上白石萌音、水原希子はブルー系、のんはビビッドオレンジ!女優4人の秋ワンピコーデ集【ファッションチェック】

秋ファッションのカラーリングと言えば、ブラウン系やボルドーが浮かびがち。けれど、実はビビッドカラーや寒色系もぴったりな季節だ。そこで、芸能界の美女たちが着こなしたさまざまなカラーの秋ワンピをチェックしてみよう。

水原希子 背中が大胆に開いたロングワンピ

水原希子

サックスブルーのワンピで登場したのは、水原希子。

水原希子

背中が大きく開いたセクシーな1着だが、フロントを見るとスッキリシンプルなデザイン。首のつけ根に沿ったラウンドネックや、自然に生まれた裾のドレープが上品だ。バック側の裾が少し長くなっているのもポイント。足元はヌードカラーをチョイスしてワンピースを引き立てた。

水原希子

『第33回 東京国際映画祭』にて、映画『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の舞台挨拶に出席した水原。東京で必死に生き抜く地方出身女性・美紀を演じた。(11月5日)

→サックスブルーのワンピで決めた中村ゆりはコチラ

門脇麦 ロングブーツで秋らしさをゲット

門脇麦

門脇麦は、黒をベースにしたワンピースで登場した。

門脇麦

大きくプリントされた花が特徴的なミニワンピ。全体的にフレアで、袖周りがゆったりしているが、ウエストマークすることでシルエットが適度にスッキリ。さらに、黒のロングブーツを合わせることで露出を控えめにしつつ、秋らしさも手に入れた。

門脇麦

水原と同じく『あのこは貴族』の舞台挨拶に出席した門脇。本作では東京で生まれ育った箱入り娘・華子を演じている。(11月5日)

→総花柄でトータルコーデした小松菜奈はコチラ

のん “パール”を使ってバランスよくコーデ

のん

のんは、オレンジが鮮やかなワンピース。

のん

色の次に目が行くのは、胸周りを飾るパール。首元や肩口を大胆に縁取り、華やかな雰囲気を倍増させた。イヤリングにもパールを投入し、トータルコーディネートはバッチリだ。上半身がゴージャスになっているぶん、ボトムはシューズも含め装飾を加えずバランスよくまとめていた。

のん

『第33回東京国際映画祭』で、映画『私をくいとめて』の舞台挨拶に登壇したのん。本作で、橋本愛と連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)以来7年ぶりの共演を果たした。(11月5日)

→パールのパンプスをアクセントにした羽田美智子はコチラ

上白石萌音 クラシカルなロングワンピがお上品

上白石萌音

青のロングワンピースを着こなした上白石萌音。

上白石萌音

レースやフリルがたっぷりあしらわれているが、「ダークブルー×黒」の配色だから甘くなりすぎない。また、レースのパターンやプリーツがクラシカルな雰囲気を引き出し、甘さよりも上品さが際立っていた。そんなファッションに合わせてか、ゆるく巻いた下ろし髪にしておしとやかに。

上白石萌音

上白石は、今年笑顔が輝いていた著名人に贈られる「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020」の受賞に出席。溝端淳平とともに表彰された。

→ミッフィーカラーで彩った上白石萌音はコチラ

→女優やモデルの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/矢口和也、平野哲郎

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事