【美のプロが愛するコンビニ飯】納豆やサバ缶などをアレンジして栄養バランスを上手に調整!

朝晩の気温がぐっと下がり一気に衣替えが進むこの頃。食欲の秋であると同時にスポーツの秋。せっかくの運動の成果を台なしにしないためにも、身近なコンビニフードでスタイルキープを試みよう。

ランチや、遅めの夕食の補助にコンビニを利用するというスタイルアップトレーナーの才原洋子さん。コンビニ食に“ちょい足し”のアレンジを加えて、栄養が偏らないように意識しているという。

「スタジオの近くにあり便利なのとPB商品に力を入れているのでセブン-イレブンをよく利用します。食事は栄養補給だけではなく、忙しい毎日の中のリラックスタイムと捉えています。納豆や豆腐、フルーツ、缶詰など、なるべく加工と添加物が少ないものを選んで、健康のためにも少しでも自分の手を加えて、好みの“ちょい足し”アレンジにすることで、楽しく食事空間を彩るようにしています。

炭水化物だけなど、単品メニューに偏らないようにバランスを考えるようにもしています。また、食品添加物や酸化した油を摂るとすぐに肌荒れが起こる体質のため、できるだけコンビニのレジ横のホットスナックや総菜パン、インスタント麺などは避けるように気をつけています」(才原さん・以下同)

『サンペレグリノ スパークリング ナチュラルミネラルウォーター 500ml』(ネスレウォーターズ)

『サンペレグリノ スパークリング ナチュラルミネラルウォーター 500ml』(ネスレウォーターズ)128円(税抜・編集部調べ)

●世界の美食家から愛されるイタリアの炭酸ミネラルウォーター

イタリアンアルプスの麓に位置するサンペレグリノ・テルメのブレンバーナ渓谷から採水される良質のナチュラルミネラルウォーター。口当たりはまろやかでありながらも、心地よい勢いと余韻が特徴のきめ細かい泡、かすかな塩味が感じられ、バランスのよい酸味が渇きを潤す。

「イタリアで100年以上の歴史を持つ鉱水で天然発泡の炭酸水。柔らかな弱炭酸でとっても飲みやすいです。職業柄、体を動かすので水は1日に約2~3リットルは飲んでいますが、体を構成する水にこだわることで肌の状態や、筋肉の疲労回復が違う気がします。ミネラル分が豊富なので美容や健康維持のためにもおすすめです」

『もち麦もっちり! 梅こんぶおむすび』(セブン-イレブン)

『もち麦もっちり! 梅こんぶおむすび』(セブン-イレブン)115円(税抜)

●美容効果も期待できるもち麦入り

不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維をバランスよく含み、腸内環境の改善に効果的なもち麦は、抗酸化作用のあるポリフェノールも含み、美容のビタミンとも呼ばれるビタミンB2や、クマやくすみ防止に必要な鉄分を含むなど、健康美容効果が期待される食材。そんなもち麦が混ぜ込まれたおにぎりは、美のプロたちの間でも人気。1つ165kcal。たんぱく質は4.3g、食物繊維は4.4g含まれる。

「最近ではその健康維持効果から『第六の栄養素』とも呼ばれる食物繊維。もち麦は、食物繊維やミネラルが豊富でお腹の中をきれいにしてくれたり、糖の吸収を緩やかにしてくれたり美容にもうれしい効果が盛りだくさんです。私はこちらに水と溶き卵、昆布やごまを足すことで栄養バランスを整えて、雑炊としていただくことが好きです。食感も食べごたえもよく、梅のさっぱり感もあって食欲のない時期や夜食にも重宝します」

『7プレミアム 北海道産大豆小粒納豆3P』(セブン-イレブン)

『7プレミアム 北海道産大豆小粒納豆3P』(セブン-イレブン)108円(税抜)

●1日1パックの腸活フード

ふっくらとした食感で甘味のある、北海道産大豆を使った小粒納豆。3パック入りで、1パック(たれ、からし含め)94kcal。たんぱく質は8.1g、糖質は3.1g、食物繊維は3.5g含まれる。

「納豆は常に冷蔵庫に置いておきたいくらい大好きなのですが、こちらの納豆はいつでも手軽に手にはいるうえ、食べごたえもあるので助かっています。納豆は忙しいときでも、手軽に食べられるたんぱく源。職場や自宅で1日1パックは食べます。納豆は発酵食品なので腸内を整えてくれたり、納豆のねばねば成分は血液をサラサラにしたり、血圧を安定させてくれます。ただし、納豆菌は熱に弱いのでサラダに混ぜたり、キムチと和えたり、豆腐にのせたりして、なるベく熱を通さないようにして食べています」

