono_Make09

【3】アイラッシュカーラーでまつ毛をカール。黒のマスカラを根もとからたっぷりつけ、毛先に向けて丁寧にさばく。下まつ毛にもマスカラを忘れずに

POINT!

着物の柄、帯や小物などに使われている色を、口紅やアイメイクに取り入れると、全体のバランスが調和される。

shiseido_rougerouge

「資生堂 ルージュルージュRD501」 3888円/資生堂

今回使用した「資生堂 ルージュルージュRD501」(3888円)は、リッチでクリーミーなテクスチャーをもつ口紅。肌と一体化する独自の発色とフィット感で、肌色までも美しく見せ、すんなりとなじむ。

【レトロシックな訪問着で、しっとり着物美人に】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事