63歳オバ記者、92歳母ちゃんが緊急入院!イケメンの救急隊員に見せた表情は…

「ダイエット成功→リバウンド」を繰り返しているオバ記者。今はリバウンドの真っ只中。なので、今回はダイエットから少し離れて、「母ちゃん」についてのお話。

オバ記者の母ちゃん

この連載でたびたび取り上げている92歳の「母ちゃん」が、なんと救急車で搬送され、緊急入院することになったという。いったい何があったのか。

* * *

初めて聞いた母の恋バナ

毎週末、弟の手を借りて92歳の母ちゃんとリモート会話をしていたけど、なんとなく気になってね。茨城の実家へ帰ってみたら、母ちゃんは顔色が悪いだけじゃない。表情を失くしている。「腰と尻っぺたが痛くて、腰が持ち上げられねーんだよ」と、やっと口を開いた。坐骨神経痛が悪化して激痛が走るらしい。

ようやく立ち上がり、尺取り虫みたいに前進してベッドに転がり込んで小一時間、爆睡すると、痛みも和らいだようで、なべ焼きうどんを食べ、昔の恋バナを語りだした。

NHKの朝ドラ、『エール』もいよいよ大詰めで、古山裕一の娘、華が、好きな人の戦死を知らされ号泣していた。目の前で唇を尖らせうどんを食べようとしている母ちゃんは、17歳で終戦を迎えたから、華より3~4才年上かしら。

「戦前にいい人、いなかったの?」と私。

「いだっぺな」と母ちゃん。

「(結婚の)約束してたのげ?」

「してだっぺな」

初めて聞く話だ。

「で、その人はどうしたのよ」

「戦死しちゃったっぺな」

「戦死の知らせを聞いて、泣いた?」と聞いたら「泣ぐがい」と即答だった。

「出征するとき、千人針縫って会いに行ったっけがなあ~」と、こっちは思い入れたっぷりに言う。当時のリアル10代は、戦死が別れではなくて、出征の見送りが別れだったんだよね。

救急隊員にシーツごと持ち上げられ

やってきた救急隊員

そんな話をしているときは、腰の痛みを忘れても、夢想薬には限度がある。朝起きたら坐骨神経痛が悪化してうめいている。「救急車、呼ぶかな」と自分から言うくらいだからよほどのことだ。

到着した若いハンサムな救急隊3人にぐるりと囲まれ、シーツごと持ち上げられた。そしたら母ちゃん、うーれしそうな顔しちゃって、隊員の顔を見てるんだよ。ほんと食えねーバアさんだよ。

今どきだから仕方がないけど、病院の入り口のものものしいこと! 入院の支度一式を持って再び病院に行ったら、ナースステーションでストップ。

「東京のかたはお断り」

体温計測器の前に立つオバ記者

「東京にお住まいの方は、病棟に入るのを遠慮してもらいたいんですよね」だってさ。

交通手段のない田舎の病院に行くのだってひと苦労なのに、門前払い? こんな思いをしている人が全国にどれだけいるのかしら。

しかし今回、母ちゃんを抱き起こしたり、着替えを手伝ってみて胸を突かれたのはその軽さよ。”チビデブ”で、転がったほうが早いと笑っていたのに、手に残る重さはあっけないくらい。

聞けば食事も一日一食とればいいほうだって。

弟はゆで卵3個ダイエットに成功

オバ記者の弟

「入院しちゃえばちゃんと食べっぺよな」

11才年下の公務員の弟は、とんかつを頬ばりながら、楽観的なことをいう。こやつ、最近、私がギブアップしたゆで卵3個ダイエットを始めて1kg痩せたんだとか。

「カロリー制限なしならカツカレーにすっかな」と調子に乗るのは、さすがわが弟だわ。

とんかつ

「50過ぎてカツカレーはねーべ」と止めたものの、最近の私の食生活を振り返れば、揚げ物ばっか。揚げ玉をみそ汁に入れたり、たぬき丼にしたり。

そういえば母ちゃんも天ぷらが大好物だったけど、ここ数年は揚げ物を食べたがらなくなったなぁ…。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。一昨年、7か月で11kgの減量を達成。

●【218】ゆで卵ダイエット撤退し今度はラーメンを食べまくり!
●【217】ゆで卵3個ダイエットに緊急事態!? うな丼、かつ丼…食べる食べる!
●【216】2か月続ける「ゆで卵3個ダイエット」の効果は「微妙…」
●【215】仕えている代議士が副大臣に!野菜マシマシ料理にもつながった出会いを振り返る
●【214】原付バイクで銀座の人気寿司店へ!1時間待ったのに15分で店を出たワケ
●【213】毎朝ゆで卵3個ダイエット継続中!「飽きない?」への答え
●【211】「ゆで卵3個ダイエット」で体に変化!“野菜愛”が強まる!?
●【210】「2か月で6kg減」を宣言!ゆで卵3個ダイエットはうまくいっているのか!?
●【209】2週間で3kg減!実践した「ゆで卵3個ダイエット」とは?
●【208】改心!?痩せるため“野菜マシマシ料理”に目覚める
●【207】ワンプレート料理にハマるも医師から「痩せる気あるの?」
●【206】原付バイクで爆走!埼玉のIKEAにGo To中にトラブル発生!?
●【205】92歳の母ちゃんが倒れた!原付バイクで実家の茨城に向かった
●【204】浅草ウォーキングの後にダウン!復活のきっけかは「爆走」!?
●【203】「片付けとダイエットは同じ」と確信!ウエストシェイプへ固い決意
●【202】“坂道ダイエット”開始!都内のおすすめ坂をリポート
●【201】4か月ぶりに地元・茨城へ──あじさい見学で階段にギブアップ!
●【200】自作マスク「オバノマスク」を渡すためにカレのもとへ!

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ロボタン より:

    しかし似ておられますね。お顔が。そっくりと言われません?
    たぶん性格もでしょうが、92歳、まだしっかりしておられますね。
    老人ホームより自宅が気分がいいのは、分かり切ったことですが、
    坐骨神経痛の悪化は気になりますね。
    行きたくないな、老人ホーム。

    1+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事