『「冷え知らず」さんの生姜カップとん汁』(永谷園)

『「冷え知らず」さんの生姜カップとん汁』(永谷園)160円(税抜・編集部調べ)

●しょうがたっぷりの冷え対策のとん汁

働く女性のために開発された、しょうがを使ったとん汁。じゃがいも、大根、豚肉、玉ねぎ、しょうが、にんじん、ごぼうなど、根菜メインの具がたっぷりはいっている。しょうがのさわやかな風味が特長。1食76gあたり、80kcal。たんぱく質は4.6g含む。

「日本人になじみのあるみそ汁も毎日飲むようにしています。毎日手作りできればいいのですが、外出先ではこちらを選びます。おすすめのポイントは、しょうが成分で体が温まり、またじゃがいも、大根、豚肉、玉ねぎ、にんじん、ごぼうなど具だくさんなので、食物繊維やアミノ酸などバランスがいい点です。こちらとおにぎりをセットにすれば、満足感のある和食ランチが楽しめます」

『7プレミアム ブルーベリー』(セブン-イレブン)

『7プレミアム ブルーベリー』(セブン-イレブン)188円(税抜)

●アンチエイジングや目の健康維持に

ほどよい香りと酸味が特徴の大粒サイズの冷凍ブルーベリー。1袋130入りで、81kcal。糖質は18.9g、食物繊維は2.6g含まれる。

「こちらは半解凍で食べるのがおすすめです。ヨーグルトに混ぜたりもしますがそのまま食べるのも好きです。おやつに、朝食に、手軽に食べられるところが気に入っています。たっぷりはいっているのに81kcalというヘルシーさ。ブルーベリーのアントシアニンやビタミンEは抗酸化作用、目の健康維持を助けてくれると言われています。おいしく食べて美肌作りや、アンチエイジング効果があるなんてうれしいですね」

『7プレミアム 国産さば水煮 190g』(セブン-イレブン)

『7プレミアム 国産さば水煮 190g』(セブン-イレブン)178円(税抜)

●たんぱく質たっぷりの魚料理がさっと作れる

旬の季節に水揚げされた、脂がのって身が引き締まった国産さばを使用。花藻塩を使って素材の味を引き立て仕上げた水煮缶。パスタやみそ汁など、料理の具材に重宝。1缶190g入りで、431kcal。たんぱく質は26.2g、糖質は0.2g含まれる。

「さば缶はひとり暮らしにとっては特に貴重なたんぱく源です。そのまま食べてもおいしいのですが、私はこちらに大根などの野菜などを加えて温め、調味料を少し足し、”即席さっと煮”にしたりします。たんぱく質もたっぷり摂れ、味付けも塩オンリーというシンプルなものなので、アレンジがしやすく、ひとり暮らしでは調理のハードルが高めの魚料理もお手軽になるので、魚を食べたいときに重宝しています」

スタイルアップトレーナー:才原洋子さん

女性のためのスタイルアップトレーナー。株式会社YOHKO代表。Studio-SOU赤坂店・オンラインピラティスBMP主催。その他、BESJpilatesマスター、バーオソルオフィシャルトレーナー、栄養コンシェルジュ、セッションの予約は数か月待ちが続くほど人気を集めている。
ホームページhttp://yohko-inc.com/
オフィシャルブログ https://ameblo.jp/sou-akasaka/
インスタグラム https://www.instagram.com/yoko_saihara/

撮影・取材・文/竹腰奈生

●【美のプロが愛するコンビニ飯】薬膳視点で高評価のセブン-イレブンのサラダやスープなど5品
●【美のプロが愛するコンビニ飯】元モデルのダンサーが選ぶカロリーより無添加重視のおやつや飲み物とは?
●【美のプロが愛するコンビニ飯】美容家が化学調味料不使用優先で選ぶポテチやドリンク6品
●【美のプロが愛するコンビニ飯】SNSで話題の美容家がコンビニ3社を使い分けて買う厳選7品
●【美のプロが愛するコンビニ飯】「健康と環境」を意識して選んだポテチやアイスなど6品

過去の【美のプロが愛するコンビニ飯】を読みたい方はこちら

関連記事