VIO脱毛の基礎&最新情報|痛い?形は?費用は?介護脱毛って?気になるギモンを解決

将来介護される場合に、または温泉やプールなどでも気にすることなく過ごすために、いま、VIO脱毛を受ける中高年が増えている。気になる医療脱毛の基礎知識や最新情報を徹底解説!

サウナで向かい合う女性

写真/ピクスタ

被介護目的での介護脱毛が急増中

近年、中高年の脱毛ニーズが高まっている。中でも注目されているのが、VIOラインと呼ばれるアンダーヘアの脱毛。将来、介護される立場になったときに備えて、デリケートゾーンを清潔に保つほか、介護者への配慮の意味もある。そのため「介護脱毛」「終活脱毛」とも呼ばれる。

介護脱毛を謳い始めたリゼクリニックの医師・大地まさ代さんによれば、「介護脱毛が知られ始めた2017?年頃から中高年の来院者数が増加。今年はコロナ禍で来院を制限した中でも、契約者は前年の1.62倍(リゼクリニックの場合)に」

子から見た介護脱毛の印象をグラフ化

子から見た介護脱毛は比較的好印象。子供は親の介護を手伝う可能性が高いが、その立場から見ても、「悪印象」を持つ人は少なく、「好印象」が上回った

アンダーヘア脱毛を契約した40才以上の女性患者数推移をグラフ化したもの

脱毛は若い女性のものだと思われがちだが、レジーナクリニックの医師・木村真聡さんも「近年、娘さんから評判を聞いて来院する母親世代も増えています」と話す。知っておきたい、イマドキVIO脱毛を紹介します。

アンダーヘアのある「VIOライン」とは?

◆Vライン

ビキニライン部分を図解

ビキニライン。デリケートゾーンの上から脚の付け根あたりまで。

◆Iライン

Iライン部分を図解したもの
陰部(女性器)の両サイド。毛が多いとムレやすくなる。

◆Oライン

Oラインを図解したもの
粘膜を除いた、肛門の周辺を指す。特に自己処理が難しい場所。

※Vラインは、クリニックによって見解が異なることもある。

医療脱毛がおすすめ他、大人のVIO脱毛基礎知識6

脱毛の素朴な疑問から、中高年ならではの注意点まで、押さえておきたいポイントを解説。

【1】医師のもとで施術を行う「医療脱毛」を選ぶべし

プロの手による脱毛は、主にクリニックでの「医療脱毛」と、「エステ脱毛」がある。「エステの光脱毛器は出力が弱く、効果は一時的。医療脱毛は医療用レーザーを使うので、早くて確実です。また、VIOラインはデリケートなので、万一の肌トラブルなどの際も、医療脱毛だと安心です」(大地さん)。

◆医療脱毛←VIOはこちらがおすすめ
・医療用レーザーを使用
・短時間、短期間
・医師のもと、看護師が施術

◆エステティック脱毛
・主に光脱毛器を使用
・脱毛ではなく除毛
・エステティシャンが施術

【2】毛があるデメリットは「ニオイ」や「雑菌」

「VIOラインは他の部位に比べ雑菌が繁殖しやすく、ニオイが発生することも。脱毛して通気性を高めることで、ニオイの軽減が期待できます」(大地さん)。「尿もれやおりものによるニオイも軽減できます」(木村さん)。

【3】年齢を重ねてもアンダーヘアは案外残る

高齢になれば毛の悩みはなくなるのかというと…。「中高年になると女性ホルモンの減少などから、一般的にアンダーヘアは薄くなる傾向にありますが、完全になくなるのはレアケースです」(大地さん)。

【4】機器の進化により難しかった脱毛も可能に!

毛の生えるしくみを図解したイラスト

「医療脱毛で多く使用するのは、毛母細胞や毛乳頭まで届く『熱破壊式』脱毛器。近年、毛の発育に関わるバルジ領域を破壊する『蓄熱式』脱毛器も登場し、従来は難しかった産毛や、スキンカラーが濃いかたの脱毛も可能になりました」(木村さん)。

【5】アンダーヘアが白髪になる前がベスト!

