林遣都、北村匠海、高良健吾、溝端淳平の4人が提案する個性派ジャケットコーデ【ファッションチェック】

メンズファッションの定番アイテム・ジャケット。芸能界のイケメンたちは、“コーデの顔”ともいえるジャケットで個性を出していた! 4人のジャケットスタイルに迫る!

北村匠海 一見シンプルなコーデだけど…

北村匠海

黒と白でパリッと決めた北村匠海。

北村匠海

ダブルのジャケットを好んで着ることが多い北村。この日はスリムなシルエットのダブルで壇上に姿を見せた。しかしダブルはダブルでも、ジャケットの前身頃にのみ襟がついているという一風変わったデザイン。また、サイドゴアブーツにも個性がチラリ。爪先部分にシルバーのプレートが付いていてさり気なく存在感を放っていた。

北村匠海

『第33回 東京国際映画祭』のオープニング作品となった『アンダードッグ』(11月27日)の出演者を代表し、セレモニーに出席した北村。武正晴監督らとともに同作をアピールした。(10月31日)

→コーデュロイのダブルで秋感漂う杉野遥亮はコチラ

高良健吾 柄物ツーピースでグッとカジュアルに

高良健吾

高良健吾も、ダブルのジャケットがお似合い。

高良健吾

ジャケットもスラックスも「ネイビー×白」のヘアラインストライプになっていて、ネイビー1色のツーピースよりもカジュアル寄り。また、中にはノーカラーシャツを合わせさらにカジュアルダウンさせていた。タイの代わりにプラスしたのは、ペイズリー柄のスカーフ。ジャケットより濃い色だから、シャツの下に入れ主張を少なめに。

高良健吾

『第33回 東京国際映画祭』にて、映画『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の舞台挨拶が開催。高良は、共演者の門脇麦、水原希子とともに登壇した。(11月5日)

→ピンストライプでフレンチスタイルにまとめた高良健吾はコチラ

溝端淳平 ノータイでも品よくワンカラーでまとめて

溝端淳平

黒一色のワンカラースタイルを見せた溝端淳平。

溝端淳平

ジャケットをよく見るとうっすらと格子柄がはいっている他、刻み目のないショールカラーになっていて、ほどよく個性を出した。これに合わせたシャツとスラックスはともに無地にして、あくまでも主役はジャケットに。ノータイだがシャキッとした品のよいコーデになっていた。

溝端淳平

溝端は、笑顔が輝いている著名人に贈られる『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020』を受賞。表彰式に出席し、報道陣に爽やかな笑顔を振りまいた。(11月8日)

→ショールカラーでフォーマル度が増したNAOTOのコーデはコチラ

林遣都 前身頃がコーデの印象を大きく変える

林遣都

黒でまとめた林遣都も、ジャケットに個性が光る。

林遣都

前身頃が大きく一見ダブルのように見えるが、実はワンボタンという特徴的なデザイン。タイやシャツの存在感がダウンするうえフロントにボタンが少ないので、コーデ全体がスッキリとした印象になっていた。また、スラックスにも注目。サイドに素材違いの黒のラインがはいっていて、ボトムにもアクセントをイン。

林遣都

『第33回 東京国際映画祭』にて、映画『私をくいとめて』の舞台挨拶に出席した林。「お芝居に吸引力があった」と共演者・のんについて語った。(11月5日)

→前身頃の大きな変化球ジャケットで決めた田中圭はコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/矢口和也、平野哲郎

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事