63歳オバ記者、ゆで卵3個ダイエットに緊急事態!? うな丼、かつ丼…食べる食べる!

「これならできる!」と毎朝ゆで卵を3個食べるだけというダイエット法を続けていたオバ記者。

オバ記者

3kgはすんなり痩せたが、その後思うように成果が出ず、効果について「微妙…」と漏らしていたが、ついに緊急事態が。いったい何があったのか? 連載216回目となる今回は、ゆで卵ダイエット最終章!?

* * *

卵をゆでる気にならない…

ダメとなったらどうやっても、ダメって、何言ってんの!! グズグズいってないで、ゆで卵3個、お食べ!

と、自分をなだめすかしたり、叱ったりしても、どーしても卵をゆでる気にならない。

8月6日から始めた朝食にゆで卵3個を炭水化物ぬきで食べるダイエット。あと5日で、当初の予定の2か月というときになって、いきなり大ブレーキがかかったの。自分でも何が起きたのか信じられない。

だってゆで卵ダイエットはいいことずくめだったのよ。朝食に何を食べるかを悩む必要がないので、考えることがひとつなくなってラッキー。朝食の準備の手間がかからずラッキー。体重も2週間目から落ちだして、最近ではしばらく会わなかった人から「痩せたねー」と言われるようになり、ますますラッキー。

思い出したソ連で食べた「モーニング」

ゆで卵入りの朝食
なのになぜ? あえていえば黄身のにおいかな~。あれが鼻についてきたんだわ。だしに大量のきざみネギを入れて、殻をむいたゆで卵を細かくつぶして流し込む…って書いているだけで、鼻の奥に黄身のにおいがよみがえってくるんだよ。

いま気づいたんだけど、黄身の味とにおいって、価格が高くなるにつれて強くなっていくのね。そういえば最初の海外旅行で泊まったのがソ連時代のモスクワ。翌朝に出たモーニングセットは、天を仰ぐほどひどかったけれど、ゆで卵が2個ついてきた。その濃厚な味といったらない。最近、買い始めた6個300円超えの卵はあの味に近いんだよ。

あ~あ、ヘンな欲を出さず、10個145円の味の薄い特売の卵を食べておけばよかった、と後悔してももう遅い。2日、3日とゆで卵をパスしているうち、頭に浮かぶ食べものがすっかり変わっちゃった。

うな丼のことが頭から離れなくなった…

うな丼

そのひとつがうな丼。ある日、議員会館の上司、N氏が政策秘書の先輩からうな丼をごちそうになった、という話を聞き、その映像が頭に浮かんで消えなくなった。で、お彼岸に実家に帰ったとき、92歳の母親と食べようと半額になったうなぎをスーパーで買った。ところが夕飯になったら、「うなぎは後でひとりで食べるからいい」と言う。まったく長生きの秘訣ってこれよね。オイシイものはひとりでこっそり食べたいのよ。

気持ちはわからないわけではないし、「ま、老い先短いばあさんだ、好きにしてやろう」と、そのときは引き下がった。ところが引き下がれないのが私の体よ。生涯忘れられない男は、いくら考えても思い浮かばないけど、食べそこなったものは、どんなに振り払っても頭から出ていってくれない。

で、どうにもこうにも体が疲れてたまらなくなったある日、バイト先の議員会館から赤坂見附まで買い物に出た帰り道、体が勝手に『にょろ助 赤坂』に吸い込まれちゃった。で、気づいたときは、3080円のうな丼を注文していたというわけ。そりゃもう、うまいなんてもんじゃなかったわよ。

かつ丼のタレ、ロースの脂身が浮かんできて

カツ丼

ゆで卵ダイエットは、カロリー制限なし。昼夜は何を食べてもいいんだけど、「じゃあ、かつ丼!」という気持ちにならないのが、すごいところね。丼は丼でも、うどんとか、そばが食べたくなる。

そのゆで卵ダイエットを中止した今の私は、野に放たれた女野獣。朝、目が覚めたら、かつ丼の甘辛いタレと、カリッとした衣。ジューシーな豚ロースの脂身が、これでもかというほど頭の中に押し寄せて、どうにも止まらない。気がついたときは、近所の『なか卯』のチケット自販機の前に立っていたわよ。

ちらし寿司は1.5倍に増量!

ちらし寿司
土曜日、原チャにまたがって『築地 本種』へ行くときは、もう迷わなかったね。ちらし寿司を注文するとき、言いも言ったり、「1.5ね」。1.5倍にネタを増量してという意味。大将が「中とろのいいところ、あるよ」と言ってドンとのせてくれたのを、一心不乱に食べる幸せといったら…。

でも、これはおっさんの幸せじゃないか、とも思うのよね。いくらバイトとはいえ、おっさん最後の牙城、国会議事堂周辺を油断してうろうろしているのがいけないのかも。ダイエットはともかく、行動パターンを変えたほうがいいかも。

オバ記者

で、天気のいい朝、原チャにまたがって、東京湾沿いにある城南島海浜公園へ。目的はここにあるキャンプ場で、これからアウトドア・オバになろうとしているわけ。今日はその下見。

さてさて、新しい扉の向こうには何があるか。そう思うだけでわくわくが止まらないのでした。ゆで卵ちゃん、サヨナラ~!

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。一昨年、7か月で11kgの減量を達成。

●【216】2か月続ける「ゆで卵3個ダイエット」の効果は「微妙…」
●【215】仕えている代議士が副大臣に!野菜マシマシ料理にもつながった出会いを振り返る
●【214】原付バイクで銀座の人気寿司店へ!1時間待ったのに15分で店を出たワケ
●【213】毎朝ゆで卵3個ダイエット継続中!「飽きない?」への答え
●【211】「ゆで卵3個ダイエット」で体に変化!“野菜愛”が強まる!?
●【210】「2か月で6kg減」を宣言!ゆで卵3個ダイエットはうまくいっているのか!?
●【209】2週間で3kg減!実践した「ゆで卵3個ダイエット」とは?
●【208】改心!?痩せるため“野菜マシマシ料理”に目覚める
●【207】ワンプレート料理にハマるも医師から「痩せる気あるの?」
●【206】原付バイクで爆走!埼玉のIKEAにGo To中にトラブル発生!?
●【205】92歳の母ちゃんが倒れた!原付バイクで実家の茨城に向かった
●【204】浅草ウォーキングの後にダウン!復活のきっけかは「爆走」!?
●【203】「片付けとダイエットは同じ」と確信!ウエストシェイプへ固い決意
●【202】“坂道ダイエット”開始!都内のおすすめ坂をリポート
●【201】4か月ぶりに地元・茨城へ──あじさい見学で階段にギブアップ!
●【200】自作マスク「オバノマスク」を渡すためにカレのもとへ!

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事