考え方を知れば超簡単!洋服を減らす方法|今シーズン着てないなら手放してOK

「やせれば着られるかも…」「高かったからなぁ…」「また流行が巡ってきたら…」、そんな“服の呪い”から解放されれば、クローゼットやたんすがスッキリ!

積もり積もった化石のような衣類が占領していても、整理・収納ベタ超克服術を覚えれば大丈夫。衣替え時期の今こそ、使い勝手の良い収納スペースに変えましょう。

手放せない理由と向き合い納得して手放すことが大切

「人は失うことを恐れ、物を捨てたくない生き物。そして、すき間があるとつい詰め込みたくなる傾向があるんです」と、整理収納アドバイザーの水谷妙子さん。

 

着古したワンピース

お気に入りの服はなかなか手放せないもの。着ないものがクローゼットに山積みにされていませんか?

買うときは気軽に買うのに、なかなか捨てられず、溜まる一方の服。捨てることは“もったいない”と感じる人は多いよう。

「衣類を溜め込むと、収納の使い勝手が悪くなるだけでなく、風通しが悪くなり、服にもよくありません。“捨てる”ではなく、まずは“手放す”と考えて服や物と向き合って。その作業は少し心の痛みを伴いますが、終わった後は整理収納がグンとラクになり、服の買い方も変わりますよ!」

整理&収納の悩みを解決するQ&A

Q. 義母や友人からのプレゼントなんだか悪くて手放せません

似合うといわれて困惑する女性のイラスト

A. ありがたく「気持ちだけ」心に保存

「好みではないいただき物は、断る勇気も必要! どうしても断れない場合は、いったんはいただいて気持ちだけ受け取り、自分の判断で手放してOK。罪悪感は必要ありません」(水谷さん・以下同)

Q. お気に入りの洋服だから、くたびれていても捨てられない

A. 「定番」の見直しで新しい服をお迎え

着古したものと新しいボトムスの比較
「着る回数が多いのはその服が“心地よい”から。『定番』服の不具合が出てきたら同様の新しい服と差し替え。むやみに服が増えませんよ」

Q. また流行がくると思うからそれまで大切にとっておきたい

A. 完全に同じ流行はやってきません!

服を手に昔を懐かしむ女性
「若い頃の服を残したままにしている人も多いのでは? でも次の流行のときには時代に合ったデザインになっているはず。思い出の服ならば写真に撮ったあと手放すか、“思い出BOX”で保管を」

Q. “不要でも捨てることができない”はどうしたらいい?

A. 誰かに“活用してもらう”意識で手放して

リサイクルに出しているイラスト
「捨てることに罪悪感があるなら、リサイクルの資源ごみや古着店、フリマアプリに出して手放し、誰かに役立ててもらうのも手。費用がかかりますが、古着で開発途上国の子どもたちにポリオワクチンを送ることも」

Q. 年齢や体型の変化で着られない服。でもまたいつか着たい…

A. いつか着ようは×年齢と体に服を合わせて

ひざ上丈のスカート

10年前はまだ大丈夫たったけど、40代後半でヒザ見せはイタイかも…

「気に入っている服でも、体重の増減や年齢を重ねることで着られない、似合わない服が出てくるのは当然。無理してその服を着ても落ち着かないはず。今の自分に合った服のみに厳選を」

収納力が上がる“チェックリスト”

洋服の整理をはじめる前にチェックを。たんす奥のその服「手放す?」「手放さない?」。一度も着ていない服は手放して!

□ 今シーズン着た?
□ また来年も着たい?
□ 今の自分に似合っている?
□ お手入れはラクだった?
□ リメイクしてでも持っていたい?
□ それ、棺桶まで持っていきたい?

リストにチェックが入らなかったものは、思い切ってサヨナラしましょ!

これならできる!水谷さん流“物の減らし方”

会社員時代、毎日着る服を考えるのがとても苦痛だったという水谷さん。そこで、仕事用の服のトップスは白シャツと決めることに。

白シャツを着ている水谷さん

トップスの基本は、“白ブラウス”と決めると、迷うこともなくなる

「白シャツの人」と自分をブランディングすることで服を選ぶ時間も短縮できて、気持ちもラクになったそう。「なんとなく持っていた服」は手放し、服の役割を明確にすることでムダがなくなったといいます。「服を買うときも、何か基準があると選びやすいですよ」。

同じ白シャツでも、「仕事で使う正統派シャツ」、「甘めの雰囲気」、「ちょっと男性的でかっこよく」などイメージを決めて使い分けているそう。

さまざまな色のボトムス

「トップスが白と決まっているので、ボトムスは気分で色や形を選ぶだけ。朝のコーディネートがとってもラクになりました」

3色のレギンス

「レギンスはブラック、ダークグレー、グレーの3色と決めています。まんべんなく履きこなし、季節ごとに買い換えます」

3つのストール

ストールは印象の違うものを2~3種類持つようにしてコーディネート。新しいものをお迎えするときはじっくりと考えてから。

教えてくれたのは:整理収納アドバイザー・水谷妙子さん

整理収納アドバイザー・水谷妙子さんの顔写真

無印良品で生活雑貨の商品企画やデザインを13年間務めたのち、転身。著書、監修書に『すみっコぐらしのおかたづけ』(小学館)など。

撮影/深澤慎平、菅井淳子 イラスト/とげとげ。

※女性セブン2020年11月5・12日号

●冬物衣類の収納術|アウターのケア法、ニット等のたたみ方&しまい方
●1日5分!簡単衣替え7つのコツ|衣類を”見える化”する収納でラクラク
●冬物の収納ルール5|衣装ケースにラベル、ハンガーで「見える化」等
●コロナ禍で「服を長く着たい」派が増加!服を長持ちさせるための保管法6つのNG
●冬物衣類のスマート整理術|「捨てる服」の見極めポイントは?

関連記事