医療脱毛で一般的に広く使われるのが、黒色に反応する医療用レーザー。「これは白い毛には反応しないので、白髪になると脱毛効果は得られません」(大地さん)。迷っているうちに白髪に…とならないように、検討は早めにしたい。

【6】皮膚のアフターケアができるところが安心

「年齢を重ねた肌は、ダメージを受けやすいもの。最小限にリスクを抑えるために、適切な出力でレーザー照射する医療脱毛の選択が得策。万が一、毛穴の炎症などのトラブルがあったときは、医師が対応します」(木村さん)

「毛周期」を図で解説

「毛周期」に合わせて脱毛

毛には、成長期→退行期→休止期を繰り返す「毛周期」がある。毛が生えそろっている成長期に、毛を生み出す毛母細胞にレーザーを照射しないと効果が得られない。そのため、施術は間をあけて数回行う必要がある。

形や費用などVIO脱毛の最新情報6

下準備や痛みはあるのか、費用はどのくらいかかる…など、気になる最新の医療脱毛を解説!

【1】Vラインはデザインを選べる

IとOは無毛にするが、Vラインは毛を残す形が選べる。「温泉などで人目に触れることや白髪残りを気にして、デザインを選択されるかたも」(大地さん)。「中高年には逆三角形やオーバルが人気です」(木村さん)。

◆代表的なデザイン

逆三角形

逆三角形型の処理を図解したもの

もっとも自然なデザインで人気。ショーツに合わせて面積を小さくすることも可能。

・オーバル

オーバル型の処理を図解したもの
楕円形。自然かつ、おしゃれな形。ハイレグの水着や下着を楽しみたい人に向く。

・ハイジーナ

無毛型の処理を図解したもの
無毛。欧米ではスタンダードになっていて、日本でも若い人の間では増えている。

【2】シェーバーで事前に自己処理

「施術時間をしっかり確保するために、事前に電気シェーバー等で脱毛する箇所の自己処理をお願いしています。剃り残しは、スタッフが処理します」(木村さん)。なお、医師は男性でも、一般的に施術は女性看護師が担当する。

【3】痛みはだいぶ緩和されてきている

「レーザーは黒色に反応するため、毛が濃いVIOは痛みが強い傾向が。しかし、機械で冷却しながら行い、痛みを緩和しています。その上で、痛み方は個人差があるので、希望者には麻酔クリームを処方します」(木村さん)。「当院では、リラックスさせて痛みを軽減する効果がある笑気ガス麻酔も取り入れています」(大地さん)。

【4】通う回数は平均5回、費用は約10万円

VIOセットは、リゼクリニックは9万2800円、レジーナクリニックは8万4000円(いずれも5回コース)。おおよそ5回通えばほぼ仕上がるが、クリニックによってオプション等に差があるので、契約前に確認を。

【5】脱毛後に感じるメリットはいろいろ

「おしゃれな下着を身に着けるときや、プールに行く前の自己処理も、年齢とともに視力が落ちて難しくなりますが、脱毛により処理の必要がなくなるので、驚くほど快適になると思います」(大地さん)。中高年の女性の満足度は高いようだ。

◆実際の体験者の感想は?

高齢女性に寄り添う医療スタッフ

写真/ピクスタ

「シモの世話で娘に迷惑かけてしまうかも…という不安や、見られたときの恥ずかしさの不安が減りました」(50代・主婦)

「父の介護を経験し、脱毛のメリットが大きいと考え決意。思いのほか快適。早くしておけばよかった」(60代・主婦)

※利用者コメント・提供/リゼクリニック

教えてくれたのは:

医師・大地まさ代さん

医師・大地まさ代さんの顔写真

医師・大地まさ代さん

リゼクリニックの新宿院院長。ミドル世代がアンダーヘアの脱毛を希望する行動を「介護脱毛」と命名。

医師・木村真聡さん

医師・木村真聡さんの顔写真

医師・木村真聡さん

レジーナクリニック総院長。医療脱毛のほか、美容皮膚治療専門のクリニックを開院するなど、女性美を追求。

イラスト/関 祐子

※女性セブン2020年10月29日号

●VIOゾーンケアに最適!薄型&防水でお風呂でも使えるVIO専用シェーバー
●VIO脱毛とは?ガチ体験でメリットとデメリット、医療脱毛の効果、痛さをリポート
●アンダーヘア(VIO)の形にはどんな種類が?ショーツタイプ別のおすすめを紹介!
●VIOゾーンケアに最適!薄型&防水でお風呂でも使えるVIO専用シェーバー
●VIOゾーン“除毛”は今や常識!?『VIOフェリエ ES-WV60』(パナソニック)の実力は?【美容家電レビュー】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事