『青春の記録』パク・ボゴムは派手柄も難なく着こなす!おしゃれコーデ6選

9月よりNetflixで配信がスタートし人気となっている韓国ドラマ『青春の記録』。俳優になるという夢を持った青年、サ・ヘジュンと、メイクアップアーティストの卵のアン・ジョンハが繰り広げるヒューマンドラマで、アン・ジョンハ役は『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムが演じたことでも話題になっている。

そんな本作に主演するのが、サ・ヘジュン役のパク・ボゴムだ。彼は2011年にデビューした27歳。数多くの賞を受賞する演技派で、8月に入隊したことでも話題となった。そんな彼が近年公の場で見せたファッションをチェック! カジュアルからフォーマルまで華麗に着こなす人気者のコーディネートを見てみよう。

→パク・ソダムのファッションチェックはコチラ

シルエットが上品なキャメルスーツ

パク・ボゴム

写真:アフロ

主演ドラマ『ボーイフレンド』の記者会見では、キャメルカラーのダブルジャケットに身を包んだ。「Christian Dior Atelier」のもので、体のラインに沿ったタイトなシルエットがスマート。中に合わせた「白×黒」の総柄シャツは、1着で着ると浮いてしまいそうだが、ジャケットの中に合わせることでアクセントになっていた。(2018年11月21日)

唯一の柄物を足元に添えて

パク・ボゴム

写真:アフロ

『ボーイフレンド』の打ち上げパーティーに向う彼が、ファンにご挨拶。黒をベースにしつつ、シャツやソックスなどで白を投入してメリハリを着けたコーディネートだ。1月ということもありアウターは厚めで、ニットキャップをかぶっているのも印象的。上半身もパンツも無地で揃えているから、ブロックチェックのスリッポンが目を引く。(2019年1月24日)

私服でも貫き通すくるぶし丈!

パク・ボゴム

写真:アフロ

仁川国際空港に姿を見せた彼のエアポートルックがこちら。ステンカラーコートに、白いカットソーと色落ちデニム、レースアップスリッポンを合わせたカジュアルコーデだ。かなりシンプルでな組み合わせだが、コートのマスタードイエローが利いていてグッとファッショナブルに見せた。パク・ボゴムファッションの代名詞でもある(?)くるぶし丈のボトムもポイント。(2019年2月14日)

“上品カジュアル”がパクの流儀

パク・ボゴム

写真:アフロ

ファンミーティングのため香港に向かうパクが、空港で見せたカジュアルコーデ。「PRADA」の赤いニットを主役にして、そのほかのアイテムを白と黒でまとめたシンプルカジュアルだ。上半身もボトムもタイトなシルエットにしているから、カジュアルだけど決してゆるさは感じない。さらに、「HAUS GOLDEN GOOSE」のスニーカーが上品さに磨きをかける。(2019年3月14日)

白を組み合わせて清潔感たっぷり

パク・ボゴム

写真:アフロ

台湾で自身のファンミーティングに関する記者会見に登壇した際は、オフホワイトのダブルスーツをチョイス。中にボーダーのカットソーを合わせほんの少しカジュアルダウンしつつも、全体を白系でまとめ清潔感あるコーデに仕上げた。足元ももちろん白。ソックスの代わりに素肌をあえて見せ、春の訪れを感じさせた。(2019年4月5日)

ジャケットを目立たせた派手フォーマル

パク・ボゴム

写真:YONHAP NEWS/アフロ

「第55回 百想芸術大賞」に出席した際は、タキシードでビシッと。ギラギラとラメが輝く総柄ジャケットで、視線を独占した。ジャケットが個性的だから、中に合わせたシャツは白1色のシンプルなもの。蝶ネクタイも、あまり主張しないレギュラーサイズのセミバタフライにしてジャケットの引き立て役にした。スラックスのサイドには黒のラインが。ここでさり気なくアクセントをプラス。(2019年5月1日)

●『トッケビ』コン・ユは色を足さずとも華麗に!シンプルにまとめた“大人の男”コーデ6選
●『サイコだけど大丈夫』キム・スヒョンの美男コーデ6選|黒をベースに色やワンポイントで遊びを
●『梨泰院クラス』パク・ソジュンの男前ファッション、タイトボトム多めの7選
●『愛の不時着』ヒョンビン、がっしりボディが映えるモード&カジュアルコーデ6選
●『キム秘書』パク・ミニョンは小物類の配色もこだわりぬくファッショニスタ!

関連記事