美髪を保つ乾かし方|ドライヤーは上から下へ、冷風仕上げで艶感がアップ

髪の毛は一度傷むと自力で再生することができないため、日頃の手入れでいかにダメージを与えないかが肝心。今回は、キューティクルを壊さない髪の乾かし方を紹介します。

ドライヤーで髪を乾かす女性

髪の毛の適切な乾かし方、知っていますか?(写真/アフロ)

シャンプー後は手早く乾かす!

髪を濡れた状態で放置すると、水分や油分が蒸発してパサパサに乾燥し、傷んだ髪になってしまう。

「シャンプー後はタオルドライをしっかりと行い、水が滴らない程度まで乾かします。ドライヤーは熱で髪を傷めてしまうため、できるだけ短く済ませましょう」と毛髪診断士の齊藤あきさん。

湿気が多い洗面所以外の場所で乾かせば、時短につながるとも。

「ドライヤーの風を上から下へあてるとキューティクルが閉じるため、艶が出てまとまりやすくなります」(齊藤さん)

◆髪の長さ別のドライヤー時間は?

ドライヤーをかける時間は、ショートヘア3分、ミディアムヘア5分、ロングヘアは10分以内にすると傷みを最小限に抑えられる。

いまさら聞けない「正しい髪の乾かし方」を、齊藤さんが教えてくれた。

タオルドライのやり方

頭皮の水分を軽く取り、毛先はタオルでやさしく挟むのがポイント。

【1】根元

タオルを頭頂部に乗せ、髪の毛を拭く女性のイラスト

タオルで水気を取る

体を拭いたタオルとは別のフェイスタオルを頭頂部に被せ、手のひら全体で押さえるように水気を取る。

【2】頭皮

タオルを乗せた頭頂部を指でポンポンとタッピングする女性のイラスト

指で叩くようにして水分を取る

頭頂部を指でポンポンとタッピングし、頭皮の水分を取る。ショートヘアはここまでで充分。

【3】毛先

タオルで髪の毛先を挟む女性のイラスト

毛先はタオルで挟むように

髪が長い場合は、タオルを乾いた面に裏返して髪の毛を挟み、水気を取る。髪の毛同士をこすり合わせると摩擦で傷むため注意。

【4】オイルケア

髪の毛にオイルをつける女性のイラスト

ドライヤーの前にオイルを

ダメージが気になる場合は、ドライヤーの前に髪を保護するオイルをつけるとよい。耳下から毛先にかけて、内側からつけると自然に仕上がる。

【5】ブラッシング

髪をブラッシングする女性のイラスト

ドライヤーの前に髪の毛をとかしておく

この段階で髪の毛をとかしておくと、ドライヤーをかけた際の傷みを軽減できてまとまりもよくなる。ブラシは、目の粗いコームタイプなら髪への負担が少なくおすすめ。

ドライヤーのやり方

【1】根元

髪を持ち上げてドライヤーで根元を乾かす女性のイラスト

根本から乾かす

風が広範囲に届くようドライヤーのノズルを外し、髪を持ち上げて根元を乾かす。やけどを防ぐため、ドライヤーは髪の毛から15㎝ほど離し、左右に振りながらかけること。

【2】全体

頭の上から下に向かってドライヤーをあてる女性のイラスト

下に向かって温風をあてる

その後、髪の毛全体を乾かす。濡れて開いたキューティクルの鱗部分(下)が閉じるよう、上から下に向かって温風をあてる。

キューティクルの鱗部分のイラスト

【3】仕上げ

ドライヤーをあてる女性のイラスト

仕上げに冷風を

9割ほど乾いたら、冷風をあててキューティクルを引き締めると艶が出て手触りもよくなる。【2】と同様、上から下に向かってあてる。

★ポイント★

髪の毛を持ち上げドライヤーをあてる女性のイラスト

ボリュームを出したいときは毛の流れと逆方向に乾かす

パックリと割れてしまうつむじなどは、乾かし方ひとつでボリュームを出すことが可能。毛の流れと反対の向きに乾かした後、もとの向きに戻して少しドライヤーの風をあてるとふんわり仕上がる。朝のセット時も、スプレーで髪の毛を濡らしてから同様に乾かすとボリュームが復活。

教えてくれた人:齊藤あきさん

日本美髪協会代表、毛髪診断士。5万人以上の髪と肌を改善に導いてきたスペシャリスト。

イラスト/細川夏子

※女性セブン2020年11月5・12日号

●美髪のための正しい洗い方!事前のブラッシングと予洗いで汚れが7割落とせる
●シャンプーを手で泡立ててから洗うのはNG?専門家が教える正しいシャンプーのやり方
●おウチ時間にひと手間!シャンプー前のブラッシングで顔がリフトアップ!?【山本浩未さんのメイクのメ】
●正しいヘアケア術|シャンプーとトリートメントの順番、自宅でできる薄毛対策を伝授!
●ヘアケアの基本はシャンプー!美髪のためにおすすめの時間、フケの原因などを解説!

関連記事