北村匠海、浅香航大、NAOTO、勝地涼のシンプルかつ大胆な色使い【ファッションチェック】

色を足しすぎずスッキリ決めるのが、大人なメンズコーデの基本。そこで、芸能界のイケメンたちによる、シンプルなカラーリングのコーデをチェック! ワンカラーやワントーンでまとめたスタイリングを見ていこう。

浅香航大 アクセントを加えない潔いコーデ

浅香航大

浅香航大は、黒のワンカラーコーデ。

浅香航大

細身のツーピースをサラリと着こなし、キリリとした印象だ。インナーには同色の丸襟カットソーを合わせ、寂しくなった首元にはスカーフを巻いた。ポケットチーフでアクセントカラーも加えない、潔いコーディネートだ。足元はストレートチップシューズでこちらもシンプルに。

浅香航大

『第33回東京国際映画祭』の正式出品作品として上映された映画『滑走路』に出演する浅香。上映後に登壇し、「気楽に楽しんで欲しい作品」と挨拶した。(11月3日)

→黒一色でクールにまとめた吉沢亮はコチラ

NAOTO 柄シャツでユニセックスな雰囲気も

NAOTO

NAOTOも、黒一色でパキッと。

NAOTO

タキシードの定番・ショールカラーのジャケットに合わせたのは、黒地に白の柄が描かれたシャツ。ボウタイをゆるく締め、ほどよく着崩した。ブラウスのような風合いで、ユニセックスなところもポイントだ。ボトムはテーパードパンツをチョイス。全体的にスリムなシルエットに。

NAOTO

『東京国際映画祭』の特別招待作品『フード・ラック!食運』に出演するNAOTO。レッドカーペットイベントに共演者の土屋太鳳らと出席し同作にまつわるトークを繰り広げた。(10月31日)

→タキシード風のスーツを着た鈴木拡樹はコチラ

勝地涼 「ブラウン×グリーン」のワントーンコーデ

勝地涼

勝地涼は、同じトーンのブラウンとグリーンを組み合わせた。

勝地涼

いわゆるワントーンコーデで、ネクタイとチーフを同色でまとめ統一感を出すこだわりよう。また、タイをあえてワイドタイにすることで、グリーンのインパクトを倍増させている。スーツは中に合わせたジレを含むスリーピース。シャツとシューズを黒にして、主役の二色を引き立てた。

勝地涼

『東京国際映画祭』のオープニング作品『アンダードッグ』に出演する勝地。舞台挨拶に出席し、「長い付き合い」という共演者・森山未來と撮影秘話を語り合った。(11月2日)

→グリーンのツーピースが爽やかな杉野遥亮はコチラ

北村匠海 ワンカラーだからインパクト大!

北村匠海

赤系のワンカラーコーデを見せた北村匠海。

北村匠海

ダブルジャケットを着ることが多い北村だが、ここまでオーバーサイズのアイテムは珍しい。赤のワンカラーということもあり、抜群のインパクトを放った。しかも、スラックスはワイドパンツ風のシルエットで一昔前の雰囲気。シンプルながら目を引くコーディネートになっていた。

北村匠海

コメディ映画『とんかつDJアゲ太郎』(公開中)の初日舞台挨拶に登壇した北村。本作で映画単独初主演を飾った。(10月30日)

→ベージュのダブルで決めた北村匠海はコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/矢口和也、平野哲郎

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事