1か月保存できる冷凍野菜の作り方|野菜3種のカット法と活用レシピを紹介!

野菜を小分けで買えないスーパーで買い物をすると、使い切れずに持て余してしまう…。そんなときには、野菜の保存方法を知っておくことで無駄なくおいしく活用できる。

冷凍庫に入った冷凍野菜

写真/Getty Images

料理に時間がかかる、材料を無駄にしてしまう、洗い物が面倒…などなど、料理初心者にありがちな悩みを解決して、継続できる自炊の方法を知ることができるのが、フードスタイリストの川崎利栄さんの著書『包み蒸し8分 ほったらかしのやせごはん』(世界文化社)。

包丁いらず&フライパンだけでラクラク自炊! 包み蒸し8分ほったらかしのやせごはん

同書には、蒸し調理によってヘルシー&時短で作れるレシピがたくさん。さらに、調理以外にも準備、片付けが楽になる時短テクニックも掲載されている。そこで、毎回の調理が手軽になる便利な野菜の冷凍保存についてクローズアップ。応用レシピと併せてチェックを。

→時短テクニック&主食レシピはコチラ
→加工食品の簡単時短レシピ2品はコチラ

セルフ冷凍野菜の作り方

かぼちゃの冷凍野菜

写真/PhotoAC

時間がある休日などに野菜をまとめて冷凍保存しておけば、やってしまいがちなうっかり腐らせてしまうミスもなくなり、調理の手間も激減! 生のまま切って冷凍したら、使うときはパキッと折って、包み蒸しに加えたり、みそ汁の具にしたり、活用方法も幅広い。保存期間は1か月を目安に、なるべく早めに使い切って。

【1】キッチンバサミやピーラーで野菜をカットする。
【2】Mサイズ(約18×19cm)の冷凍用保存袋を用意し、野菜の水気をよく拭き取って入れる。
【3】野菜を平らに広げ、なるべく空気を抜いて口をしっかり閉じる。

おすすめの冷凍野菜

野菜8種の冷凍方法のポイントを掲載している同書から、3つの野菜をピックアップ。

にんじん

にんじんは切って冷蔵すると黒ずむが、冷凍なら鮮やかなオレンジ色をキープ。芯に竹串を刺して固定してからピーラーでスライスすると、手を切らずに簡単に下ごしらえが済む。薄くひらひらした状態なので、包み蒸し以外に野菜炒めやコンソメスープの具材などにも。

キャベツ

通年お手頃価格のキャベツは、自炊に取り入れやすい野菜。3~4cm角にカットして冷凍しておくとキッチンバサミいらずに! 解凍いらずでそのまま加熱調理できるので、疲れている日でもパパッと料理ができる。野菜炒めやスープの具などにも使えて便利。

ピーマン

積極的に食べたい緑黄色野菜の代表だが、4~5個ずつの袋入りが主流。シワシワになる前に、縦5mmの細切りにして冷凍を。「ピーマンと豚ひき肉のおかか和え」(レシピは後述)などが、キッチンバサミなしでスピーディーに完成! 不足しがちな野菜はカット&冷凍保存で補うのが◎。

「ピーマンと豚ひき肉のおかか和え」レシピ

ピーマンと豚ひき肉のおかか和え

写真/『包み蒸し8分 ほったらかしのやせごはん』より

豚の旨みとおかかがマッチ! 冷凍ピーマンを活用して、食卓に副菜をプラス1品してみては?

《材料》(1人分)

ピーマン…2個 豚ひき肉…大さじ5(50g) 砂糖…大さじ1/2 しょうゆ…大さじ1 かつおぶし…1パック(2g)

《作り方》

【1】クッキングシートに豚ひき肉を広げ、ピーマンを縦に5mm幅に切ってのせ、砂糖、しょうゆを加えて包む。
【2】フライパンに包みを入れ、分量外の水1カップ(200ml)を注ぎ、ふたをして中火で8分間加熱する。包みを取り出し、かつおぶしを加えて全体を混ぜ、器に盛る。

教えてくれたのは:川崎利栄さん

かわさき・りえ。フードスタイリスト、フォトスタイリスト。レシピサイトNadiaのNadiaArtistとして、レシピ開発や撮影、スタイリングまで手がけるマルチな活動をしている。2020年、初の著書となる『フライパンで3品同時に作れる魔法のレシピ! 朝8分ほったらかし弁当』を上梓した。クッキングシートを使った画期的な「包み蒸し調理」が話題を呼び、多数のテレビ番組に出演。https://ameblo.jp/foodplanet/

【データ】
世界文化社『包み蒸し8分 ほったらかしのやせごはん』

●話題の「ほったらかしのやせごはん」から包丁いらずの時短調理テク&300kcal台の肉料理レシピを紹介
●加工食品活用で調理ラクラク!包丁いらず、フライパンで8分の時短レシピ2品
●ごはんの我慢は3日に1日!『3ヵ月で−17kg 3日間糖質リセットレシピ』から簡単レシピ紹介
●夏太り&夏バテを解消!【やせおか】レンチンで簡単「塩いり鶏のピーマンあえ」
●保存期間1か月の作りおきレシピ!やせおか最新作【冷凍からのレンチン!やせおか】

関連記事