更年期の最新治療法|ホルモン充填療法などの副作用やリスク、おすすめ漢方、サプリは?

つらい更年期。人によって症状もまちまちで、見た目では判断されにくいので、不調を抱えていても周囲になかなか理解されづらくて悩んでいる人も多い。いまや更年期に対する治療法は確立されてはいるものの、治療薬は副作用や発がんリスクなどがあると誤解されて活用されていないケースが多い。そこで、エビデンスのある3つの治療法を婦人科医に教えてもらった。

ホルモン充填療法の発がんリスクは?

更年期障害の主な治療法としては、ホルモン補充療法、プラセンタ療法、漢方薬がある。このうち、ホルモン補充療法は、減少した女性ホルモンを補う治療法を指す。

更年期に悩む女性が医師に診察してもらっている

写真/ゲッティイメージズ

そもそも、なぜ女性ホルモンが減ると不調が起きるのか。それは、女性ホルモンが急激に減ることで脳がパニックを起こし、もっと分泌するように指令を出すからだ。

しかし、女性ホルモンが分泌できなくなっている体はこの指令に応えられず、自律神経が乱れて、さまざまな不快な症状を引き起こす。そのため、不足した女性ホルモンを補えば、不調も改善されるというわけだ。

◆ほてりや多汗、めまいやイライラに効果が

成城松村クリニック院長の松村圭子さんがホルモン充填療法について解説する。

「乳がんのリスクが高まるのではと心配する人もいます。しかし、ホルモン補充療法による発がんリスクは、肥満や飲酒による発がんリスクと同程度か、それより低いことが最近の研究で明らかになっています。ホルモン補充療法は、ほてりや多汗、めまいやイライラなどに対し、多くの人が効果を実感していますから、定期検診をしていれば、過度に恐れる必要はありません」(松村さん・以下同)

副作用が少ないプラセンタ療法

ただし、ホルモン補充療法には、不正出血や乳房の張り・痛み、下腹部の張りなどといった副作用もある。これに対して副作用が少ないのが、プラセンタ療法だ。

「プラセンタは、母親と赤ちゃんをつなぐ胎盤から抽出した成分で、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をはじめ、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。これを体内に取り入れることで細胞が活性化され、血行もよくなるので、更年期症状の軽減にもつながります」

◆保険適用になる場合も

病院でのプラセンタ治療は注射で行われ、人の胎盤から抽出されたプラセンタが使われている。これは体への親和性が高いからだ。更年期障害の治療の場合は、保険が適用される。

漢方薬ならその人に応じた治療ができる

プラセンタ同様、副作用が少なく、不定愁訴の治療に古くから活用されてきた漢方薬もおすすめだ。のみにくいと思われているが、症状や体質に合った漢方薬は比較的のみやすいという。更年期障害に効果があるのは、主に次の5種類だが、必ず医師に相談して処方してもらおう。

漢方の材料がならんでいる

写真/ゲッティイメージズ

●当帰芍薬散

体力がない人の、めまいやむくみ、肩こりや頭痛、動悸に。

●桃核承気湯

体力はあるが、血行不良による便秘や頭痛、肩こり、不眠がある人に。

●桂枝茯苓丸

がっちりとした体形の人の、冷え、のぼせ、頭痛、肩こりに。

●加味逍遙散

自律神経を調整し、血行を促進するので、冷えやのぼせに。

●抑肝散

神経が高ぶって眠れない、興奮や緊張を和らげたい場合に。

「ホルモン補充療法と併用できるのも、漢方薬の利点といえます」

自分に合った治療法を医師と相談して活用してほしい。

更年期に有効なエクオールは女性に不可欠な成分

更年期障害を緩和するには大豆がいいとされてきた。これは、大豆に含まれるイソフラボンが腸内細菌・エクオール産生菌と結び付くとエクオールに変わるからだ。エクオールとは、女性ホルモンの1つエストロゲンに近い成分だ。

◆日本人の半数はエクオールが腸内にない

しかし、日本人女性の約半数は、エクオール産生菌が腸内にいないため、大豆を食べてもその恩恵は受けられない。しかし、最近ではエクオールが補充できるサプリメントがある。体内でエクオールを作れる人も、1日に必要な10mgを作るとなると、納豆1パック(50g)程度の大豆を毎日食べる必要があるので、サプリメントで摂るのもおすすめ。

ちなみに、エクオール産生菌がいるかいないかは、病院や市販のキット(5000円前後)で検査可能だ。

編集部おすすめ!エクオールのサプリメント

◆腸内環境も改善

エクオール+ラクトビオン酸のパッケージ

更年期の味方・エクオールに加え、腸内環境を整えるオリゴ糖・ラクトビオン酸を配合。浜松町ハマサイトクリニック産婦人科専門医の吉形玲美さん監修。3カプセルで10mg分。「エクオール+ラクトビオン酸」90粒6480円(税込)/アドバンスト・メディカル・ケア

◆大豆由来のエクオール含有食品

エクエルのパッケージ

大豆を独自の乳酸菌で発酵させており、合成・抽出・濃縮を行っていない。4粒でエクオール10mg分。「エクエル」112粒4320円(税込)/大塚製薬

◆1日1粒、粒が小さくてのみやすい

発酵大豆イソフラボン エクオールのパッケージ

エクオールをはじめ、女性の健康に必要なアミノ酸の一種であるGABA、ポリフェノール、抹茶などに含まれるテアニンも配合。「発酵大豆イソフラボン エクオール」30粒2500円/小林製薬

取材・文/上村久留美

※女性セブン2020年11月5、12日号

●【更年期の悩みを解決!】不眠を解消する4つの方法を薬剤師が指南
●【更年期の悩みを解決!】のぼせ、ほてりなどホットフラッシュを解消する漢方など4つの方法とは?
●石田ゆり子、有働アナも悩む更年期障害の新治療法 塗り薬や貼り薬も登場
●遅い更年期障害は重くなる?イライラ、寝込むなどの症状と対策を解説
●更年期の嵐過ぎ去った60代にも様々な問題が、リアルな声

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事